Mar. Week 1, 2016
★ Why My Boyfriend Doesn't Have Any Frinds?
友達の居ないアメリカ人ボーイフレンド、これって普通?


Yoko Akiyamaさま、
こんにちは、初めまして。今、ニューヨークに住んでいます。 8ヶ月交際しているアメリカ人のボーイフレンドが居て、今のところはとても上手く行っていますが、 1つ問題があります。 その問題とは、私は彼を私の友達に紹介したり、友達のホーム・パーティーに連れて行ったりするのですが、 私は彼の友達に一度も会ったことがありません。
それを不満に思った私が、「どうして私にあなたの友達を紹介してくれないの?」と言ったら、 「紹介するような友達なんて居ない」って言われました。 職場の人とは、仕事以外では会わないし、仕事のことしか話さないから友達じゃないし、 唯一友達って言えば学生時代からの友達だけれど、皆今はアメリカの別の街に住んでいて、 2年前くらいにホームタウンのハイスクール・リユニオン(高校同窓会)で会ったきり。 大学の友達で仲が良くない人なら、同じニューヨークに住んでいるのは知っているけれど、 ガールフレンドを会わせるような仲じゃないそうです。

よく考えてみると、彼は私とデートを始めるまで全然外食や映画を観に行くようなことをしていたとは思えなくて、 それについては 私が久しぶりにできた彼女だからと説明されて納得していたのですが、 友達が居なかったからだと思い始めました。 彼は、仕事が忙しくて 朝から晩まで働いているので、友達が居ても会っている時間なんてないような気がするし、 私が久しぶりにできた彼女だっていうのも、私がフリーランスで時間がフレキシブルなので、 比較的 彼に会う時間が作り易いせいもあります。 でもその私とでさえ会う時間を調整するのが難しいことが多くて、彼の家はブルックリンで遠いし、会うのに不便なので 私のアパートで一緒に住む話が出始めています。

一緒に住むとなった途端に、友達に「相手のことをよく知ってから住んだ方が良い」と言われたのですが、 既に8ヶ月付き合ってきて性格とかはわかっているつもりです。 でも時々、日本人だから分からないだろうと思って、ウソの経歴をでっち上げていた外人のボーイフレンドの話などを聞いたりするので、 私もウソをつかれていないか心配になることがあります。 彼は私の友達に会っているのに、私は彼の周りの人を誰も知らないっていうのは、おかしいかもと思い始めていますが、 彼は「知り合いはいるけれど、彼女を紹介するような友達が居ないだけで、そんなのは珍しいことじゃない」ってあっさり言って、 それ以上話したがらないんですが、本当にそうなんでしょうか?

私の友達に紹介したり、友達のパーティーにつれて行ったりした時には、彼は良く喋って社交的に見えます。 とても友達が居ない人とは思えない感じです。 友達には、「あまり人を信用しないタイプで、フレンドリーにおしゃべりをしても、友達とは見なさないのでは?」 と言われましたが、このまま一緒に住むかもしれないので、ちょっと不安になりつつあります。
私はアメリカ生活が短いので、そういうところは良く分からないのですが、彼の言うことは本当なんでしょうか? それとも彼がちょっと変人なんでしょうか? 何かアドバイスしてもらたら、とっても助かります。 よろしくお願いします。

−N−




私の知り合いの日本人女性にも 友達が居ないアメリカ人男性とお付き合いをしている人が過去に何人か居ましたが、 数年前に そんなカップルの交際と相手の社会性について 私の友達の間で話題になったことがありました。
その場に居たイタリア人の女友達は、「移民としてこの国で交際相手を見つける場合、 自分がアメリカ社会に溶け込むためにも、相手のコネクションがとても大切」という考えの持ち主で、 「付き合うのならば NYにしっかりルーツがある イタリア系アメリカ人が一番理想的」と言っていました。
そして日本人の女友達が コネクションも無く、友達も殆ど居ないアメリカ人男性と交際していたケースについては、 「日本人は同じアジア人の移民でも、コリアンやチャイニーズと違って、家族でアメリカに来ているケースが殆どなくて、 自分がこの国に身寄りや友達が居ない状態で来ているから、 交際相手が 同じような状況でも さほど気にならないのだろう」という分析をアメリカ人の友達がしていたのをよく覚えています。

私はその時の友達の分析にも一理あると思うのですが、日本はやはり島国で、国境を隔てて直ぐ隣に外国がある訳ではないので、 「違う国には 違う国の文化がある」と思い込んでしまう部分もあるように思っています。 すなわち、「アメリカではそれが普通」と言われたら、 それを鵜呑みにして「そうなんだ」と思ってしまう傾向が 他の国の人々より強いので、 交際相手に疑問を感じたり、自分が望む条件を深く追求しない傾向があるように感じました。
もちろん そんなセオリーを鵜呑みにするのは、アメリカに来て日が浅い段階だけで、アメリカに長く暮せば、暮らすほど、 人間は世界中何処でも同じような価値観、道徳観、人生観であるということが分かってくるものです。 そうでなければ、ハリウッド映画が世界中の人々にアピールするプロダクトになることなど有り得ませんので、 日本で悪いことは、アメリカでも悪いことですし、日本人から見て普通でないことは、 アメリカ人から見ても普通ではないのです。

