2007 Fall & Winter Magnificent Bags & Shoes
2007年 秋冬シーズンの目玉バッグ&シューズ 傾向別クリップ


2007年 春夏シーズンのシューズ&バッグは、メタリックとエナメル、エキゾティック・スキンのオンパレード であったけれど、その傾向は秋冬シーズンも継続。 今シーズンも、ミラー・レザーやメタリック・パイソンを初めとするメタリック、加工物やエンボスを含めた様々なエナメル素材、 そしてアリゲーター、クロコダイル、リザード、パイソンといったエキゾティック・スキンを扱った シューズやバッグが多数登場しています。
また今シーズン、シューズに多く見られているのがサテン。ホリデイ・シーズンのフォーマル・シューズだけでなく、 もっとカジュアルなデザインで、夜の食事の際などに気軽に履けるサテンのシューズが目立っています。
デザイン・トレンドとしては、サンダルやパンプスにカバーやカフをつけて、ブーツのように見せるデザインが多く登場しているのに加え、 全体的に太いヒール、太いストラップ、プラットフォームなど、ボリュームのあるデザインがパンプスやサンダルに多く見られる一方で、 昨今のオープン・トウ・ブームを反映して 、ブーツもオープン・トウのものが今シーズンはカッティング・エッジ。 また今シーズンに限っては、ショートブーツが、ロング・ブーツよりも断然ホットで、 ミニ・スカートにショート・ブーツのバランスが何時になくスタイリッシュに見えるのがこの秋冬シーズン。
一方のバッグもシューズ同様、エキゾティック・スキン、メタリック、エナメルが今シーズンも強いけれど、高額化の傾向にどんどん拍車が掛かって、 高い素材、凝ったディテールのものがどんどん登場しており、ここ2シーズンほど続いているクラッチ・バックの人気も引き続き。
実用性のあるバッグを毎日持ち歩くのはアウト!で、スタイリッシュさや、これでもか!のリッチさを見せ付けるようなバッグを オケージョンで持ち替えるのがファッショニスタです。
以下、今シーズンのバッグとシューズの傾向別クリップをご紹介します。






