Mar. Week 3, 2011
” Salt Caramel Apple Pie ”
” ソルト・キャラメル・アップルパイ ”



先週の土曜日に、友人が誘ってくれたのがダウンタウンのレストランでのブランチ。
でも日本の原発のことが気になっていた上に、税金の申告期日がだんだん迫ってきているとあって、 行く気になれず、断ろうとしたけれど、彼女は仕事の関係で、もう直ぐウエスト・コーストに 移住する身。なので、あと何回会えるか分からないと思って、 ブランチの替わりに 私の自宅で お茶をすることにしたのだった。

でも約束の午後2時を過ぎても、友人は一向に現れず。 どうしたのかと思いながら、タックスの申告準備をしていたら、 結局1時間も遅れて彼女がやってきたのだった。
彼女が遅れた理由は、私に” ソルト・キャラメル・アップルパイ ”を持ってきてくれようとしていたため。 この ソルト・キャラメル・アップルパイ は以前から私が食べたがっていたもの。 でもこれを作っているパイ・ショップはブルックリンにあるので、「誰か買ってきてくれる人居ない?」と 常日頃から言っていたのだった。
私は、ニューヨークに長く暮らしているけれど、ブルックリンに行ったのは、5回あるか無い程度。 私の友人も「I Don't Do Borough / アイ・ドント・ドゥ・ボロー(NYシティ内のマンハッタン以外のボロー、すなわちブルックリン、クイーンズ、 スタッテン・アイランド、ブロンクス には行かないという意味)」と日ごろから言っているので、 どうしたのかと思ったら、休日出勤をするブルックリンに住む職場仲間に頼んで買ってきてもらったとのこと。 彼がパイを持ってきてくれるのに時間が掛って、うちへの到着が遅れたのだった。

この自家製のアップルパイが買えるのは、パークスロープのFour and Twenty Blackbirds / フォー・アンド・トゥエンティ・ブラックバーズ。
姉妹でパイを作っているお店であるけれど、同店の名物パイの1つであり、最も有名かつ、定評があるのが、 ソルト・キャラメル・アップルパイ 。
サクサクのパイ・クラストの中に、リンゴの極薄スライスとソルト・キャラメルをレイヤーにして焼き上げた シンプルなアップルパイで、トッピングにシー・ソルトが散りばめてあるもの。 オーブンで焼き上げている間に、リンゴのスライスにソルト・キャラメルが徐々に浸透するけれど、 リンゴは焼きあがった後も、程好い歯ごたえがあって、決してグチャグチャしたテクスチャーにはなっていないのだった。
そんなリンゴのほのかな酸味と、ブラウン・シュガーやスパイスがミックスされた ソルト・キャラメルのさわやかな甘さが、パイ・クラストに包まれて 絶妙のマッチを見せるのがこのアップルパイ。
私は、そもそもタルト・タタンや、アップル・ターンオーバーのようなリンゴを使ったデザートやペストリーが好きだけれど、 レーズンなどが入っていたり、スパイスが強すぎるものは あまり好きではないのだった。 なので、シンプル・イズ・ベストを地で行ったような このアップルパイは、本当に好みと言えるけれど、 特に、クラストの表面に散りばめてあるシー・ソルトが 何とも言えずにこのアップルパイを特別な味わいにしているのだった。



友人がわざわざ、職場仲間にまで頼んでこのアップルパイを持ってきてくれたのは、 私がずっと食べたがっていたこともあるけれど、何より日本が大変なことになっているので、 食欲が落ちているのでは?と心配してくれていたため。 なので、このアップルパイだったら食べるだろうと思って、持ってきてくれたのだった。
そんな風に気遣ってくれる友達が居てくれるのは本当に幸せなことだけれど、その彼女が西海岸に行ってしまうのは寂しい限りなのと、 日本がこんな時でなかったら、もっとこのソルト・キャラメル・アップルパイが 心置きなくエンジョイできたようにも思うのだった。
でも そんな状況が、このアップルパイの塩のしょっぱさとキャラメルの甘さをを象徴しているような気もして、 忘れられない味になると感じながら味わっていたのだった。

残念ながら、フォー・アンド・トゥエンティ・ブラックバーズのパイは、送付してもらうことが出来ず、 自ら出向かない場合は、メッセンジャー・サービスを使うしかないけれど、 ブルックリンのパーク・スロープから、私が住むマンハッタンのアッパー・イーストサイドまでは、 調べたところ、メッセンジャー・フィーが何と50ドル。
50ドルを払うと、他でも美味しいデザートが手に入るけれど、 アップル・パイについては、やはり同店がピカイチ。 なので、どうしても食べたくなったら、メッセンジャー・フィーを払ってまで、取り寄せてしまうかも知れないと 真剣に考えているのだった。


Four and Twenty Blackbirds
439 Third Ave. at Eighth Street Park Slope / Gowanus
Brooklyn, New York
Tel: 718-499-2917






FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

 


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。
丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。
FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。
その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

PAGE TOP