Aug. Week 2, 2013
★ Bad Table Manner!


こんにちは、いつもサイトを楽しく拝見しています。 私にもご相談させてください。
付き合い始めて1ヶ月程度の彼氏が居ます。 最初は気付かなかったのですが、彼はテーブル・マナーが全くなっていません。
ナイフで、お肉やハンバーグを突き刺して、そのまま口に運ぶのはしょっちゅうですし、 噛みながらでも 喋り続けることがあって、時々正面に座って食事をしている私には、 彼の口の中の食べ物が丸見えになることがあって、それが気持悪くて食欲が失せてしまう時もあります。
それに、ナイフやフォークの使い方だけでなく、お箸の使い方も下手なので、 ご飯ものは お茶碗やどんぶりを口につけて駆け込むように食べますし、 食べ終わった後のお茶碗や どんぶりに、お米が沢山こびりついていて、要するに食べ方が全体的に汚いのです。
最初は、ハンバーガーやピザやパスタみたいな簡単な食事しか一緒に食べていなかったので、気が付かなかったのですが、 だんだんと日本食や、フランス料理のレストランに行くようになってきてから テーブル・マナーの悪さが目に付いてきました。
結構高いレストランに連れて行ってくれたときも、「ちゃんとジャケットを着てこなきゃダメよ」と言ったら、 ジャケットは着てきたのですが、店内の冷房が効いていても 途中でジャケットを脱いで、 テーブルに肘をついて、その辺の飲み屋さんに居るみたいに喋ったりします。

そろそろ友達のカップルが彼に会って見たいと言い出しているのですが、彼の食事のマナーの悪さを考えると 一緒に食事をして呆れられるのでは?と思って躊躇してしまいます。
彼の性格自体は悪い人ではなくて、話は面白くて、私が惚れこまれたような形で付き合い始めたのですが、 体育会系で、男兄弟で育っているせいか、全くマナーという概念が無いように思います。
まだ知り合って3ヶ月程度、付き合い始めて1ヶ月なので、どの程度注意したら良いか分かりません。 注意したとしても、直してくれるとは限らないので、話すべきか、それとも あまり深入りしないようにして、別の人との出会いを待った方が良いでしょうか。
最初は私のことが大好きで、今まで付き合ったことが無いタイプのおおらかさに魅かれたのですが、 マナーのことがだんだん引っかかってきています。
アドバイスをいただけると嬉しいです。

−N−






Nさんからのメールを拝見して、思い出したことが2つありました。
1つはもう何年も前に、ブロードウェイの近くのレストランのバー・カウンターで友人とドリンクをしていた時のこと。 ルックスも服装も決して悪くない女性が1人で入ってきて、プレシアターのディナーをオーダーしていました。
プレシアターのディナーといえば、通常はシアターに一緒に出かける友人等と一緒に楽しむものなのですが、 その女性は誰と待ち合わせている訳でもなく、テーブルではなく、1人でバー・カウンターにやって来て ディナーをオーダーしていて、たまたま友達が仕事でディナーに間に合わなくて 1人で食事をする羽目になったというよりも、 常に1人で食事をし慣れているという雰囲気が漂っていました。
そこで 女性をずっと観察していたのですが、女性が料理を食べ始めた途端に、 彼女が1人でディナーをしなければならない理由が分かったような気がしました。 その女性は、4回に1回の割合で、食べ物を噛む度に口を開けるという癖があって、 口を開く瞬間に その中の咀嚼してグチャグチャになった食べ物が、バーで斜め横に座っていた私と友人にさえ 良く見えるのです。 とても「一緒に食事をしたい」と思えるような状況ではありませんでした。
女性は30代後半か40代前半という感じで、誰も注意をしてあげないのか、言われても直す気がないのかは 定かではありませんでしたが、食事の仕方について考えさせられたエピソードでした。

