The First Bitcoin Billionair, Winklevoss Twins
初のビットコイン・ビリオネアとなったウィンクルヴォス・ツインズ
再び脚光を浴びた2人のライフスタイル&ビジネス・センスは!?

Pubkished on 12/18/2017


アメリカで12月4日に大きく報じられたのが、タイラー&キャメロン・ウィンクルヴォスが、世界初のビットコイン・ビリオネアになったというニュース。
ビットコインは、ウォーレン・バフェットやJ.P.モーガン・チェイスのCEO、ジェイミー・ダイモンといった金融界の大物がこぞって そのリスクを指摘するクリプトカレンシー(暗号通過、もしくは仮想通貨)。 投資をしている人さえもが しっかり仕組みを把握していないケースが多いと言われるギャンブル性の高い投資。 今ではセレブリティやスポーツ選手も投資するようになったビットコインであるものの、 2013年の未だ誰もビットコインを信頼していなかった時代に約12億円を投じ、それが現時点までに1万%の値上がりを見せたことから ビリオネアの仲間入りをしたのがタイラー&キャメロン・ウィンクルヴォス。
その12億円の投資額は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグを相手に起こした訴訟の示談金70億円のうち、 キャッシュで支払われた22億円から捻出されたとのことで、 裕福な両親に元に生まれた2人が労せずしてビリオネアになったストーリーは、 典型的な リッチ・ゲッツ・リッチヤーのシナリオとして受け止められているのだった。






タイラー&キャメロン・ウィンクルヴォスは、2010年に公開された映画「ソーシャル・ネットワーク」では、当時未だ無名だったアーミー・ハマーが 1人で二役を演じていたキャラクター。 父親は著名なビジネス・コンサルタントで東のビバリーヒルズと呼ばれるコネチカット州グリニッジの大邸宅で生まれ育った2人は、 映画に描かれていた通り名門ハーバード大学で経済を学び、ロウイング(ボート競技)のチームに所属。 身長196pと 長身の彼らは、2008年の北京オリンピックに男子2人組みのボート競技に出場し、6位に入賞しているのだった。
ハーバードを卒業した彼らは、その後オックスフォード大学でMBAを取得。 ちょうどその年に「ソーシャル・ネットワーク」が封切られ、 2人の存在はあっという間に有名になったのだった。 とは言っても映画の中で描かれていた彼らは、当時ハーバードの学長であった元財務長官、ラリー・サマーズにあしらわれたり、 マーク・ザッカーバーグにアイデアを取られて、悪あがきのような訴訟を起こすという あまり印象が良くないキャラクター。
しかしながら、彼らを演じたアーミー・ハマーにはプレミアの際に 彼の演技、および彼が描いたウィンクルヴォス・ツインズ像を 絶賛したとのことで、彼らが現在の名声を得た最大の要因となっているのが映画「ソーシャル・ネットワーク」なのだった。





映画のお陰でウィンクルヴォス・ツインズとして知名度を得た彼らは、 ちょっとしたセレブリティになっており、ファッション・ウィークのイベントの常連であると同時に、 ファッション界のスーパーボウルと呼ばれる毎年恒例のメトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュート・ガラにも招待されるほどのセレブリティ。 2人は常に一緒に行動している訳ではないものの、メディアが絡むイベントには必ず一緒に登場しており、その理由は1人よりも2人揃っていた方が セレブリティとしてのステータスがアップすることを熟知しているためと言われるのだった。
そんな彼らはこれまでIT関係のビジネスを中心に投資をしてきており、 その多くは彼らが出かけたパーティーで知り合ったアントレプレナーや投資家、もしくは ハーバードやオックスフォード時代の友人達から持ち掛けられた話。 彼らにとっては、社交とビジネス・ネットワークは同じことで、セントバーツへのヴァ―ケーションや、 トスカーナで行われる友人の結婚式など、 自分達と同じレベルのライフスタイルのリッチな交友関係から ビジネス・チャンスを模索しているとのこと。
とは言っても、一度は乗りかけた投資話でも見込みがないと判断すれば、 仲が良い友人であっても投資を控える慎重さがあるのも彼ら。

今やビットコインと言えばウィンクルヴォス・ツインズというくらい、ビットコインと切り離せない存在になっている彼らであるけれど、 ビットコインがクリプトカレンシーの中で、群を抜いたサクセスを収めている理由は、 ウィンクルヴォス・ツインズという著名な大口インヴェスターの存在があったからこそ。 したがって、フェイスブックのアイデアは盗まれたとは言え、 彼らはそれで得た知名度と示談金でビリオネアになったと言えるのだった。





タイラー&キャメロン・ウィンクルヴォスは、現在36歳。一緒に暮らしている訳ではないものの、 一緒にニューヨークやロードアイランドの高額不動産物件に投資をして、時々それらをシェアしている状況。 学生時代からずっとルームメイトでもあった2人であるだけに、その関係は未だ続いているという。
また2人は似たようなヘアカットで、服の好みも似通っており、体型もほぼ同じとあって、 服をシェアすることも珍しくないとのこと。 それだけでなく、2人は女性の好みまで似通っており、長身、ブルネットの美女を共にガールフレンドに選ぶことで知られる存在。 ダブル・デートをするケースも多いという。

ビットコイン・ビリオネアになったニュースが報じられる以前からも、彼らがビットコインに多額の投資をして 大儲けをしている様子が報じられていたとあって、ニューヨークのマッチメーカーの多くが 彼らと女性クライアントを引き合わせようとしていることが伝えられるけれど、 実際、彼らは複数のデート・アプリを利用して独身時代を謳歌していることが伝えられる状況。 母親は、早く彼らに結婚して落ち着いて欲しいという願望を持っているものの、 ニューヨークのように独身男性の絶対数が少なく、女性がインディペンデントな街は、 彼らのようにリッチでルックスが良い独身男性にとってはパラダイス。 したがって、しばらくは結婚など考えていないことが伝えられているのがウィンクルヴォス・ツインズ。
その一方で、彼らを学生時代から知る交友関係の間では 結婚となれば彼らがモデルではなく、彼ら同様にビリオネアのファミリーの子女と結婚すると見られていることも 伝えられているのだった。


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP