Apr. Week 4, 2016
★ My Messy Roommate Drives Me Crazy!
部屋を汚すルームメイトへの対処法


Yokoさま、
現在、アメリカに留学していますが、Cubeさんのサイトはその前からずっと愛読してきました。 Yokoさんが書くコラムを、このコーナーを含めて毎週とても楽しみにしています。
私も今悩んでいるルームメイトのことでご相談をさせて下さい。

私は、2年前からアメリカに留学していて、ルームメイトと一緒に生活しています。 最初のルームメイトは、英語を生活レベルで学びたかったので、日本通のアメリカ人を選びました。 結局は私が日本語を教える方が多くて、あまり英語の勉強にはなりませんでしたが、 とても良い人で、部屋の中では土足厳禁でお互いにOKでしたし、一緒に日本食をクックしたりして、とても良い関係でした。
そのルームメイトが他の州に引っ越すことになって、私もそのアパート出なければならず、 最初は1人暮しをしたくてストゥディオを探しましたが、見つからないだけでなく、仕事もクレジット・レコードも無い学生なので、 不動産のレンタルが出来ないことに気付きました。
アパート捜しが難航して困っていたところ、ルームメイトを探しているという日本人の女性留学生を紹介されて、 彼女のルームメイトになることにしました。 そのルームメイトも学生なので、仕事とクレジット・レコードが無いのですが、そのアパートを借りるために 親が1年分の家賃を先払いして、 保証人にもなっているそうで、私は3ヶ月ほど前から そこに引っ越して、新しいルームメイトと暮し始めました。

私より5歳ほど若くて、お嬢様育ちという感じで、自分では清潔好きだと言っていたのですが、とんでもありませんでした。
私の方が 朝早くからのクラスが多いのですが、いつも私が朝食を食べる時には、ルームメイトが前の晩使って洗っていない食器や鍋、 ビールやワインを飲んだグラスがキッチンに放置されていて 気分が悪い思いをします。 グラスだけの時は、私が自分の朝食の食器を洗うついでに洗っていまうのですが、肉の脂がついた食器や鍋というと どうしても急いでいる朝に洗う気にはなれず、そのままにして出掛けると、 戻ってきても未だその鍋や食器が放置されています。
着た物も、食卓の椅子の背もたれがハンガーの替わりになっていて、背もたれの上にジャケットやパーカが レイヤーになっています。 食卓で宿題をすることが多い彼女は、机の上にノートや教科書を出しっぱなしで出掛けてしまうことも多くて、 雑誌などだったら、勝手に片付けてしまいますが、教科書となるとそうはいかないので、触らないようにしておいたら どんどん彼女の物がただでさえ狭い共有エリアに出てきています。

もっと酷いのばバスルームで、髪の毛が沢山落ちていて 気持ち悪くなるほどですし、 シャワー・カーテンにシャンプーが飛び散っても拭き取りもしません。 トイレ掃除も全くしません。 バス&トイレは汚いと私が気持ち悪くて使えないので、我慢して掃除していましたが、 ある日頭にきて、「ちゃんとバス&トイレの掃除をして欲しい」と言いました。 以前のアメリカ人ルームメイトとは、当番製にしなくてもお互いに週一ペースで掃除をしていたので全く問題が無かったのですが、 今のルームメイトは2ヶ月くらい前から隔週の当番製にしましたが、本人は掃除をしたと言っても、全然きれいになってなくて、 結局私が掃除を続けています。

以前、私の日本人のクラスメートが、フランス人のルームメイトと暮していた時に、そのルームメイトが不潔で、 掃除を全然しないだけでなく、部屋でタバコやマリファナを吸って、冷蔵庫の食べ物も勝手に食べられると、 こぼしていて 「ルームメイトは日本人の方が…」と言っていたことがあるのですが、私も 自分のルームメイトが日本人なので、そんなに酷いことはないだろうと思っていました。 が、私が甘かったことに気付きました。
友達に話すと、「そんなルームメイトは追い出してしまえ!」と言いますが、 追い出すよりも 出て行くのは私の方なので、少なくとも新しいルームメイトかアパートを見つけるまでは一緒に住まなければなりませんが、 ノイローゼになりそうです。 せめてバス&トイレくらいは掃除をして欲しいのですが、いつも私がやることになって 腹立たしいのですが、 私が掃除をしなかったら、汚くて使えません。

もっと厳しくルームメイトに掃除のことを言いたいのですが、彼女の親が一年分の家賃を前払いして、 保証人になってくれているから借りていられるアパートに ”住ませてもらっている”という気持ちがあるのと、 ルームメイトの方が広いベッドルームを使っているので払ってるレントも高いこともありますし、 家賃はいつも彼女に払っているので、何となくルームメイトでありながら 大家さんみたいな感じになっています。ですから、あまり文句を強く言えない弱みがあります。
掃除をしないのなら、せめてもっと汚さないで欲しいと思うのですが、整理整頓や清潔度っていうのは 性格の一部みたいなものですから、そう簡単に直らないと思います。 ですが私も我慢の限界に来ていて、どうしたら良いか分かりません。 2人分 バスルームの掃除をしなければ…と思うと 本当に気が滅入って、 先日はルームメイトの生理の汚物を捨てた時に吐き気がしました。
何か解決策か、お知恵をアドバイスしていただけないでしょうか? 本当に悩んで、困っています。よろしくお願いします。