もう1つのは、友人がかつて付き合っていたアメリカ人男性の事です。
20代前半で、外食を殆どしない家庭で育ったこの男性は、ナイフとフォークを子供のように 握り締めながら食事をするので、 友人は、初めてのデーとの時に「何て無教養な食べ方!」と呆れてしまったそうです。 でも、男性は育ちが悪いというよりは、社交経験に乏しいというタイプで、人柄や学歴は良かった上に、 彼女に指摘されて、テーブル・マナーを知らないことが如何に自分を不利にするかを悟ったこともあって、 私の友人がテーブル・マナーを一から教えることになりました。
その男性は 彼女が出会った時点では、日本食や中華料理も一度も食べたことが無かったので、 彼女がお箸の持ち方から ワイングラスの持ち方までもを教えましたし、ナプキンの使い方なども 細かく教えていました。
でも そうやってテーブル・マナーが段々と改善されて来たところで 彼女が気付いたのが、その男性がテーブル・マナーだけでなく、 女性のためにタクシーを拾って、その扉を開けることや、 女性のために荷物を持つこと等、全般的な社交マナーが欠落していることでした。 それを友人が悟ったのは、彼女の友達のボーイフレンドが ごく自然にコートチェックで受取ったコートを彼女に着せてあげたり、 ハイヒールを履いている彼女が階段を降りる時に手を貸したりする様子を見たためで、 マナーを知らない男性と付き合ううちに、自分が如何に女性として 大切にされずに来たかを思い知らされてしまったとのこと。
結局、彼女は彼と別れて、年上で 彼女をきちんと女性として優遇するマナーが備わった男性と付き合い始めました。

Nさんから頂いたメールでは、男性がお幾つくらいの方なのかは分かりませんでしたが、 体育会系、男兄弟に囲まれた育ち方というバックグラウンドを考えると、 恐らくこの男性も社交の経験が乏しいように思いますし、 テーブル・マナーが社交やビジネスに与える影響をあまり深く考えていないように感じられます。
したがってNさんが、注意してあげることで ある程度マナーが改善されることは考えられますが、 男性というのは、大人になってからは 大きな変化があまり望めない存在でもあります。 マナーが備わっている男性というのは、若くしてマナーが備わっていた場合が多く、 そうしたマナーが備わった男性というのは、誰に習ったというよりも周囲のマナーを見て 自然に学んでいるケースが非常に多いように思います。 ですから、Nさんが彼にマナーを教えてあげて 向上するとしても、 それには限度があると考えるのが妥当です。
マナーの良い人々に囲まれて、それを意識して取り入れながら育ってきた人、 後から人に教わって身に付けようという人は、なかなか同じようにはなれないものです。

食事のマナーというのは、食事の好み同様にカップルの関係に大きな影響を与えます。
私はかなり以前に、付き合い始めたばかりのガールフレンドがハンバーガーからピックルスを除けて食べている様子を見た男性が、 「そうやって出てきたものを、いじくって食べるのって 見ていて不愉快なんだ」と、皆の前で批判したのをはっきり覚えていますが、 男性側とて、「物を残す女性が嫌い」、「食べるのに時間が掛りすぎる女性は苦手」など、 食事の仕方に好き嫌いがあるタイプは珍しくありません。
それにこだわりがあればあるほど、カップルとしての関係の障壁になることは間違いありませんので、 Nさんがマナーに非常に拘る場合は、やはりその男性との長いお付き合いは難しいように思います。 テーブル・マナーが備わっていない人にとっては、マナーに従って食事をすると「食べた気がしない」、「食事が苦痛になる」とのことなので、 Nさんが彼のマナーを改善しようと試みた時点から、カップルとしての仲がギクシャクすることになるかもしれません。 また、Nさんも私の友人のように、マナーがしっかり身についた男性を見てしまったら、彼に魅力を感じなくなってしまうということもあり得ます。
ですから、まずはご自身がどの程度、男性のマナーに拘るかをしっかりジャッジして、 改善を望む場合は、少なくとも一度はチャンスを与えてあげるべきだと思います。 でもそれが上手く行かない場合は、意図的に別れを試みるまでもなく、お互いの心が自然に離れていくと思います。
Nさんが、彼のマナーに不満があっても黙っている場合は、彼が自分でそれに気付くことはありませんし、 Nさんだけが彼のマナーを我慢し続けることになると思いますが、 改善を迫った場合は、それによって彼が努力をしてくれるか、それとも「そんな努力までしていられない」 と考えるかで、おのずとカップルとしての2人の関係に答えが出るはずです。


Yoko Akiyama


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください







執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。


PAGE TOP