Apr. Week 4, 2013
” Rumble Roller ”
” ランブル・ローラー ”



私には、隠れた特技があって、それは指圧マッサージの達人(?)であるということ。
昨今は、あまり人をマッサージしてあげることが無くなったので、腕が衰えているかもしれないけれど、 かつては プロのマッサージ師にも褒められたほどの腕前で、ツボの知識が全く無かったにも関わらず、 左右対象にツボを捉えてマッサージする天分に恵まれていて、 マッサージしてあげた人が それぞれに 血行が良くなって身体が温まったり、視界がクッキリする等の ポジティブ・エフェクトを味わってくれることに 遣り甲斐を感じて、頻繁にマッサージをしてあげていたのだった。

そもそも、私がニューヨークに住み始めたのは、かつて務めていたマーケティング企業の海外出張で、 初めてニューヨークにやってきて、惚れ込んでしまったのがきっかけであるけれど、 私がその頃、入社3ヶ月足らずで海外出張の機会に恵まれたのも、 当時のボスの肩こりを指圧マッサージで治してあげる最中に、様々な会話で自分を売り込むことに成功したからなのだった。

なので、「指圧の腕前で 私の人生が変わった」と言っても過言ではなくて、 かつて私自身も肩こりに悩まされた時期には、本気で 「私のような人にマッサージして欲しい」と熱望したほど。
この時は、自分で背中のツボが押せるガジェットを買って、失望したのを覚えているけれど、 今回ここに ご紹介するランブル・ローラーは 強力かつ、 確実に効果がある セルフ・マッサージを可能にしてくれるもの。

ランブル・ローラーは、数年ほど前から エクササイズ・ボールや、エクササイズ・ケトルと共に アメリカのジムの備品に加わったもので、直径12cm、長さ77cmほどの円柱形の細長いエクイップメント。
写真下のように、これを使って腹筋や背筋のトレーニングをする人も居るけれど、 基本的な用途はマッサージで、自分の体重をかけながらローラーを転がすことによって、 かなりシリアスなレベルのマッサージが可能になるのだった。
私はジムで試しにこのローラーを使ってみるまで、その威力が全く分からなかったけれど、 数回使ううちに、すっかり気に入ってしまい、6週間ほど前に自宅用を購入するに至ったのだった。




私が購入したのは、ローラーの表面に凹凸が付いたタイプで、 適当にローラーを転がしているだけで、突起の部分がツボを刺激してくれるので、 誰にでも簡単に全身のマッサージが出来るもの。
突起の部分は 「レギュラー」と「ハード」という2種類の固さがあって、 私はハードなマッサージを好むので、深く考えずに「ハード」をオーダーしたけれど、 最初の2週間ほどは、そのあまりの固さに太腿のマッサージをしながら悲鳴を上げていたような状態。 でも徐々に慣れてきたのに加えて、背骨の周囲をマッサージする際は、やはり固い方が 効果が高いとあって、今では「ハード」を選んで良かったと思っているのだった。

私にとってランブル・ローラーを使う目的は、指圧マッサージ効果、リンパの流れを促進する効果に加えて、 エクササイズによる筋肉の疲れを取ることだけれど、実際に ランブル・ローラーを使っているアスリートは筋肉疲労による怪我をし難いとのこと。
加えて、私は椅子に座っている時に ローラーを床に置いて、足裏マッサージにも使っていて、 これも効果抜群なのだった。





ローラーの使い方は、Youtubeに沢山ビデオが登場しているけれど、製品にインストラクションが付いて来る上に、 基本的にはローラーの上に寝転がっているだけでも効果があるので、あまり深く考えずに、 とにかく身体のいろいろな箇所にローラーを当てるように心掛けるのが 使いこなしのコツ。 その際、ヨガマットを下に敷いて使った方が、ローラーがコントロールし易くなるのだった。

更に、ウソか本当かは分からないけれど、エクササイズをしなくても、ダイエット中に ランブル・ローラーでマッサージをすると、 脂肪を燃焼し易くなるのだそうで、そのためには 凹凸があるローラーを選ぶ方が効果的と言われているのだった。
事実、エクササイズが嫌いな人のために薦められているのが ランブル・ローラーを使ったマッサージで、 ピラテスの知識がある人が使うと、体型の矯正にも役立つとさえ言われるのがこのローラー。
さらに 夜 寝付けない時には、抱き枕のように使うことも奨励されているけれど、その用途の際には、凹凸が無いスムースな表面の ローラーの方が適しているとのこと。
いずれにしても、こんなシンプルなエクイップメントでありながら、様々な使い道や効果が望めるのだった。




私がランブル・ローラーを使うのは、もっぱら夜のシャワーを浴びる前。
ローラーを10分間だけ使うようにしているけれど、1日の終わりに、既に身体が疲れた状態で このローラーを使うと、 マッサージを受けた後のように、身体が若干だるくなって、眠気が襲ってくるのが常。
なので、このローラーを使い出してからは、ベッドに入ってあっと言う間に眠ってしまうようになったのだった。

マッサージをサボってしまう日には、椅子の背もたれにローラーを立てかけて、それに寄りかかることによって 背骨の付近のツボを刺激するようにしているけれど、 このように特に努力をしなくても、それなりに使い続けられるのは大きな魅力。
なので、エクササイズ器具を買っても 直ぐに飽きてしまって、長続きしない人にも お薦めできるのがこのランブル・ローラー。
お値段は、75ドル程度。マッサージ1回分のお値段より安いので、 私としては、とても得をした気分で愛用しているエクイップメントなのだった。





FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

 


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。
丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。
FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。
その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

PAGE TOP