Pewter, Silver & Crystal / ピューター、シルバー&クリスタル


左より、ピューターのミラー・レザーを用いたバーバリーのサンダル。

左から2番目、メタリック・レザーをインダストリアル・タッチに加工したドナ・キャランのサンダル。

右から2番目のドルチェ&ガッバーナのスリングバックはメタリック&スウェードのコンビ。

一番右、アルマーニのパンプスは一面にディアマンテ・クリスタルをあしらったもの。





Gold Metalic / ゴールド・メタリック


左よりブルーノ・フリゾーニのゴールド・サンダル、足首の太いストラップが、ショート・ブーツのようなシルエットを演出するもの。

左から2番目、ゴールドのアンクル・ストラップ・プラットフォーム・サンダルはグッチのもの。

右から2番目、カーブしたプリーツがフロント・アクセントになったスリング・バックはドナ・キャランの製品。

一番右、ブラック・ローズをフィーチャーしたロジェ・ヴィヴィエのサンダルはヒールのシェイプでバラのとげを演出したもの。





Louboutin Fever Continues / 引き続き・・・ Lououtin フィーバー


全てクリスチャン・ルブタンのこの秋の新作。
左より、ジュエルド・オープントウ・プラットフォーム・パンプスは課税前のお値段で$1325ドル。

左から2番目、超ハイヒールのメアリー・ジェーン。ゴールド・スタッズがアクセントになっているもの。

右から2番目、べっ甲プリントのオープントウ・プラットフォーム・パンプス。700ドル。

一番右、今シーズンは同じフリンジ・オーナメントが付いたTストラップ・サンダルも登場しているけれど、 こちらはそのショート・ブーツ・バージョン。1145ドル






この列も全てクリスチャン・ルブタン。左より、シルバー、ゴールド、ブラックの切り替えのウェッジ・シューズ。

左から2番目、ウルトラ・シック、ウルトラ・ハイヒールのシルク・サテンのイヴニング・パンプス。

右から2番目、ルブタンで最も人気のあるプラットフォーム・オープントウ・パンプスをクリスタル素材でクリエイトしたタイプ。

一番右、お隣と同じ素材のピンク。ハイヒール慣れしている人でもグラつくほどの高いヒールで、つま先の引っかかりも少ないデザイン。





Red Shoe Variation / レッド・シューズ・ヴァリエーション


左より、アレクサンドラ・ニールのスウェード・アンクル・ブーツ。

左から2番目、プリーツがアクセントになったシルク・サンダルは、ブライアン・アトウッドの作品。

右から2番目、ほぼウェッジに近いヒールのエナメル・シューズはシャネルのもの。

一番右、変形プラットフォームが個性的なステラ・マッカートニーのTストラップ。





Ancle Cuff Sandal / アンクル・カフ・サンダル


左より、今シーズン登場しているのが、まるでブーツのように足首がカバーされたサンダル。これはセルジオ・ロッシのもので素材はヴェルベット。

左から2番目はジュエル・オーナメントをあしらったサテン素材のプラダのもの。

右から2番目、ペイズリーとブルーがエキゾティックなマノーロ・ブラーニックの作品。

一番右、ブルーノ・フリーゾーニの作品はカフの部分がファーになった、イヴニング・サンダル。





Open Toe Boots & Booty / オープントウ・ブーツ&ブーティー


左より、今年モデルやファッション・エディターが競って買い求めているのがこのバレンシアガのブーツ。

左から2番目はジヴァンシーのエナメルのオープントウ・ブーツ。

右から2番目のロジェ・ヴィヴィエはトウだけでなく、サイドもオープンになったセクシーなスタイル。

一番右、ブルーノ・フリゾーニのオープン・トウ・ブーツはパープルにゴールドのトリミングとファーがあしらわれたもの。





Boots Punp / ブーツ・パンプス


左より、ヘビー・デューティーな印象のスポーティー・ヒールはバレンシアガのもの。

左から2番目は、ピエール・ハーディーのスニーカーをイメージしたハイヒール・パンプス。

右から2番目は、履いてみるとフロントがオープンのブーツのように見えるマノーロ・ブラーニックのニュー・メアリー・ジェーン。

一番右、シャネルのローヒール・パンプスはゲイターと呼ばれるアンクル・カバーがついてブーツのように見えるもの。





Short Boots Variety / ショート・ブーツ・ヴァラエティ


今年の秋冬は、圧倒的に沢山登場しているのがショート・ブーツ。
