Feb. Week 1, 2016
★ Rumor Has It...
口止めしたはずの内緒話が広まって...、何故自分が責められることに?


秋山様。
いつも楽しくホームページを拝見しています。 特に一番好きなのがこのコーナーで、いつも秋山様の適切なアドバイスを感心しながら読んできました。 私もいつか悩み事ができたら ご相談をしようと思ってきたのですが、 その日が来てしまいました。 他の方々のご相談に比べたら下らないことかも知れませんが、アドバイスを頂けると嬉しいです。

少し前に私の友達のAさんと話しているうちに、共通のお友達であるBさんのご主人が浮気をしているという話を聞かされました。 しかもその浮気相手は私達の友達のCさんという人で、話を聞いてビックリしてしまいました。 Aさんは、最新のニュースみたいに得意気に話していたのですが、 私には初耳のニュースでした。
そうするうちに ある時、Cさんから連絡があって、Bさんのご主人の相談に乗っているうちに 口説かれたこと、 何回か相談を受けて出掛けただけで、彼とは何でもないけれど、プレゼントを貰ったり、 食事に誘われたりすることなどを説明されて、Aさんから聞いていた話と随分違うので、またまたビックリしました。

その後、友達何人かで食事に出かけた際に Bさんのご主人とCさんの浮気話の話題になってしまい、 その場に居たメンバーがこぞってAさんのストーリーを信じていたので、内緒にして欲しいと口止めしてから、 Cさんから聞いていた浮気の真相を話をしました。 それは、Bさんにとっては良くない話で、ご主人が話していたBさんの悪口がかなり含まれていたのと、ご主人が浮気したのは 夫婦間の折り合いの悪さが原因で、「Cさんみたいな人と結婚していれば良かった」とBさんのご主人が 言っていたことなどが含まれていました。

すると、口止めしたはずなのに、その話が回りまわってBさんの耳に入ってしまい、 ご主人が言った悪口が まるで私が言ったかのようにBさんに批判されて、 まずBさんに絶交されてしまい、その後も私が悪い事をしたかのような扱いを他の友達から受けることになってしまいました。
噂話をしていたのは皆も私も同罪だと思うのですが、 私のことだけが批判されるというのは、納得がいきません。 私は「Aさんの説が必ずしも正しいわけではない」 ということをCさんから聞いて知っていたから、それをそのまま話しただけなのに、 どうして私が悪者になるんでしょうか?

女同士の下らない確執なのかもしれませんが、私にはどう解釈したらわからないので、 秋山様にアドバイスをいただきたいと思いました。 私の何がそんなに悪かったのか、私がどうすれば良かったのかを教えてもらえたら嬉しいです。 よろしくお願いします。
これからも応援していますので、このコーナーをずっと続けてください。

−S−




結論から申し上げると、たとえ人から聞いた話を伝えただけで そのコンテンツがSさんの考えや発言ではなかったとしても、 世の中には言って良い事と悪い事というのがあります。 周囲が ”言うべきではない”と思うこと、”黙っていれば良いのに…”と思いながら聞いているようなことを ペラペラ喋ってしまえば、聞いている側はSさんが ”それを喋っても構わないと判断している” とジャッジして、Sさんが単なるメッセンジャーに過ぎないことを理解していても、Sさんを 批判するのはごくごく一般的なことなのです。
すなわち、周囲からはSさんが 「他人のトラブルを楽しんでいる」、「周囲が知らない誰かの秘密を自分だけが知っている優越感を それを明かすことで味わったり、ひけらかしたりしている」ように見えてしまうのです。

Sさんは、ご相談のメールに「Aさんは、最新のニュースみたいに得意気に話していたのですが、 私には初耳のニュースでした」と書いていらっしゃいましたが、 この文面から 私はSさんが日頃からお友達の噂話を真っ先に入手するタイプという印象を受けました。 同時に、お友達のAさんから Sさんの知らないゴシップを聞かされたことに 何となく不満を感じていらっしゃるようにも受け取れました。
なので もしそれが事実、もしくは当たらずとも遠からずの状況であれば、お友達の集りで SさんがCさんから聞いた ”浮気の真相”めいたストーリーを その場にいた方々に喋ってしまった状況は 目に見えるように分かります。

また「内緒にしておいて欲しい」と口止めしたところで、それを聞いた人が言葉送りのように喋ってしまうのは 防ぐことが出来ないと思う方が賢明です。私の尊敬するベンジャミン・フランクリンも 「3人が秘密を守れるのは、そのうちの2人が死んだ時」と その語録で語っているほどです。
加えて、 もしSさんが 「Cさんはこんな風に言っていた」と聞いた話をあっさり語った場合は、たとえその内容が広まってもCさんの言い分ですが、 Sさんが「内緒にしておいて欲しい」と口止めしてから喋った場合は、Sさんがそのコンテンツを所有物としてコントロールしていることを意味しますので、 Sさんの言い分同様に伝わることになります。 すなわち周囲からは、Sさんが「Cさんの言い分を聞いて、自分の見解で編集したものを発行している」というタブロイド誌同様の行為をしているように 受け取られてしまいます。
したがって、Sさんが喋ったことが Bさんの耳に入った時に、Bさんが Sさんに対して腹を立てても仕方がないのです。
このように 人から聞いた話を直ぐに右から左に喋ってしまうタイプは 広告塔として利用されてしまうケースも多いので、 メールを拝見しただけでは断言は出来ませんが、 Cさんは 自分に不利な噂が流れないように、Sさんから皆に喋ってもらおうと思って ”浮気の真相”を明かしてくれたのかも知れません。
でも前述のように 世の中には言って良い事と悪い事があって、 その判断がつかないと 今回のことに限らず、 ”余計なことを言うおしゃべり”という扱いを陰で受けることになってしまいます。 Sさんがどんなに人間的に素敵で、情に厚い方だったとしても、人間関係に波風を立てるようなことをペラペラ喋ってしまったら、 そんな魅力が台無しどころか、”人間関係に火種を提供する要注意人物”として 周囲に警戒されても不思議ではありません。
人間関係を円満にするようなことは、進んでフィードバックするべきですが、 人の悪口や噂話には加担するべきではないですし、それに喜んで興じる人は信頼には値しません。 Sさんから噂話を聞きたがるけれど、陰でSさんの悪口を言うのがこうした人々なのです。

さらに言えば自分のこと、彼氏もしくは子供のこと、誰かの噂話しかしない人というのは、 話題にするようなコンテンツの無い生活を送っているということなのです。 そんな人とは話していても面白くありませんし、そんな状態では新しい人間関係など開けませんので、 いつも同じ人間に囲まれて くすぶっているだけになりがちです。 したがって人の噂話ばかりしていたら、そういう人間だと判断されても不思議ではないのです。
Sさんには、これを機会に お友達と集った時には、もっと興味深い、皆が楽しくなる話題を提供するように心かけていただきたいと思いますし、 そういう楽しい時間がシェアできるのが本当の友達だということを、今一度考え直していただけたらと思います。
最後に、会話は話術に長けているに越したことはないですが、それ以上に話している相手に対する思いやりが大切であることも 忘れずに。

Yoko Akiyama


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください


Will New York 宿泊施設滞在


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping



PAGE TOP