Human Ken Dall's 150+ Body-Changing Operations
Cost Him More Than Half Million Dollers

総額6000万円、150回以上の美容整形施術で実現した
”バービー人形の恋人、ケン” の人間バージョン!?

Published on 10/16/2017




世の中には、さまざま方法で有名になる人が居るけれど、ここにご紹介するのは、150回以上の美容整形や施術を繰り返して、 自分好みのルックスを手に入れたロドリゴ・アルヴス(34歳)。
英語で美容整形のことを”プラスティック・サージェリー”というけれど、中毒的にそれを繰り返した結果、 ”プラスティック・ドール” のようになったことから、彼についたニックネームが ”ヒューマン・ケン・ドール”。 この ”ケン・ドール”とは、ケンドール・ジェナのことではなく、バービー人形の恋人、ケンのことで、 アメリカの美容整形の世界には、過去にも彼のように整形手術を繰り返して”ケン・ドール”と呼ばれていた男性が居るけれど、 現在”ヒューマン・ケン・ドール”と言えば、特にヨーロッパでは彼のこと。 それほどソーシャル・メディアに頻繁にセルフィーをポストしてはフォロワーを増やし、 リアリティTVに出演したり、バラエティ番組にゲストとして登場するなど、 どんどんその知名度を上げてきているのだった。




20歳の時から、左右の眉の高さが違うことを気にしてボトックス注射でアイブロウ・リフトをしてきたと語る彼は、 美容整形のメッカ、ブラジルの出身。 ブラジルと言えば、かつてミス・ユニヴァースの代表が ”全身美容整形をした作り物” として批判を浴びたことがあるけれど、 ロドリゴ・アルヴスのケースも全身美容整形と施術で作り変えていて、 そんな彼の美容整形中毒がスタートしたのは2004年、彼が21歳の時から。
以来13年間で、150回以上、単純計算して毎月1回のペースで美容整形を受けてきた計算になるのが彼。 鼻の整形だけで既に10回行っている彼だけに、彼の鼻がマイケル・ジャクソンのように 美容整形のやり過ぎで崩れることを危惧して 施術をしてくれないドクターも居るとのことで、 今では彼は整形手術とそのリカバリーを 旅行を兼ねて行う サージェリー・バケーションを利用しているとのこと。

彼がこれまで費やしてきた約6000万円の美容整形&施術のリストは、ボトックス&フィラー注射に約120万円、 ライノプラスティ(鼻の整形)に450万円、アゴの脂肪吸引に45万円、胸の筋肉のインプラントに150万円、 シックスパック(腹筋の凹凸)のインプラントに330万円、腕のフィラー注射に110万円、 病院の入院費に110万円、レーザー・ライポサクションに120万円、 脚の脂肪吸引に60万円、ふくらはぎのシェイプを整える施術に45万円、価格fは不明ながらもヒップのインプラント等、列挙したらキリがないほど 多岐に渡る施術。 それ以外にも、彼の笑顔と共に発光体のように白光りする彼の歯のホワイトニング、カラー・コンタクトレンズ、 メークアップ・アイテムなど、美容施術以外にもお金が投じられているのは当然のこと。

更に、派手なワードローブとブランド物を好む彼は、カラフルなスーツやファー・コート、 エルメスのベルト、クリスチャン・ルブタンのシューズ、グッチのバッグなど、ファッションにも 多額を投じて彼のイメージを作り上げているのだった。








彼がこれほどまでにルックス・コンシャスになったのは、子供の頃からその外観のせいで虐めに遭ってきたためで、 そんなルックスのコンプレックスを払拭したくて始まったのが彼の美容整形のビンジ状態。 そのコンプレックスは今も彼のパーソナリティに影を落としているようで、 イタリアで出演したTV番組で、女性コメンテーターに”モンスター”と言われた彼は、 烈火のごとく腹を立てて、そのコメンテーターをスタジオから追い出したことが伝えられており、 彼はそれについて、「この類のいじめは自分が子供の頃から味わってきたものだから、許せない」と語っているのだった。

多くの美容整形の中毒者が どんなに施術を繰り返しても決して自分の容姿に満足せず、 どんどん新しい施術を行っているのと同様、彼も未だ自分の容姿には満足していないとのことで、 次の彼のプロジェクトは何と肋骨の一部を取り除くこと。 この施術は、ドラッグ・クイーンや性転換した男性が、スリムなボディラインのために行う施術で、 もちろん健康のリスクが伴うもの。 それに加えて、髪の毛のインプラントも行う予定とのことで、 まだまだヒューマン・ケン・ドールは、完成段階では無いようなのだった。





Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan


キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子,

PAGE TOP