Finally, Hair Loss Solution!?
多くの若い現代女性が悩むヘアロス
気付かないうちに徐々に始まるその症状とプロが薦める解決策



若いうちから髪の毛が薄くなるのは男性、それも遺伝が原因のケースが多いもの。
ところがアメリカでは1990年代から、日本でも2000年代後半から急速に増えてきているのが、若い女性のヘアロス。 アメリカでは現在ヘアロスに悩む女性は3300万人と言われ、その数は増え続ける一方。 もちろん女性でも男性でも年齢に応じたヘアロスは老化の一部として織り込み済みの現象であるけれど、 ここ数年で増え続けているのは、未だその年齢に達していない女性のヘアロス。 すなわちストレス、妊娠や病気など身体の変化によるもの、 ヘア・プロダクトの使い過ぎや、栄養の偏り&栄養不足が原因となっているもの。
その原因と解決策についてご説明する前に、頭髪についての 簡単な知識をご説明するものとします。


まず髪についての知識を高める


人間は個人差はあるものの、平均的に約10万本の髪の毛が生えていると言われ、 日常生活の中で1日に抜ける頭髪の数は子供な50〜80本、大人なら70〜100本。 多くの人々がこれだけの頭髪が抜け落ちていることには気が付かない場合が殆ど。
1ヵ月に伸びる髪の毛の長さは平均で1.5〜2cm。これは体質、 年齢、季節によって異なり、髪の毛の成長が早いのは植物同様、温かい季節。 一度生えてきた髪の毛は、引っ張られるなどの付加効力が加わらない限りは、約6年間の命があり その間は伸び続けるもの。 しかし、生えてから時間が長く経過した頭髪、すなわち生えてから4〜5年が経過した頭髪は徐々にその成長を止め、 最後には抜け落ちるのは周知の事実。

新しい頭髪は新しい毛根から生えてくるけれど、健康的な髪が次から次へと生えてくるのは若く健康な人のみ。 体調やエイジングの影響で毛が生えて来る頭髪の数が減ったり、その髪質が衰えるのは多くの人々が経験する通りで、 その場合、細く力の無い髪質になることもあれば、太くて不均一なテクスチャー毛が生えてくる場合もあるのだった。


髪は肌や爪を構成しているのと同じたんぱく質、ケラチンによって形成されており、 肌のエイジングがスタートする20代から同時にスタートするのが髪の老化。
個人差はあるものの女性の場合、20〜50歳までの間に失うと言われるのが頭髪全体の8〜22%。 すなわち、それまで10万本生えていた髪が、8%減った場合で9万2000本、22%減った場合で7万8000本になる訳で、 その失われた8000〜2万2000本分の毛根は、再び毛が生えて来ない半死状態となるのだった。
「それでも未だ8万本程度残っていれば…」と楽観的に考える人も居るかもしれないけれど、 エイジングのプロセスでは頭髪が細く、弱くなっていくので、本数で失う量は8〜22%でも、 見た目の印象で失うと言われるのは25〜30%のボリューム。

殆どの女性は、頭髪全体の3%を失った時点で、その変化に気付き始めると言われるけれど、 最初に髪が薄くなり始めるのは通常は分け目や、生え際。 でも、つむじや脳天付近、後頭部でヘアロスが始まった場合は その初期症状に気づかず、治療や生活改善のタイミングを逸してしまう場合は少なくないと指摘されるのだった。


ヘア・ロスの原因となるのは・・・


残念ながら現代女性のライフスタイルは、このヘアロスを早める要素に溢れていると言われるもの。 そのストレスの原因は以下のようなリストになるのだった。

ストレス
最大の現代病であるストレスによるヘアロスには2種類があって、そのうちの1つは 「丸はげ」と言われる突発的な脱毛症。これはやがて、そのストレスの状態が改善されれば 徐々に回復するもの。
2種類目は、ストレスが原因のホルモンのアンバランスで起こるヘアロス。 部分的に起こる「丸はげ」とは症状が異なり、全体的にじわじわと始まって進行し、半永久的な症状となるのがこのタイプ。


バランスの悪いダイエット
無理なダイエットをしてスリムなボディを保っていた若い女性の髪の毛が抜け落ちてしまったという話は、 決して珍しくないもの。極度の低カロリー・ダイエットよりも危険と言われるのは 栄養が偏った食生活。
髪の毛を形成するのはたんぱく質なので、身体に吸収され易い動物性たんぱく質の摂取は頭髪のためには不可欠。 ベジタリアンの髪の毛をがエイジングに従って劣化する事からも分かる通り、 同じたんぱく質でも髪の毛のために大切なのは植物性よりも動物性です。


