Cecconi's @ Empire Store in DUMBO
ソーホー・ハウスがDUMBOにオープンした、
ブルックリン・ブリッジとマンハッタンのベスト・ビューが眺められる
イタリアン・レストラン、”チェッコーニーズ”

Published on 9/12/2017


再開発が続いているブルックリンのDUMBOのウォーター・フロントに新たにオープンしたのが、 エンパイア・ストアという新しいビジネス・コンプレックス。 そしてそのエンパイア・ストア内に6月にオープンしたのが、会員制クラブ、ソーホー・ハウスを経営する ニック・ジョーンズが手掛けるイタリアン・レストラン、チェッコーニーズ。
DUNBO再開発の中核となるエンパイア・ストアの 目玉ロケーションに位置するのが同店で、 オープン直後から、ブルックリン・ブリッジとマンハッタンの絶景が眺められるアウトドア・パティオ(写真下)が 大人気を博しています。









チェッコーニーズについてご説明する前にエンパイア・ストアについてご説明すると、 この施設は南北戦争時代に立てられたという倉庫の作りをそのまま生かして再開発されたビルディングで、 当時からの木の柱や天井の支柱などが ガラスとメタルの現代建築と融合した地上6階建ての空間。 ここは1〜2階がショッピング・エリアとレストラン&カフェで、3階以降がオフィス・ペースというコンプレックス。 入居しているのは殆どがIT企業で、それと言うのもシリコン・ヴァレーに次いでIT企業が増えているニューヨークの ITキャピタルをブルックリンに誘致しようというのがこのプロジェクト。 DUMBOとダウンタウン・ブルックリン、ブルックリン・ネイビー・ヤードの3ヶ所は 既にブルックリン・テック・トライアングルと呼ばれ、500社以上のIT企業がオフィスを構えている状況。
そんな若く勢いのあるIT起業にアピールするオフィス空間と、そこで働くミレニアル世代のヒップスターにアピールする 商業施設を盛り込んだのがエンパイア・ストアで、見た目も、プロジェクトのフィロソフィーも 新しい時代の到来を感じさせるもの。
エンパイア・ストア内には、程なく ソーホー・ハウスがブルックリン初のロケーションをオープンすることになっており、 DUMBOハウスというネーミングになるとのこと。 もちろんメンバーはIT企業で働くリッチなミレニアル世代で占められるが見込みで、彼らにとっての社交場を提供することが コンセプトになっています。







チェッコーニーズはエンパイア・ストアのウォーター・フロント側の1階に位置するレストランで、 店内に長いバー・カウンターが設置され、そのカウンターの内側のウッド・オーブンでピザやリブアイ・ステーキ、 ブランジーノ等が焼かれる様子が眺められるセッティング。 プライベート・ダイニング・ルームもあり、インテリアはアップスケールかつゴージャス。 落ち着いた雰囲気で食事が楽しめるスペース。
でもオープン当時から来店客に人気なのはストリートに面したアウトドア・テーブルで、 ブルックリン・ブリッジの絶景と、ブルックリン・パーク、川を越えた向こうに見えるワン・ワールド・トレードセンター・ビルを始めとするマンハッタンのビューが 満喫できるのがアウトドア・パティオ。 なので、ここでディナーをした人々がインスタグラムにアップするのはフードよりも夜景。
エンパイア・ストアは未だ開発されたばかりの新しい建物で、 徒歩で直ぐのコーナーには、やはり2017年夏にオープンしたばかりのワン・ブルックリン・ホテルもあり、 このエリアはDUMBOのモダンな新開発ブームの中心地。 それだけに、このエリアを散策する際に立ち寄るのに最適なレストランと言えるのがチェッコーニーズです。








チェッコーニーズのフードは写真上の通りオーセンティックなイタリアン。
ランチでもディナーでも、サラダやカルパッチョをアペタイザーにして、 ウッド・オーブンで焼くピザやパスタをメインにオーダーする来店客が圧倒的で、 ピザはベーシックなものが20ドル程度、トリュフを用いたものが42ドル。 パスタ類も16〜18ドル程度で、トリュフを用いたものが27ドル、ロブスターのスパゲッティが35ドルといった価格帯。
カクテルやワインのセレクションもしっかりしていて、 ロンドンに2軒、バルセロナ、ベルリン、イスタンブール、マイアミ、ウエスト・ハリウッドと、同店以外に既に7軒を メジャーな都市にオープンしているチェーンらしいメニュー構成やオペレーションが行われているのが同店。

マンハッタンからわざわざ足を伸ばす価値があるか?については、 やはりマンハッタンの方がイノベイティブなグルメ・イタリアンがしのぎを削る激戦区なので、 料理の味だけを目当てに訪れた場合は、あまり足を伸ばした甲斐が無いのが実際のところ。
同店の魅力はブルックリン・ブリッジのビューとマンハッタンのダウンタウンのビューが満喫できるウォーター・フロントというロケーションに加えて、 ダンボのエリアで最もアップスケールなインテリアとセッティングのレストランという点。 なので同店を訪れる際は窓際、もしくはアウトドアのテーブルを予約するのがダイニング・エクスペリエンスに 大きな差が出る重要なポイント。
もし同店のアウトドア・テーブルがブック出来なかった場合は、ディナーの後に前述のワン・ブルックリン・ホテルのルーフトップで 夜景を見ながらアフター・ディナー・ドリンクを楽しむのがお薦めです。

Cecconi’s Dumbo
55 Water St. Brooklyn, NY 11201
Website:http://cecconisdumbo.com/


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Jred Leto style キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP