Sep. Week 3, 2016
★ " Breaking Up is Hard To Do "
年上の既婚女性ときっぱり別れるには…


秋山ようこ様、はじめまして。
このコーナーを3年くらい愛読している男性です。 今、悩んでいる問題があって、このコーナーに何度もメールしようと思ったのですが、あまり褒められた話じゃないのでずっと我慢してたんですが、思い切ってメールしてみることにしました。 よろしくお願いします。

今20代後半ですが、1年ほど前に出会った10歳以上年上で、しかも結婚している女性と半年ちょっと交際しています。
自分にとっては交際ですが、相手にとっては浮気です。でも年齢の割にきれいだと思ったし、年上でお金があるので食事を払ってもらえたり、 しょっちゅうプレゼントをくれたりして経済的に負担もなくて、相手が仕事と家族のことで忙しいので、しょっちゅう会う面倒さが無いのが好都合で、 最初は一度だけかと思った関係が続いてきました。
でも2カ月くらい前に学生時代からの女性の友達とフェイスブックでつながったのをきっかけに、時々会うようになりました。 久々に会った友達は学生時代よりもきれいになっていて、やっぱり年上の女性に比べると…当たり前ですが若々しくて、 音楽の話とか、映画の話とか、学生時代の友達の話とか、年上の相手とできない話題で話が弾んで、その友達と会う方がずっと楽しく感じられるようになってきました。

女友達と自分の間には学生時代からの共通の友達も居るんで、そんな仲間と一緒に出掛けたりもして、未だ交際しているという訳ではないですが、仲がどんどん深まってきていて、 それとは対照的に年上の女性との付き合いが重荷になってきました。 学生時代からの女友達と会うようになってからは、年上の相手と会う頻度が減ってきたのと、年上の相手からもらった連絡に返事をするのがだんだんと億劫になってきて、 相手にも返事に時間が掛かるようになったと指摘されてしまうようになってしまいました。
年上の女性にとって自分は浮気相手ですし、こんな関係は続かないと思っていたので、年上の女性には 「まだ交際している訳じゃないし、この先どうなるか分からないけれど、学生時代の女友達に再開して、時々あっている」と話しました。 年上の女性は、女友達と自分が会うのは構わないし、そろそろ結婚相手になるような女性と真剣な交際をするべきだと言ってくれて、 それ以来、女友達のことをいろいろ訊いてくるようになりました。

本当のことを言うと、あんまり友達のことは年上の女性には話したくないんですが、いろいろ訊かれるんで 渋々答えます。でも時々 友達に対して批判的なことを言うので、何となくヤキモチを焼いてるんじゃないかと思えて仕方ないんです。 それに、女友達と自分が真剣に交際するようになったとしても 年上の彼女との付き合いは続けることを前提としたような話し方をします。 男は子孫を沢山作るようにできているので、何人の女性でも同時に愛せるとか言うんですが、女友達と付き合うことになったら、 年上の女性と二股を掛けるつもりなんてありません。女友達には自分が過去半年くらい年上の女性と付き合っていたことを話してあるので、 自分達が真剣に付き合うためには、まず年上の女性と別れて、彼女一筋になることを立証しなきゃなりません。 でも年上の女性は、結婚生活に退屈していたって話していて、旦那さんとは何年もセックスをしていなかったとか、 旦那さんは着ている服を褒めてくれないとか話していて、 自分と会うようになってからの方が、生き生きしてファッショナブルになったと思ってます。
女友達にもそれを話したら、「じゃあ、そう簡単に別れてくれないんじゃない」と言われてしまったんですが、今のところ彼女の言う通りになってます。