したがって 日本人でもアメリカ人でも、大人の男性に 自分の彼女と一緒に食事をするような友達が居ないということは、 結婚式に招待するような友達が居ないということを意味するので、それはかなりの世捨て人のように思われます。 確かに男性というのは、女性ほどは簡単に友達ができないものですし、 ここニューヨークでは 職場の仲間が競争相手であるケースは多いので、”信頼できる友達が少ない”というのは ありがちなシナリオです。
ですが そのニューヨークでも 社交は仕事のうちですし、コネクションは財産ですので、 ボーイフレンドのお仕事が何であれ、交友関係が全く無いのでしたら、それは社会人としてきちんと機能していないと判断されても仕方ありません。

でも、Nさんのメールを読んでいて少々引っかかったのは、彼には「知り合いはいるけれど、彼女を紹介するような友達が居ないだけ」という部分です。 それはNさんに紹介しないだけで、彼がNさんを連れずに会いに行く友達は居るということでしょうか? Nさんが仕事で忙しいと思い込んでいる時間に、そうした友達に会っていることもあるのでしょうか?
またNさんにしても「既に8ヶ月付き合ってきて性格とかはわかっているつもりです」と書かれた すぐ後に、 「私もウソをつかれていないか心配になることがあります」というセンテンスがあったので、 やはり8ヶ月付き合ったとしても、ボーイフレンドに関しては 本人が自己申告したことを鵜呑みにするしかなくて、 誰の証言にも裏づけされていないことに不安を感じていらっしゃる様子をお察しいたしました。
またその8ヶ月間の交際にしても「会う時間を調整するのが難しいことが多くて」と書いていらしたので、 非常に密な8ヶ月の交際という訳ではないようにお見受けした次第です。

私は 人間性というのは どんな人と友達として付き合っているかに とてもよく現れると考えているタイプなので、 1人も友達に会わずに、ボーイフレンドと一緒に暮らし始めるというのは かなりのリスクがあると思います。 彼に本当に友達が居ないというのだとしたら、彼は友情というものに時間も労力もインベストしていないということになるので、 そんな人に期待できる愛情は知れているように思います。 もし彼が友達はいるけれど、Nさんには紹介したくなくて そう言い訳しているのであれば、 それはそれで相手が 何を考えているのか分からないだけに問題です。

また一緒に暮らすことについても、「相手がレントや生活費を払わない」、「一緒に住む前はデートの度に外食をしていたのに、 相手が転がり込んできてからは、全く外食をしなくなって、自分が料理を作るだけになった」 というような 男性側の経済面をサポートするだけの共同生活になってしまう場合がありますので、相手をよく知らない場合は そういう問題にも備える必要があります。
そもそも「デートのアレンジが難しいから一緒に暮らす」というのが理由の場合、 一緒に住めば 家に帰ると相手が居るという状況になりますので、 Nさんがボーイフレンドの食事などの面倒を見るだけの関係になっても不思議ではありません。
アメリカ人男性がアパートに転がり込んできた日本人女性の私が知るケースでは、 彼女がレントも生活費も払わない男性を頭に来て追い出そうとするたびに、彼がバラの花束やチョコレートを持って現れたり、 1週間家出をして、女性側が寂しくなった頃を見計らって戻ってきたりして、 結局、彼女はヴァレンタインや、誕生日、クリスマスの度に彼に高額なプレゼントをして、 バケーション代も払っていましたが、男性が払った家賃は1年のうちのたった1ヶ月分だけだったというものがありました。

いずれにしても 別の家に住んで、デートだけしているのであれば 相手の友達を誰1人知らなくても、 大勢に影響はありませんが、一度アパートの鍵を渡すと話は違ってきます。 Nさんと彼の年齢については何もメールに書かれていませんでしたが、 今の状況で彼と一緒に住み始めることは、彼との結婚に向けてのステップではないことは自覚しておく必要があります。 もし相手に結婚の意志があれば、それを前提に一緒に住もうということになるものですが、 Nさんとボーイフレンドの場合は お互いの都合のためのアレンジで、将来的なプランが介在しないアレンジです。
したがって、もしNさんが 彼とではなかったとしても 結婚を前向きに考えている場合は、 ここで彼と一緒に暮らし始めることで、婚期の遅れに繋がる可能性があることも覚悟した方が良いと思います。
結婚して家族を作ろうという男性には 友達や仲間が居るものですし、そんな男性であれば 友達に自分のガールフレンドと会って欲しいと考えるのが普通です。
これらのことを頭において、彼との関係や一緒に暮らすプランを今一度 考え直してみることをお薦めします。

Yoko Akiyama


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください


Will New York 宿泊施設滞在


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping



PAGE TOP