Secret of Best Legs & Arms in Hollywood
Jeniffer Aniston's Diet and Workout

ハリウッドのベスト・レッグ&アーム
ジェニファー・アニストンのダイエット&ワークアウト



今年で41歳になるジェニファー・アニストンは、ハリウッドのベスト・ボディを語る際に必ず名前が挙がる存在。
ことに、ジェニファーの形良く筋肉が付いた腕は、彼女が人気コメディ「フレンズ」に出演していた時代から、 アメリカ女性の憧れのボディ・パーツであったことは周知の事実。
加えて、彼女の細すぎず、引き締まった筋肉質な脚も昨今では脚光を浴びているジェニファーのボディ・パーツ。
ハリウッドの多くのセレブリティが、30代後半に差し掛かるとライポ・サクションなどで、体型を整えようとする一方で、 ジェニファーは20代からストリクトなダイエットとエクササイズで その抜群のプロポーションを保ってきたことで知られる存在。
でもそんなジェニファーも20代前半までは、体重が60キロ以上ある ハリウッドでは太めのボディで、 常にボディがコンプレックスになっていたという。
そんな彼女がダイエットとエクササイズに目覚めたのはちょうど「フレンズ」にキャストされる前のこと。 そして体重を10キロ以上落として、49キロのボディになった彼女はすっかり自分に自身が持てるようになったとのこと。
ことに、「フレンズ」の初期のストーリーではジェニファーが演じる ”レイチェル”の仕事はウェイトレス。 そのアウトフィットはミニスカートにタイト・フィットのトップといったボディ・ラインが出るものが多かったため、 ジェニファーはそのスリムになった体型の維持には非常に気を使っており、 砂糖と小麦粉を使ったデザートを食べないようにしたり、番組のロケ中も ダイエット・シェフがクリエイトしたカロリー・コントロールされた食事だけを取る一方で、 ウェイト・トレーニングをしたり と ダイエットとエクササイズの双方にバランスよく取り組んでいたことはハリウッドで良く知られる話。
それというのも、ジェニファーは油断をすると体重が増えてしまう 太り易い体質であることを自覚しているためで、 一時はウェイト・コントロールや、彼女のトレードマークである引き締まった腕を維持することに神経質になっていたことさえあったという。

41歳になってからも、ビキニ姿で堂々とスナップされるジェニファーは、 アメリカ人女性の間でも、男性の間でも最もヘルシーでセクシーと評されるボディ。
以下ではそんなジェニファーのエクササイズとダイエットをご紹介します。

ジェニファーのワークアウト・ルーティーン



ジェニファー・アニストンのワークアウトのメインになっているのがヨガ。
ヨガを始めてから、心と身体のバランスを意識出来るようになったというジェニファーは、 友人であり、ヨガ・インストラクターのマンディ・イングバー(写真上、左)を自宅に呼んで、 ヨガのプライベート・セッションを受けるのがルーティーン。
そのマンディ・イングバーは、LAでヨガスタジオを経営するセレブリティ・インストラクターで、 2009年12月には 「Yogalosophy / ヨガロソフィー」というDVDを発売したばかり。
ヨガのインストラクターには、ニューエイジ的な精神アプローチを重んじるスタイルなど、 それぞれに様々な特徴があるけれど、マンディ・イングバーの場合、 美しいボディを構築することにフォーカスを絞ったアプローチをしていて、 特に健康だけでなく、身体のラインといったビューティー・ベネフィットをヨガに求める女性の間で、 人気を博していると言われています。

マンディが特にジェニファーとのセッションで、力を注いでいるのはヒップアップと アメリカ人女性から羨望の眼差しを受けている ジェニファーの腕を筋肉質で ほっそりしたシェイプに保つこと。 このため、腕の力でボディを支えるようなポーズが自然に増えてくるとのこと。
ジェニファー自身は、「ヨガはポーズを保つためには身体と心のバランスが大切」と考えていて、 雑念が入るとポーズが乱れて、バランスを失ってしまうけれど、 難しいポーズも自分のペースで、自分なりにどんどん習得して行く達成感が ヨガを続ける楽しさと難しさであるメディアのインタビューで語っているのだった。


