Catch Up With Brow Extention Trend!

アートメークでは不可能な3Dの太眉を実現する新トレンド、!
話題の最新施術、眉毛エクステンション


人工睫毛を自睫毛にグルー(接着剤)で装着することでボリュームをアップする睫毛エクステンションは、今や世界中で多くの女性が利用している人気の施術。 そして現在、それと似たような施術で大ブレーク寸前なのが眉毛エクステンション。 睫毛エクステンションと同じ要領で人工毛を眉毛にグルーで装着していくというもので、顔全体の印象を変える新しい手法として大きな話題になっています。

90年代以来、細めのシェープが長年の定番であった眉毛トレンドに変化が訪れたのは数年前のこと。 カーラ・デルビーニュやリリー・コリンズなど、若手のファッション・アイコン達が太い眉をアピールし始めたのがきっかけでしたが、 眉毛を太くしっかり描くことで逆に目元が強調され、しかも意志の強さと若さを感じさせるところが現代的だということで、ファッション業界やビューティー業界の人々ががこぞってボールドな眉毛にシフト。
ですが、過去長年に渡って細い眉毛が主流だったため、毛抜きやワックスで処理しすぎた結果、毛根が衰えてしまった人もたくさん。 そんな女性のために、ここ数年で増毛・育毛効果のある眉毛用セラムが多く出回るようになりましたが、それでも満足いく結果が得られないという人のために登場したのが眉毛エクステンションです。





施術法は睫毛エクステンションとほぼ同じで、好きな本数のエクステンションを、ピンセットを使いながら丁寧にうぶ毛にグルーで装着していくというもの。 カラーも豊富に揃っており、自分の眉にマッチした色の人工毛をスペシャリストがチョイスしてくれます。
現在マンハッタンで眉毛エクステンションを取り扱っているサロンとして注目を集めているのが、2014年秋にサクス・フィフス・アヴェニューの5階にオープンした Blink Brow Bar / ブリンク・ブロウ・バー。 フェイシャルやマッサージも提供しているロンドン発の同店は、眉染め、スレディング、ワックス、そして顔に合った眉のデザインなど、眉を中心にメニューを展開するスパサロン。 そして同店で最も人気が高いのが、“build-a-brow(ビルド・ア・ブロウ)”というネーミングの眉毛エクステンション・プログラム。
初回170ドルのビルド・ア・ブロウは、自眉毛のトリミングから始まり、自分にあったカラーのエクステンションを1本1本装着していく約1時間のプロセス。 眉毛エクステンションは睫毛同様、3〜4週間で自然に落ちてしまうため定期的に足していく必要がありますが、2回目以降の施術は60ドルとなっています。
ですが、眉毛エクステンションは人工毛を装着するために、ある程度の自眉毛が必要。 そのため同スパでは、自眉毛がとにかく薄くて少ないという人のために、毛穴に埋まったうぶ毛をスクラブすることで表面に出し、エクステンションをしやすくするトリートメントも提供しています。







アメリカは日本と異なり、アートメークをしている女性が殆ど居ないのが実情ですが、アートメークが色だけを加えるのに対して、 眉毛エクステンションは、実際の毛でボリュームを増やす3D効果。このためインクの色落ちで眉の色が赤っぽく見えるという アートメークにありがちな問題もなく、HD画像でも粗が出ない自然に美しい眉が実現できます。

眉毛エクステンションを経験したニューヨーカーは大満足の様子で、一度施術を受けると必ずと言ってよい程リピーターになるとのこと。 メイクの際に眉毛を描く時間が省かれることは勿論のこと、眉毛エクステンションをしてからボトックスかフィラーをやったのかと友人から疑われるほど顔が若返ったと、特に年配女性から大人気。
最近ではほとんどのセレブリティも細眉から太眉へ移行しており、このトレンドはしばらく続く気配。
エクステンションもできないほど自眉毛が少ないという人のために、巷では眉毛用のウィッグも出回っているとのことです。







Will New York 宿泊施設滞在


Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, アメリカ人ボーイフレンド、
何か変 !? 関税ディスカウント ご意見ボックス

PAGE TOP