そこで、秋山さんのアドバイスをお願いしたいのは、どうしたら年上の女性と別れることが出来るかです。
最初はできるだけ、相手の気持ちを害さないように、遠回しに女友達のことが好きになっていることを伝えてたんですが、 それでは効果が無くて、「私も結婚しているんだから、あなたも結婚相手を探しても構わない」みたいに言われだけでしたし、 年上の女性は自分よりもずっと人生経験があって、大人だから自分では養ったり、リードすることが出来ないと言った時も、 「そのために私に旦那が居て、旦那だけじゃ退屈だから あなたがいるんじゃない」とか言われて、自分がそもそも添え物みたいな存在なんで、 自分じゃ物足りないだろうからといって別れることはできないことも分かりましたが、正直言ってそれを言われた時は見下されているような気がしてちょっと気分が悪かったです。
その時以外は、自分が別れたいと思っているのを感じているのか、最近の方がいろいろ気を使ってくれたり、優しくしてくれるようになってます。 でも、一度気持ちが離れて来てしまって、新しい相手が現れてしまうと、優しくされるのが逆に苦痛で、どんどん別れたい気持ちが強くなってます。 相手は結婚しているのでしばらく連絡しなければとも思ったんですが、今までいろいろ良くしてくれたし、いろいろ教えてもらったりして、一時は本当に好きかなと思った時期もあったので、 勝手に無視するような別れ方はしたくないです。それでも、このまますがりつかれるのも困るので、きっぱり別れられる方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。

- F -




私がFさんのメールを読んで直ぐに思い出したことが2つあって、その1つがダスティン・ホフマンの出世作である映画「卒業」(写真上)。 メイン・キャラクタ-が性的好奇心から熟女のミセス・ロビンソンと関係するものの、純粋に恋に落ちたのは彼女の娘。その後ミセス・ロビンソンから娘との恋愛の妨害工作を受けるものの、 最後には2人が駆け落ちするのがそのストーリーでした。

もう1つ私が思い出したのは 10年以上も前に仕事絡みで食事をした大手商社にお勤めの男性との会話で、 その男性が何の部署でいらしたかは忘れてしまいましたが、社内浮気の処理をされている方でした。 日本の企業の浮気処理ですので、当然のことながら妻子ある男性、時に地位のある男性と 若い独身女性との不倫問題な訳ですが、 その方によれば相手の女性が美人の場合は、女性側にプライドがあるので引き際が良いケースが殆どである一方で、 地味でパッとしないルックスの女性は「自分なんてどうなっても良いと思っているから、見苦しいまでに問題を悪化させてくれる」のだそうで、 女性の顔を見た途端に「これは簡単!」と思ったり、「厄介なのに捕まってくれたな」と思ったりすると話していました。
なのでその男性は 「浮気相手はルックスが良い女性を選ぶように」と 事あるごとに後輩に言い聞かせているとも語っていて、 私はそんなものなのかと思って聞いていたのを今でもはっきり覚えています。

Fさんの交際相手の年上の女性の場合も、「年齢の割にきれい」とメールに書いていらしたので、おそらくプライドがある女性だとお察しします。 したがって、自分のプライドを傷つけてまでFさんと交際したいとは考えないのでは?というのが私の考えです。
Fさんとの関係を続けた場合に、年上の女性のプライドが傷つくのは自分より10歳以上若い女性と外観、特に肉体的に比較されて、 自分がそんな女性とは張り合えないことを痛感させられることです。ですから、きっぱり別れたいと思った場合には、 年上の女性だけと付き合っていた時はさほど感じなかった年齢の差を、学生時代の女友達と会うようになって いろいろな形で実感していることを正直に話して、 Fさんが女友達に再会して、自分が若さ、特に肉体的な若さに惹かれることをまざまざと再認識したことを話すのが最も有効な手段と言えます。

年下の男性と交際する女性の中には、自分には若い女性に無い包容力があると自信を持っている人が多く、 そういう人ほど相手の男性が自分にそれを求めていると考えているので、 そういう女性に 「精神面で自分の方が 若い女性よりもFさんをサポートしてあげられる」 というような方向に持っていかれたら、 決して別れることはできません。 ですから、もし年上の女性がそんな包容力でFさんを繋ぎ止めるタイプの場合は、「久々に再会した女友達が、若々しいながらも女性として成長していて 彼女からも十分に優しさやサポートを受けることが出来る」ことを、相手がその点に触れる前に釘を刺しておく方が 別れ話がスムースに行くかと思います。
年上の女性を気遣う気持ちがあるのでしたら、ここで彼女が「もうどうやってもFさんは戻ってこない」ということをきっぱり悟らせる方がお互いのためなのです。 たとえその後しばらくの間、年上の女性が落ち込むことがあったとしても、その方が結果的には遥かに親切と言える行為です。