左よりプロエンザ・スクーラーのくるぶし下丈のブーツはカラー切り替えがアクセントになった作品。

左から2番目は、モザイク・ヒールが個性的な アレッサンドロ・デラクアのブーツ。

右から2番目は、突き出たトウのシェイプが特徴的なステラ・マッカートニーのショート・ブーツ。

一番右、マノーロ・ブラーニックのポニー・スキンを縫い合わせてストライプにしたショートブーツ。






左より、アンクル・ストラップのパンプスにレッグ・ウォーマーを合わせたようなデザインのブーツはステラ・マッカートニーのもの。

左から2番目、サイドボタン・クロージャーのエナメル・ブーツはセリーヌののもの。

右から2番目のマノーロ・ブラーニックは、ファーブーツにレザー・テープを巻きつけたようなデザイン。

一番右シャネルのエナメル・フラット・ブーツは、足首部分にあしらわれたクリスタルがアクセント。





Long Boots / ロング・ブーツ


左より、セルジオ・ロッシのナイロンとリザードのブーツ。

左から2番目、昨年秋に登場したゴーフレ・バッグのブーツ版。素材はエナメル。

中央はロジェ・ヴィヴィエのエナメル・レースアップ・ブーツ。ファーのライニングがしてあるので、暖かいタイプ。

右から2番目、ヴァレンティノのブーツはヒールにあしらったクリスタルがドレッシーなスウェード素材。

一番右のピエール・ハーディーのブーツは、バックにゴールドのラインがフィーチャーされたモダンなデザイン。





Metalic Boots / メタリック・ブーツ



左より、メタリック・パイソン素材にピルグリム・バックルをあしらったロジェ・ヴィヴィエのキャシェ・クール・ブーツ。

左から2番目、グレーとシルバーをモダンに組み合わせたホーガンのフラット・ブーツ。

右から2番目はピンクのメタリック・レザーを用いたカルバン・クラインのブーツ。

一番右はブロンズ・レザーとジュエルカット・デザインのヒールがマッチしたセルジオ・ロッシのショート・ブーツ。





Chunky Boots & Bootie / チャンキー・ブーツ&ブーティー


左より 一風変わったシルエットの クロエのウェッジ・ソールのブーティー。

左から2番目はカラー切り替えが効いたマーク・ジェイコブスのフロントジップ・ブーティー。

右から2番目は、クリスチャン・ディオールのサンダルのようにも見えるカットアウト・ブーツ。

一番右も同じくクリスチャン・ディオールで、イエローが鮮やかなプラットフォーム・ブーティー。





Patent Leather / エナメル・シューズ


左よりプラダが今年打ち出している”デグラデ”と呼ばれるカラー・グラデーションのエナメルを用いたパンプス。

左から2番目のミュウミュウのパンプスはクラシックなデザインをエナメル素材のカラー切り替えでモダンに演出したもの。

右から2番目、トリプル・ストラップのプラットフォーム・ハイヒールはランバンのもの。

一番右、鮮やかなイエローのエナメルを用いた”カデンザ” と呼ばれるスタイルはセリーヌのもの。





Platform Ancle Strap / プラットフォーム・アンクルストラップ


左より、プリーツを寄せたボディに、パイソン・スキンでリボン・トリムをした複雑なディテールのシューズはディオールのもの。

左から2番目、フェンディのシューズはレイヤーになったプラットフォーム・デザインがモダンな作品。

右から2番目はブライアン・アトウッドのスウェード素材のアンクル・ストラップ。

一番右、ロジェ・ヴィヴィエのイヴニング・シューズは、かかとにサテン素材でバラのモチーフがあしらわれたもの。





Trendy Satin Shoes / トレンディ・サテン・シューズ


今シーズン、非常に多いのがサテン素材を用いたシューズ。
左より、マルニのパープル・サテンのボディにブラック・レザーのベルトをあしらったパンプス。

左から2番目は、ランバンのチャンキー・ヒール・プラットフォーム・サンダル。

右から2番目、アレッサンドロ・デラクアのダブル・アンクルストラップのパンプスはレザーとサテンのコンビという珍しいテクニック。

一番右は、複雑にストラップがツイストされた ミッソーニのシルク・サテン・サンダル。





Metalic Bags / メタリック・バッグ


左より、フェンディから昨シーズン、シルバーとゴールドで登場していたスタイルに、今年はオレンジ、ブルー、レッド、ピンク等のカラー・バージョンが加わっています。800ドル。