さて、ジェニファーと言えば その筋肉質で引き締まった腕と共に、同じく筋肉質で引き締まった脚線美でも知られる存在。
レッド・カーペット上でもミニ・ドレスとハイヒールで、その脚の美しさを協調するアウトフィットが多い彼女は、 多くのファンやメディア関係者から 「ハリウッドのベスト・レッグ」と評されているほど。
ジェニファー自身によれば、彼女の脚線美の秘密はヨガではなく、ランニング。
もちろんヨガは、柔軟性やバランスといった部分で脚線美を整える役目を果たしてくれるけれど 筋肉質に引き締まった形の良い脚の秘訣はやはりランニング。
もっぱらランニング・マシーンを使っているというジェニファーであるけれど、 効率良いエクササイズをするためにランニング・マシンを上り坂にセットして、30分〜45分走るのが ジェニファーのルーティーン。
ウォームアップとクールダウンのウォーキングがその前後に挟まるとのことだけれど、 いずれにしても、このランニングのお陰で脚線美が実現され、保たれているだけでなく、 映画「バウンティ・ハンター」では4インチ(10センチ)・ヒールのマノーロ・ブラーニックを履いて、 何百メートルも走るシーンをこなすことが出来たと、ジェニファーは語っています。

そのダイエットは・・・



ジェニファー・アニストンは、長年ゾーン・ダイエットを行ってきたことで知られる存在。
ゾーン・ダイエットは医学博士バリー・シアーズが、当初糖尿病の治療のために開発したダイエットで、 炭水化物、たんぱく質、脂肪のカロリー・バランスを4・3・3の割合に保ち、1回の食事で摂取するカロリーを600カロリー以下に抑えるという食事療法。
血糖値が安定するので、空腹感に悩まされることなく、健康的に痩せられる上に 体重も保ちやすいのがこのダイエット。 さらに、血圧を抑えるなど様々なヘルス・ベネフィットをもたらすと同時に、エネルギーが増して活発なライフスタイルを約束してくれるのも ゾーン・ダイエットの魅力となっているけれど、ジェニファーの場合、このダイエットを長く実践しているだけあって、 普通に食事に出掛けても、食べ方を調節するだけで、ゾーン・ダイエットのバランスが保てるようになったというけれど、 多くのゾーン・ダイエットを信仰するハリウッド・セレブリティ同様、通常の食事はシェフにゾーン・ダイエットに沿ったメニューを特別にオーダーしているという。
やはりメリットは、脂肪が付きにくい健康的なボディを保てること、そして多忙なスケジュールをこなすエネルギーが保てること。 加えて食欲が完璧にコントロールできること。
ジェニファーは、41歳のバースデーを親しい友人40人をリゾートに招待してセレブレートしているけれど、 この時も朝食、ランチ、ディナー、全てのメニューをシェフがゾーン・ダイエットに沿ってデザイン。
バケーション中も気を抜かないところに、40歳を過ぎても完璧なプロポーションを保てる 要因があるようです。


CUBE New York では、安全かつ 効果が上がり易い ダイエット・プロダクトを リサーチして ご紹介しています。
プロダクトに関するご質問は カストマー・サーヴィス まで お問い合わせください。










★ Celebrity Diet / セレブリティ・ダイエット ★
Kristin Davis' Diet and Workout
クリスティン・デイビスのダイエット&ワークアウト
太り易い体質を克服したヘルシー・ライフスタイル


Jennifer Hudson's Weight-Loss Success
★ セレブリティ・ダイエット ★
大減量に成功したジェニファー・ハドソン、
その秘密はウエイト・ウォッチャーズとエクササイズ!

PAGE TOP