Revolutionary Weight-Loss Plan?: The Dukan Diet
フランスから生まれた革命的ダイエット!? デュカン・ダイエット

ダイエットをしないことで知られているフランス人の間で 最も知られているダイエットと言えば、 ピエール・デュカン博士が考案したデュカン・ダイエット。
同ダイエットは決して新しいものではなく、1980年代から徐々に広まってきたもの。 既に500万人のフランス人がトライしているというプロテインをメインに摂取するスタイルのダイエット。 カロリー計算が無く、簡単なレシピが多数出回っているのに加えて、素早くウェイトが落とせて、しかもそれを持続させることが出来る デュカン・ダイエットは、ジェニファー・ロペス、ジゼル・ブンチェン、サンドラ・ブロック、ジェイミー・リー・カーティス、デミー・ムーアといった セレブリティも行っていることで知られていたりする。

ここへ来てデュカン・ダイエットがフランス以外でも取り沙汰されるようになったのは、 デュカン・ダイエットの本が英訳されて2010年3月にイギリスで発売されたため。
アメリカ進出は未だであるけれど、セレブリティが数多くトライして、しかも成功しているこのダイエットは ハリウッドやファッション業界を中心にトライする人々がどんどん増えていることが伝えられています。

プロテイン中心のダイエットとしてアメリカで絶大な知名度と支持者を誇っていたのがアトキンズ・ダイエット。 このアトキンズ・ダイエットはステーキやベーコン・エッグなど、脂肪や たんぱく質は際限無く摂取することが出来るものの、 炭水化物は徹底的にカットしなければならないというダイエット。
そうすることによって、 体内では 糖分よりも脂肪を優先的に分解するケトシスという状態が生み出され、 みるみるうちに体重が減っていくというのがこのアトキンズ・ダイエット。
同ダイエットには、炭水化物の量を減らしていく フェイズ1:イントロダクション、 実際に体重を落とすフェイズ2:オンゴーイング・ウェイトロス、 減量のゴールが近付いてきたところで切り替えるフェイズ3:プレ・メンテナンス、そして減った体重を維持するフェイズ4:ライフスタイル・メンテナンス の4つのステージが存在している。
利点として指摘されるのは、急速に体重が落とせて、外食がし易いこと。またカロリー計算が要らないこと。 逆に問題点として指摘されるのは、炭水化物を摂取が抑えられるため食事の満足感が得られず、加えて人によっては便秘になり易くなること。 さらにケトシスの状態が腎臓に負担を掛け、コレステロールが溜まり易くなると などで、 長く続けるタイプのダイエットではないのは言うまでもないこと。
それだけに、落とした体重の維持が難しいと言われたのがアトキンズ・ダイエット。


これに対してデュカン・ダイエットは、たんぱく質のみを摂取する時期がアトキンズ・ダイエットに比べて極めて短く、 また 自分の体調や体質に合わせてプログラムを調整できること、 アトキンズ・ダイエットでは容認されている脂肪分をカットすることにより、心臓病やコレステロール値のアップが防げるのが大きな利点。 さらに減量の後のリバウンドが無く、減量後も自然に食生活に取り入れ易い レシピが数多く紹介されていることも デュカン・ダイエットの魅力になっています。

デュカン・ダイエットもアトキンズ・ダイエット同様、4つのフェイズから成るダイエットで、それは以下のようなもの。





デュカン・ダイエットは素早く体重が落とせるので、ダイエットのなかなか体重が減らないジレンマを感じる事無く 取り組めるのが フランスで 大人気を得た大きな要因。
とりあえず たんぱく質を食べることによって食欲は満たされているので、苦しい思いをせずに痩せられること、 エクササイズ無しでも体重が落とせるというのもフランス人のライフスタイルに合っていると言えるもの。

逆に難点と言えるのは、よほど肉や魚が好きでない限りは、食欲は満たされても 炭水化物を食べたいという精神的な欲求を抑えるのに苦労をすること。 炭水化物は身体のエネルギー源であると同時に 脳のエネルギー源。 なので、炭水化物の少ないダイエットは精神的、肉体的にエネルギー不足を感じることになるもの。
したがって、日ごろから運動量が多い人には薦められないのがデュカン・ダイエット。 しっかり運動をしている人の場合、デュカン・ダイエットを試すのであれば、最後のフェイズであるスタビリゼーション・フェイズ、 すなわち週に1回だけ たんぱく質だけを食べる日を設けるダイエットをするのがお薦め。 その場合、ワークアウトをお休みする日を選んでプロテイン・オンリーの日を実行することが奨励されます。

デュカン・ダイエットのようなプロテイン中心のダイエットは、 医学界では 賛否両論のダイエット。 栄養が偏るので、サプリメントの摂取はマスト。 そして、腎臓に問題がある人は決してトライするべきではないダイエット。
短期間で体重を落として、その後 理性的な食生活やエクササイズをする習慣を身につける自信がある人、 それを続ける強い意志がある人にとっては、トライする価値があるダイエットと言えるでしょう。


CUBE New York では、安全かつ 効果が上がり易い ダイエット・プロダクトを リサーチして ご紹介しています。
プロダクトに関するご質問は カストマー・サーヴィス まで お問い合わせください。










Fittest Female Body in Hollywood, Jessica Beal
ハリウッドで最もフィットしたボディ、
ジェシカ・ビールのダイエット&ワークアウト


Model Body in Hollywood : Cameron Diaz's Diet and Workout
ハリウッドのモデル・ボディ
キャメロン・ディアスのダイエット&ワークアウト

PAGE TOP