ヘアダイやヘアプロダクト
1970年代、未だデビッド・ボウイが20代だった頃、彼は当時旋風を起こしていたグラム・ロックの 貴公子として、髪をオレンジに染めたり、ブロンドに染めたりと、頻繁にヘアダイをしていたのは良く知られる事実。 その結果、彼は30歳に差し掛かるころにヘアロスに悩まされ、植毛を行っていたのは有名な話。
当時に比べてヘア・プロダクトはかなり進歩したとはいえ、ケミカル入りのヘアカラーを始め、スタイリング剤、ドライシャンプーの使い過ぎで 抜け毛が増えたことを実感する女性は多いはず。 ヘアダイに含まれているケミカルは発ガン性を懸念する声もあるけれど、 それより何よりヘアロスの原因になることは専門家が指摘すること。 スタイリング剤やドライシャンプーは頭皮の毛穴を塞ぐことで、ヘアロスの原因になることが指摘されています。


医療薬やヴィタミン
うつ病治療薬、アンフェタミン、避妊ピルなどホルモンに影響を与える薬、 心臓病や血圧の薬は、髪の成長のサイクルを狂わせるため、引いてはヘアロスの原因になるもの。 またビタミンAのとり過ぎもヘアロスの原因になるとして知られています。


環境の汚染
水質や空気の悪いところで暮らしている人はその空気中、水中のケミカルがヘアロスの原因になるといわれるものの、 これは極めて稀なケース。


ブラッシングやヘア・クリップ、
ブラッシングをしてメリットがあるのは頭皮が脂性で、シャンプーを毎日しない人。 その場合は頭皮の脂分が髪全体に行き渡るというメリットがあるけれど、そうでない場合のブラッシング 特に濡れた髪のブラッシングは抜け毛が増える要因。
ヘアクリップの使用、ポニーテール等、髪を結ぶのも寝不足などで毛根が弱っている場合は 抜け毛が増える原因。


日焼け
髪が生えてくるかどうかは頭皮がいかに健康であるかによりけり。 頭皮はれっきとした皮膚なので、日焼けによって頭皮の老化が進むのは言うまでも無いこと。 日焼けによって老化が早まった頭皮から生えてくる髪は徐々に力を失い、 細く抜けやすい髪になり、やがて頭髪が減る原因になるもの。 帽子を被る場合は通気性のあるものを選ぶのがポイント。 ヘルメットのような通気性のない被り物は頭髪にはマイナス影響。


ヘアロスの最も効果的な対策は?


ヘアロス対策で最も有効といわれてきたのはミノキシジルという薬品で、これを用いてアメリカで最初に FDA(連邦食品医薬品局)が認可したヘアロス対策のプロダクトが ローゲイン、日本ではリアップというネーミングで発売されたトニック。 今はミノクシデル5%のフォーム状で販売されて、アメリカでは長年くベストセラーになっているのが このプロダクト。
でも、ミノキシジルを使用するほどはヘアロスが進行していない場合は、バイオティンのサプリメントを摂取して、 オーガニックのシャンプーに切り替えるだけでも効果があるのが実情。 バイオティンのサプリメントはどれを摂取しても同じと思われがちであるものの、ブランドのフォーミュラによって 効き目が異なる場合があり、現在摂取しているブランドが自分に合っているかは抜け毛の量で ジャッジするのがベスト。

でもアメリカのプロのヘア・スタイリストがこぞって薦めるサプリメントは、 写真上の ヴィヴィスカル・プロフェッショナル。 これはヘア・ヴィタミンとして人気が高かったヴィヴィスカルのプロフェッショナル・ヴァージョン。 1日2回の摂取で、軽度のヘアロスなら3カ月程度、〜6カ月の摂取が奨励されるサプリで、 バイオティンと一緒に摂取することが大切なポイント。 というのもヴィヴィスカルにもバイオティンが含まれているけれど、その量が少ないため。
ジェシカ・アルバやキム・カダーシアン等、多数のセレブリティのヘアスタイリストとして知られるジェン・アトキンも そのブログで大推奨しているのがヴィヴィスカル・プロフェッショナル。
今時、ヘア・ヴィタミンやサプリや市場に溢れるほど存在するものの、 プロのヘア・スタイリストが広告費など支払われなくても高く評価するのは ダントツにヴィヴィスカル。
CUBE New Yorkでは、もうすぐその ヴィヴィスカル・プロフェッショナルとバイオティンをセットで取り扱い予定です。

Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, New Tomb Raider Gwyness Tribeca Home

PAGE TOP