- I -




私はニューヨークに来て最初の2週間だけルームメイトと暮したことがありますが、その時は掃除の問題はありませんでしたが、 とにかく性格が合わない相手だったので、そこを出て 1人暮らしを始めた時には 本当に安堵感を味わいましたし、いかにルームメイトがストレスになっていたかを痛感したのを今でもはっきり覚えています。
I さんのようにきれい好きな方が、その正反対の人とルームメイトになってしまった場合にノイローゼ気味になるというのは、 カレッジのフレッシュマン(新入生)がドミトリーのルームメイトを大学側にあてがわれた場合にも 起こりがちです。 とは言ってもカレッジのフレッシュマンは18歳ですので 徐々に慣れるようで、往々にして部屋が汚れている側に 合わせることになってしまうようですが、I さんが「整理整頓や清潔度っていうのは 性格の一部みたいなもの」と書いていらしたとおり、一度汚い部屋に慣れた時期があっても、 次のルームメイトがきれい好きに変わると、またそちらのハイスタンダードに戻るようです。

私もWill New Yorkの宿泊施設に、イタリア人、フランス人、日本人、アメリカ人のテナントが滞在する様子を見て、 清潔度のスタンダードが人によって千差万別である様子を目の当たりにしましたし、 清潔度は国民性よりも性格や育ち方に影響されるものだとも思いました。
加えて物を落としても直ぐに拾わない、何かをこぼしても直ぐに拭かない人、出したものを しまわない人というのは、 当然のことながら部屋がどんどん散らかっていくだけでなく、それを片付けたり、きれいにするための掃除も どんどん大変になっていく、だからやらない、という悪循環も見てきました。

I さんのケースで まずクリアにしておくべきことは、たとえルームメイトの方が多額のレントを払っていて、 デポジットや保証人を自ら用意してアパートをレントしていても、I さんが提示されたレントを支払って滞在している以上は、 I さんにも 同じアパートを借りるテナントとして、そしてルームメイトとして意見する権利があるということです。 I さんがアパートを出たら、住む場所を探すのに困るのと同様、ルームメイト側も I さんがアパートを出てしまったら、 次のルームメイトを探さなければならない訳ですから、お互いにルームメイトの関係を解消すれば不便を強いられる状況には変りはありません。
I さんは、「自分がアパートを捜すより、ルームメイトが別のルームメイトを探す方が簡単」と思っていらっしゃるかもしれませんが、 私には自分の部屋が掃除できない人が、ルームメイトだけはテキパキ探せるとは思えません。 また、ルームメイトが別のルームメイトを直ぐに探せる確率と、I さんが新しいルームメイトを直ぐに探せる確率に 大差があるとも思えません。
ですからI さんがルームメイトに対して 弱味を感じる必要は無いのです。

掃除について言えば、部屋を汚す人の掃除が、清潔好きが満足できるレベルであるケースは極めて珍しいと言わなければなりません。 I さんも 「本人は掃除をしたと言っても、全然きれいになってなくて…」と書いていらっしゃいましたが、 文面から恐らく I さんは ルームメイトが掃除をしていないのに、掃除をしたと言っていると思っていらっしゃるものとお見受けしました。
ですが 過度に汚す人というのは 掃除が下手な人でもあるので、自分では本当に掃除をしたと思っている場合も少なくありません。 要するに たとえルームメイトが掃除をしたところで、I さんが満足するレベルの掃除は期待が出来ないということなのです。

一番 I さんにとって ストレス・フリーなのは、I さんと同じ清潔度を好むルームメイトと暮らすことですが、 それが出来ない場合は、ルームメイトと交渉をして現状を改善するしかありません。 でも相手に掃除の能力が望めないのであれば、残された方策は I さんが1人で掃除をし続けること、そして その掃除代をルームメイトに支払ってもらうことです。 もっと具体的に言えば、I さんが毎月支払っているレントから、掃除代を差し引かせてもらうことです。
もちろん I さんは ルームメイトのベッドルームまで掃除をする必要はありません。 バス・ルームやキッチンといった共有のエリアのの掃除のみですが、 私がクリーニング・レディを雇った経験上では、バスルームとキッチンの掃除代は、リヴィングやベッドルームより高額です。
これをルームメイトと交渉する場合、使った食器の洗いものは掃除の一環とは見なさないようにしておかないと、 メイド・サービスとクリーニングの区別がつかなくなってしまいますので注意が必要です。
それと口約束ではなく、ちゃんと書面で金額と 掃除の内容を明記&確認することも大切です。 掃除代を差し引いて レントを支払うのは I さんですので、掃除をしたのに お金がうやむやになるという心配は無いと思いますが きちんと掃除の内容を明記しておかないと、例えばルームメイトがアパートでパーティーを行って、部屋が度を越えて散らかった場合などに、 同じお金で何倍もの労力を費やすことになります。
ここで大切なのは、I さんがルームメイトの掃除婦になる取り決めをするのではなく、 I さんが 過去3ヶ月続けて来た 共有エリアの掃除をこれからも続ける場合、今のレントではアンフェアだという気持ちをはっきり相手に伝えて、 掃除の労力に匹敵する金額をレントから差し引く 取り決めをすることです。 「それがダメならば、別のルームメイトを探さなければならない」と伝えても良いと思います。

それが上手く行ったとしても、基本的に I さんがルームメイトの分も掃除をしなければならない状況には変りありません。 ですが何かの見返りがあるか無いかでは、同じことをするにも精神的に大きな違いをもたらします。 ルームメイトにも、お金の問題ではなくてフェアネスの問題であることをはっきり伝えるべきです。
もしレントが安くなっても やはり不満がある場合には、新しいルームメイトを探すことになるかと思いますが、 しばらくの間は 掃除に対する金銭的な見返りが得られるということで、ストレスが軽減されるはずです。 その間に I さんにとって最善のプランBを考えてみてください。 Good Luck!

Yoko Akiyama


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping



PAGE TOP