Feb. Week 4, 2011
” Fila Body Toning Capri ”
” フィラ・ボディ・トーニング・カプリ ”



私は目下、週50キロのランニング、ヨガ、テニス等を エクササイズ・ルーティーンにしているけれど、 特にランニングを始めてから、どんどん増えているのがエクササイズ・ウェア。
というのも、パフォーマンス・アパレルというのは日進月歩で、 どんどん素材が良くなってきているに加えて、洗濯頻度が激しいので、あまり長く着られないこと。 また同じものばかり着ていると、飽きてくるので ワークアウトをする意欲も失せてしまうため。
そんなこともあって 私は、健康のため、ダイエットのために 新たにエクササイズを始めようという人には、 モチベーションのためにも、パフォーマンスのためにも、必ず新しいウェアやシューズを購入するように薦めているのだった。

そんな私が最近購入したのが、フィラのエクササイズ用カプリ・パンツ。
フィラというと、私にとっては大学時代にテニス・ウェアを着用していたブランドで、正直なところ ハイテク素材を用いた パフォーマンス・アパレルのイメージはあまり無いけれど、 新たに同ブランドから登場したボディ・トーニング・システムというラインが非常に優秀だというレビューを読んで、 ここに紹介するプロダクトを購入することにしたのだった。
フィラのウェブサイトには、ボディ・トーニング・システムについて詳しく説明されたセクションは見当たらなかったけれど、 同ラインは、素材のレイヤーとそのカットによって、エクササイズをすると50%筋肉を余分に使わせるようにデザインされているとのこと。
既にスニーカーの世界では MBTやスケッチャーなどが、筋肉を余分に使わせて、歩くだけでカロリーを燃やし、 より効果的なトレーニングが出来るプロダクトを販売して久しいけれど、 これは言ってみればそのクロージング・ヴァージョン。
加えて、素材のストレッチ=圧縮感が筋肉をサポートするようにデザインされているので、 これによって血行が良くなり、血液中に送り込まれる酸素の量が増える結果、 スポーツのパフォーマンスが向上するという利点も生み出すのが同カプリ・パンツ。

そこで、購入して 早速試してみることにしたけれど、 まず着用して感じたのは、私が日ごろ愛用するアディダスよりもヒップアップして見えること。
その理由は、このカプリの独得の素材とそのカットにあると思うけれど、 こうしたヒップラインが目立つパンツの場合、ヒップアップして見えることは大きなプラス要因。 さらに、ウエストがローライズ過ぎないのも嬉しいポイントなのだった。

このカプリを着用して10キロ走った感想としては、何がどうとは説明出来ないけれど、 確かに何となく筋肉がサポートされて、走り終わった後の脚の感触が違うように思えたのだった。
それと、タイトというのではなく、脚が引き締まる感じの着心地で、 その状態で走ったり、エクササイズをすると、50%かどうかは分からなくても、余分に筋肉を使っているのが何となく感じられるもの。 なので、このカプリを着用したら、エクササイズの効果が上がるか?を語るのは時期尚早だとしても、 確実に何らかのプラス要素を もたらしている気配は認めるところなのだった。

そもそも、私にとってエクササイズ・ウェアは消耗品。 なので、ヒップアップして見えるパンツが1枚ウェアに加わるのは、パフォーマンス上の効果があっても、無くても 悪くないこと。
昨今、こうしたエクササイズ・ウェアはジムやヨガ・クラスへの行き来だけでなく、 ラウンジ・ウェア=普段着にしている人が多いけれど、個人的にはラウンジ・ウェアとして着用するのなら、 やはりアディダス・バイ・ステラ・マッカートニーが一番スタイリッシュで、リッチに見えると思うのだった。
でもステラ・マッカートニーのテニス・ウェアやゴルフ・ウェアは、あまりにパフォーマンス・ウェアのイメージからかけ離れていて、 特にテニス・ウェアはプレーに支障が出るのでは?と思うようなデザインが少なくないのが実情。

かく言う私はテニス・ウェアはナイキ一辺倒。ランニング・ウェアはアディダス一辺倒であるけれど、 セントラル・パークを走っているニューヨーカーを観ていると、トップは様々でも、ボトムは圧倒的にアディダスを着用している人が 多いのだった。
ランニング・シューズについてはアディダスとナイキをほぼ同じ割合で見かけることを考えると、これはブランド・ロイヤルティとは無関係に、 アディダスがランニング・ウェアのボトムに強いブランドということになるけれど、 私自身がアディダスのボトムを愛用する理由は、アディダスの方がカットやラインの入り方が工夫されているので、 脚が細く見えるデザインが多いため。
このフィラのカプリにしても素材の切り替えが果たしている役割は非常に大きくて、 どんなに筋肉をサポートしてくれたところで、体型が良く見えないパンツだったら、私は購入に至らなかったと思うのだった。





FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

 


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。
丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。
FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。
その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

PAGE TOP