左から2番目はミラー・メタリック・レザーにロゴをフィーチャーしたトッズのバッグ。

右から2番目、ピエール・ハーディーのシグニチャーである太いトリミングを、網目模様にしてあしらったバッグ。

一番右は、お馴染みフェンディのスパイ・バッグ。抑えたトーンの2種類のゴールド・レザーを用いています。





Fluffy Bag / フラッフィー・バッグ


左より、シルバー・フォックスのファーを用いたロジェ・ヴィヴィエのバッグ。

左から2番目はヴェルサーチのシルバー・メッシュととチンチラを上手くコーディネートしたバッグ。

右から2番目も同じくヴェルサーチで、こちらはダイド・フォックスとナパ・レザーを用いたバッグ。

一番右、フェンディの シアリング素材のシェフ・バッグは、ダーク・ブラウンのレザーのストラップとトリミング。 お値段は5040ドル。





Hard Box Bag / ハード・ボックス・バッグ


左より、ロゴを大きくフィーチャーしたフェンディのボックス・クラッチ。1490ドル。

左から2番目はフロントにピリグリム・バックルをフィーチャーしたロジェ・ヴィヴィエのバッグは”ル・ステップ”というスタイル。

右から2番目はミラー素材を用いたモダンなボックス・バッグはランバンの作品。

一番右は、真っ赤なシャネルのカラー・ポップ・クラッチ。素材はエナメル。





Decorative Bags / デコラティブ・バッグ


左より、スパイバッグに、ラージ・シークィンやビーズをふんだんにあしらったデザイン。

左から2番目、クリスチャン・ラクロアのバッグはサテン素材にパール刺繍をあしらったもの。

右から2番目のクリスチャン・ディオールのバッグはラム・スキンを用いたサムーリ・フレームバッグ。

一番右、スタッズが一面にあしらわれたミーラー・レザーのバッグはバーバリーの”ローワン・トート”。





Bag With Craftmanship / バッグ・ウィズ・クラフトマンシップ


左より、ロジェ・ヴィヴィエのゴールド・フラットビーズ刺繍をあしらったクラッチは、ベル・ヴィヴィエと呼ばれるスタイル。

左から2番目、レッドのフリルがレイヤーになったクラッチ・バッグはヴァレンティノの作品。

右から2番目はラム・スキンに手芸タッチのディテールを加えたディオールのバッグ。

一番右は、フェンディのスパイバッグはデニムに刺繍とクリスタルをあしらった芸術的バッグ。3090ドル。





Paython Bags / パイソン・バッグ


左より、ボッテガ・ヴェネタのパイソン・バッグのカラー・グラデーションはハンド・ペイントで色付けされたもの。

左から2番目はマイケル・コースのサットン・バッグはパイソンとゴールドの金具、ブラウンのトリミングがマッチした作品。

右から2番目、パイソンのスミスシールド・バッグはマルベリーのもの。

一番右はドルチェ&ガッバーナのパイソン・素材を用いた ミス・ポケット・バッグ。





Metalic Paython & Lizard / メタリック・パイソン&リザード


左より、メタリック・リザードとクリスタルのバッグはカルバン・クラインのもの。

左から2番目、ヴェルサーチのディーバ・バッグの メタリックパイソン・バージョン。

右から2番目はメタリック・パイソンのバッグに 太いスネーク・チェーンを合わせたドルチェ&ガッバーナのバッグ。

一番右、ゴールド・パイソンを用いたVBHのバッグは、”スライス・クラッチ” というスタイル。





Patent Leather Bag / エナメル・バッグ


左より、クロエで人気のベイ・バッグも、今シーズンはエナメルで登場。

左から2番目は今シーズン、エナメル素材を広く手掛けているセリーヌのもの。

右から2番目はサンローランのエナメルを用いたアップタウン・バッグ。写真はスモールサイズのものでお値段は1895ドル。

一番右は、”デグラデ”と呼ばれるカラー・グラデーションのエナメルを用いたプラダのバッグ。上で紹介したようにシューズにも この素材が登場しています。





Croco, Alligator & Croco Embpss / クロコダイル、アリゲーター、クロコ・エンボス


左より、イブ・サンローランのエナメルにクロコダイルのエンボス加工をしたダウンタウン・トート。お値段は1895ドル。

左から2番目は同じイブ・サンローランだけれど本物のクロコダイルを用いたバッグで、キャットワォークと呼ばれるバッグ。

右から2番目、オスカー・デ・ラ・レンタのアリゲーターを用いたフレーム・バッグは”アルデン”と呼ばれるスタイル。

一番右はVBHが今シーズン素材違いで何種類も手掛けているアベニュー・バッグのアリゲーター版。





Round Shape Bag / ラウンド・シェイプ・バッグ


左より、メドゥーサのメダリオンをフィーチャーしたヘアー・カーフ・スタッチェルはヴェルサーチのもの。2576ドル。

左から2番目は秋の広告でスカーレット・ヨハンソンと一緒にフィーチャーされているルイ・ヴィトンのバッグ。

右から2番目、ドクターズ・バッグのようなシェイプでデザインされた、ザック・ポーゼンのフレーム・バッグ。

一番右はドルチェ&ガッバーナのブラック・サテンとシルバー・メタリック・レザーをコンビにしたミス・バニー・バッグ。








Past Seasons / 過去のシーズンのシューズ&バッグ・トレンド

Spring & Summer 2007 / 2007 年 春夏シューズ&バッグ

Fall & Winter 2006 / 2006 年 秋冬シューズ&バッグ

Spring & Summer 2006 / 2006 年 春夏シューズ&バッグ

Fall & Winter 2005 / 2005 年 秋冬シューズ&バッグ

Spring & Summer 2005 / 2005 年 春夏シューズ&バッグ