そもそもFさんは、年上の女性との交際について「自分にとっては交際ですが、相手にとっては浮気です」と書いていらっしゃいましたが、 メールの文面からは年上の女性の方が2人の関係を交際と考えていて、Fさんの方が「1晩の関係が何となく続いている」 浮気と捉えていらっしゃるようにお見受けしました。
特にFさんは、今は別の女性に惹かれているとあって、年上の女性への気持ちが既に冷めていることは、 「食事を払ってくれる、プレゼントをくれる、頻繁に会う必要が無い」という ”都合の良さ” が年上の女性との交際理由として挙げられていて、 「今までいろいろ良くしてくれたし、いろいろ教えてもらったりして、一時は本当に好きかなと思った時期もあったので」という部分が、 身勝手な別れ方をしたくない理由として挙げられていたことからも感じ取れました。
その一方で 年上の女性側は、Fさんの女友達へのジェラシーを垣間見せたり、Fさんが彼女と付き合うようになってからも交際を続けることを前提にお話ししたり、 遠回しな別れ話に取り合わなかったり、Fさんが去っていくことを察知して優しくしてくるなど、Fさんに対する恋愛感情が窺えました。 それも無理もないと思えるのは、男性の女性に対するアトラクションのピークは最初に関係する時ですが、女性の愛情はその後から育っていくものです。 また年上の女性にとってFさんとの関係は、倦怠期を迎えた夫婦関係や仕事と子供の世話に追われる状況の潤滑油のような役割を果たしているようですので、 自分の生活に幸福感やエキサイトメントを見出すためにも、彼女がFさんを失いたくないと考えていても不思議ではありません。
Fさんもメールで 「年上の女性がFさんと交際するようになってから、 生き生きしてファッショナブルになった」と指摘されていましたが、それは女性が恋をしている証拠であり、 「男性の浮気の目的はセックス、女性の浮気の目的は恋愛」というセオリーを立証しているような状況なのです。

たとえ年上の女性がFさんのことを、ご主人との物足りない生活の「添え物」のように言っていたとしても、彼女がFさんとの関係を近しい友達に話して 惚気ていても不思議ではありませんし、自分より10歳以上若い男性と関係していることで、自信や自尊心が高まって、気持も若返っていることかと思います。
でもそんな既婚女性の恋愛感情は、既婚男性の浮気よりもずっと厄介なものですので、Fさんが相手に言いくるめられるなどして、 騙し騙しの交際が長くなればなるほど 事態が悪化しますし、相手の思い込みも強くなります。

Fさんは、メールの文面から年上の女性の気持ちをよく掴んでいるようにお見受けしましたので、 年上の女性を学生時代の女友達と年齢的に比較して、自分が若い女性を好むことをはっきり言えば 年上の女性がFさんを諦めるしかないことは。 恐らく私に言われるまでもなく気付いたり、考えたりしていたものと思います。 でもそれが年上の女性を傷つけたり、侮辱することになるのも熟知していたので、その切り札を使わずに別れる方法を模索していらしたのでは?と いうのが私がメールから感じ取った状況です。
もちろんその切り札を使うにあたっては Fさんも苦しい気持ちを味わうことと思いますが、 たとえFさんが「自分にとっては交際ですが、相手にとっては浮気です」と考えていたとしても、お二人は不倫関係という意味で同罪です。 なので、その苦しい気持ちも 不倫関係を清算する際にありがちな ”痛み分け” と割り切って、 早急に年上の女性との別れに取り組むことをお薦めします。

Yoko Akiyama

このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください

プライベート・セッションはこちらからお申し込みください


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping

Q&ADV プライベート・セッション

PAGE TOP