Crystal Healing Trend 2.0
セレブも夢中のクリスタル・ヒーリング・トレンド 2.0
その活用法を理解して、フルにベネフィットを得るには!?

Published on 7/13/2018


2017年春過ぎから再び盛り上がってきたのがクリスタル・トレンド。
その前にクリスタルがトレンドになったのは2011年から2014年にかけてで、この時にはセレブリティも一般の人々も クリスタルのブレスレットをレイヤーにしてつけていたの覚えている人も少なく無いはず。 ちなみにクリスタルと一般に呼ばれるのは、ガラスのクリスタルではなく、ルビーやサファイアといったプレシャス・ストーンの粗石、 アメジストやガーネット、ターコイズといったジェム・ストーン、クォーツ、トルマリン、タイガー・アイなど、俗にクリスタル・ミネラルと呼ばれる石。
自然の地磁気を受けて、石でありながら生命力を持っていると言われるクリスタルは、 これまでにも 花瓶に入れれば花が長持ちし、医者に見放されたがん患者の延命とデトックスに役立つなど、 様々な効用が謳われてきたけれど、現在のクリスタル・パワーのトレンドの目玉になっているキーワードは ”ヒーリング”。 ヒーリングというと すぐに ”癒し”に結び付けられてしまうけれど、 毎日のエネルギーを生み出すために必要なのもヒーリングであれば、正しい決断を下したり、集中力を高めるために必要なのもヒーリング。 健康を保つために大切なのもヒーリングで、よりアクティブで、精神面で豊かに暮らすために必要なのがヒーリング。
それだけに 大手企業のCEOからセレブリティまで、サクセスを目指す人々が 現在のクリスタル・ブームのトレンド・セッターになっています。




セレブリティでクリスタルを信仰していることで知られる顔ぶれとしては、先ずヴィクトリア・ベッカムは、 ファッション・ショーのバックステージに必ずクリスタル・オブジェを置いてお守りにしているだけでなく、 いつもローズ・クォーツやオブシディアンのクリスタルをポケットに入れて持ち歩いて、頻繁に手で触れているとのこと。 彼女のブランドの服に必ずポケットが付いているのは、彼女自身がクリスタルを持ち歩くためと言われているほど。
あがり症で知られるシンガーのアデルは、ステージに上がる前の緊張を穏やかにするために クリスタルのヒーリング・パワーに頼っているとのこと。 それ以外にもミランダ・カー、ベラ・ハディド、ケイティ・ペリー、ジェニファー・アニストン、カイリー・ジェナ等が クリスタルのオブジェやアクセサリー、スパ・セラピーに凝っていることが久しい状況。 キム・カダーシアンについては、自らのコスメ・ブランド、KKWの初のフレグランスを クリスタル・ガーデンと名付けて、その容器も ローズ・クォーツのオベリスクそっくりの デザイン。(写真下、一番左)
ビューティー業界には、既に”クリスタル・ヒーリング”、”クリスタル・セラピー”なるものがあったけれど、 CUBE New Yorkでも取り扱っているハービヴォアからはブラジリアン・トルマリンを微粒子のパウダーにしたブライトニング・マスクが登場。 トルマリンの微粒子が肌を僅かに温めてミネラルを 供給しながら角質を取り去り、15分〜20分のマスク・トリートメントの間にピュアのフルーツ・エンザイムが浸透するため、 1回の使用で肌を内側から輝かせるパワーがあるのがこのマスク。 これまでビューティー業界には ソルトやシュガーを使ったマスクやスクラブが多かったものの、 トルマリンの微粒子パウダーに含まれた豊富なミネラルの成分の方が遥かにパワフルな浸透力と、ヒーリング・パワーがあることが立証されています。







新たなクリスタル・トレンドのビューティー以外の側面と言えるのは、クリスタルを用いたメディテーションや霊気で、 メディテーションについては、手にクリスタルをホールドして行う場合もあれば、クリスタルのオブジェを正面や両側に置いて 行うケースがあって、そのため現在のクリスタル・トレンドでもてはやされ始めているのが インテリア・デコレーションの役割も兼ねた クリスタル・オブジェ。
実際にクリスタルは不純物が少なく、サイズが大きければ大きいほどそのパワーが大きいと言われ、 そのせいもあって昨今もてはやされているのが ジオード(クリスタルが埋まっている空洞)のオブジェ。 特に昨年後半から価格が大幅にアップしているのがアメジストのジオード。

ちなみに人間同様に生きていると言われるクリスタルはセラピーに何度も使用すれば摩耗したり、輝きが失せてしまい、 ネガティブな地磁気や霊力を受けている人が持つとやはり摩耗やダメージが早いと言われるもの。 逆に大きく不純物が無いクリスタルにはデトックスのパワーがあり、ジェニファー・ロぺスが巨大なクリスタルをバスタブに入れて入浴したり、 ロブ・ロウが巨大なクリスタル・オブジェをベッドサイドとベッドの下に置いていると言われるのも、ヒーリングだけでなくデトックスのため と言われるのだった。






クリスタルの効力の恩恵を存分に受けるために奨励されるのは、 5感全てをフル活用してクリスタルと付き合うこと。
頻繁に手で触れたり 肌に当てて、その美しさを眺めるという点で、視覚と触覚は簡単に理解できますが、 意外なのはクリスタルを耳に当てて音楽を聴くと、脳に音楽がよりストレートに入ってくるということ。 また本来なら匂いが無いはずのクリスタルですが、時々鼻を近づけて匂う習慣をつけると、 その時々で僅かに異なる匂いに気付くようになるとのこと。それが果たして手の匂いの影響なのか室内の匂いの影響なのかは 不明であるものの、クリスタルとこうした付き合い方を臭覚、聴覚、視覚といった5感が研ぎ澄まされて、 脳が自然に活性化してくるとのこと。
味覚に関しては、クリスタルを食べ物の傍に置いたり、クリスタルを入れた容器に水を注いで、 地磁気のパワーに満ちたクリスタル・ウオーター を作るというのがかなり以前から行われてきたこと。 クリスタルは水を研ぎ澄ますパワーがあると言われ、クリスタルのミネラルが水道水や市販のウォーターに含まれる 不完全なミネラルの組成を補って、身体に浸透し易く、内臓や細胞、粘膜を正常に稼働させる人間の身体本来に必要な 水分にしてくれると言われるのがクリスタル・ウォーター。 また水に含まれる一部のケミカルも地磁気によって相殺してくれる働きもあると言われ、 前述のフラワー同様、野菜もクリスタル・ウォーターをスプレーすると新鮮さがアップして、 味も良くなるとさえ言われます。
写真上のクリスタル・ウオーター・ボトルはこちらで取り扱っています




Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan


フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, NYアパートのアメニティ

PAGE TOP