The Biggest Beauty Trend in S/S 2017! ”Freckles”
2017年春夏最大のビューティー・トレンドは ”ソバカス” !? 
ソバカス・タトゥーからソバカス・メークキットまでが大流行!

Published on 4/25/2017


ここ数年、奇抜なビューティー・トレンドが誕生しているのがビューティー・業界。
2015年にはグレー・ヘア、すなわち白髪のようにヘアをプラチナやグレーに染めるのがトレンドになり、 2016年にはブラックやグリーン、ネイビー等、これまでゴス系のメークでしか使われなかったリップカラーが メインストリームのトレンドになったのは記憶に新しいところ。
その2016年の春頃から、徐々にスタートしていたのが ”Freckles / フレックルス”、すなわちソバカスのトレンド。 アジア人とは異なり、日焼けした肌を好む欧米人の間ではノーメークの肌が日焼けして、薄っすらコーラル・トーンを帯びた状態を ”Sunkissed / サンキスト” と呼んで もてはやす傾向にあるけれど、 そんなナチュラルな日焼け肌と共にビーチ・シーズンにもてはやされるのがソバカス。
フォーマルな席ではファンデーションとコンシーラーで隠してしまうことが多いソバカスであるけれど、 ここ2年ほどずっと続いているナチュラルメーク・トレンドでは ソバカスがもてはやされていて、 それが高じた結果、フェイクのソバカスをメークやタトゥーで実現するのが2017年春夏最大のビューティー・トレンドになっているのだった。






写真上はナチュラルにソバカスがあるセレブリティで、エマ・ストーン、ジゼル・ブンチェン、リンジー・ローハン、エマ・ワトソン、シエナ・ミラーは いずれもナチュラル・メークの時はそのソバカスをあえて見せている存在。 それ以外にもソバカスがあるセレブリティは意外に多く、オリヴィア・ワイルド、オリヴィア・マン、ミーガン・フォックス、モデルのバー・ラファエリ、 エリン・ヘザートン、ルーシー・ルー、ミランダ・カー、ジュリアン・ムーアもそのソバカスで知られるセレブリティ。

その一方でフェイックのソバカス・ブームの火付け役になったのは写真下左のヴィクトリア・ジャスティスや、カイリー・ジェナ(写真下右)、 ケンドール・ジェナといったミレニアル世代のセレブリティ。彼女らがソーシャル・メディア上でフェイクのソバカスのセルフィーをポストしたことで、 インスタグラムにはそれを真似たメークのセルフィーが数多く登場。 またフェイクのソバカスのチュートリアルもYouTube上に登場しているのだった。








上のビデオは、2016年7月にポストされて 既に150万回のビューイングを記録しているもの。
このビデオはナチュラル・メークの一環としてフェイクのソバカスを頬や鼻のエリアに描いているけれど、 ビデオ・ブロガーが説明している通り、ソバカスを描く理由はその方が素肌のように見えること、 そして若々しく見えること。 またソバカスを好む欧米男性は決して少なくないのだった。

さて、写真下はソバカスのテンポラリー・タトゥー・キット、”Freck Yourself / フレック・ユアセルフ”で 48時間持続するソバカスを肌に描く4ステップ。 このプロダクトは、当初クラウド・ファンディングのサイト、”キック・スターター”でファンディングがスタートし、 目標額を集めることが出来なかったけれど、昨今のフレックル・ブームを受けて発売にこぎつけたもの。







4ステップを終えると実現するのが写真上、右側のフレックル・タトゥー。
でも2日置きにこれをやっている時間が無いという女性の間で今大流行になっているのが テンポラリーではないフレックル・タトゥー (写真下)。


このタトゥーは、日本で言うアートメークなので数カ月、長くても1年程度で消えるもの。 ヨーロッパとアメリカの双方で人気が高まっているのがこのタトゥーであるけれど、 施術の直後で一皮剥けるまでは ソバカスの斑点が非常に濃くなるという問題が付き物。
それでも毎日手が掛かるメークのプロセスをしないで済むこと、 そして汗をかいてもそれが落ちたり、にじんだりしないとあって、 人気を集めているのだった。

ちなみにメークでもタトゥーでもソバカスは肌のトーンより2ランクから3ランク程度ダークなカラーを選ぶのがポイント。 ソバカスを演出した場合は、ヘア&メークもビーチ・ヘア&ビーチ・メークにすることが奨励されているのだった。

Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

empire diner du's donuts キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP