Human Birbie's Extreme Plastic Surgery
人間版バービーのエクストリーム美容整形!
肋骨を除去して実現した16インチ(40.6cm)ウエスト!



ソーシャル・メディア上では、様々なセレブリティが世界中から数多くのフォロワーを獲得していますが、 ここにご紹介する ピクシー・フォックスは その度重なる美容整形で ”ヒューマン・バービー”と呼ばれるほどの、エクストリームな体型を実現して 一躍有名になった存在。
現在26歳の彼女は、これまでに20回の美容整形を繰り返し、 それに約1300万円を投じてきたとのことで、 それの内訳は4回の豊胸手術に始まって、頬骨のインプラント、鼻の整形、 唇のコラーゲン注射、アイブロウ・リフト、脂肪吸引など顔とボディ双方に及ぶもの。 その結果実現したのが彼女の現在のボディで、 そのウエストは16インチ。
これを実現するために、彼女は肋骨の一部を取り除く手術も行っています。






ピクシー・フォックスは、元々モデルで 美容整形などしなくてもかなりの美貌の持ち主であった女性。(写真上左側)
それでも、自分のボディが太すぎる、ナチュラルな美しさよりも完璧な美貌を追求したいと考えた彼女が 繰り返したのが美容整形。
かつてバスト77cm、ウエスト60cm、ヒップ86cmという典型的なモデルボディをしていたピクシーの 現在のスリー・サイズは、バスト97cm、ウエスト40.6cm、ヒップ99cm。

あまりに美容整形に熱心になりすぎたせいで、ボーイフレンドが去って行ったこともあるという彼女であるものの、 自分の忙しさの追及に忙しくて、恋愛などしている暇が無いというのが本人の弁。 実際、彼女が目指しているのは世界一細いウエストで、その記録は15インチ(38cm)。 これを下回る14インチ(35.5cm)のウエストが目下の彼女のゴールになっているとのことです。



ピクシー・フォックスは、ボディだけでなく顔も人形のように作り変えようとしており、 そのために彼女が行ったのが、目のインプラント。
目の施術は片目ずつ行うため、写真上がその片目の施術を終えた段階のものですが、 明らかに不自然なほどブルーの眼球をインプラントして、 人形のような目を実現。 施術は価格が安く、欧米よりもエクストリームな施術を医師が喜んでやってくれる インドのニュー・デリで行われ、 その費用は日本円にして約60万円であったとのこと。
そんな人間離れしたルックスがソーシャル・メディア上でアピールして、 今や彼女は20万人のインスタグラムのフォロワーを誇っています。




でも世の中には上には上が居るもので、ソーシャル・メディア時代が生み出した元祖”ヒューマン・バービー”と言われるのは、 写真上のウクライナのヴァレリア・ルクヤノヴァ(25歳)。
彼女の方がバストのサイズがバービーに近く、顔の人形のようであるけれど、 驚異的なウエストの細さはピクシー・フォックス同様。 彼女は、食べ物はおろか水さえ飲まない”ブレサリアニズム”を実践するモデルで、 人間離れしているのはルックスだけでなく、ライフスタイルも然り。
そんな彼女はソーシャル・メディア上で 約1億人のフォロワーを誇るスターとなっています。

Shopping

NYC's top 5 food court Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, olympic diet

PAGE TOP