June Week 1, 2016
” Bachelorette Watch Party ”
バチェラレット・ウォッチ・パーティー


数あるリアリティTVシリーズの中で、最もビューワーのIQが高いと言われるのが、 ABCが放映する「ザ・バチェラー」&「ザ・バチェラレット」。
共に独身男性(バチェラー)、もしくは独身女性(バチェラレット)が約25〜30人のコンテスタントの中から、 未来の結婚相手を選び出す番組であるけれど、 同番組で婚約を果たしたカップルは結婚に辿りつく前に別れたり、 結婚しても、直ぐに離婚するケースが殆ど。
同番組の視聴者は既婚、未婚を含めた女性が圧倒的に多いと言われるものの、 独身男性の隠れファンも多いことが指摘されているのだった。

アメリカで、「ザ・バチェラー」&「ザ・バチェラレット」が放映される月曜は、 通常ライバル局のNBCが リアリティTVの「ザ・ヴォイス」を放映しているので、私はもっぱら「ザ・ヴォイス」にチャンネルを合わせているけれど、 アメリカに住んでいる人ならば誰でも、女友達の中に絶大な「ザ・バチェラー」&「ザ・バチェラレット」ファンが居るもの。 そんな女友達に連れられて出掛けたのが、今回で12シーズン目を向かえる「ザ・バチェラレット」の プレミア・エピソードのウォッチ・パーティーなのだった。




今回の「ザ・バチェラレット」に選ばれたのは、前回の「ザ・バチェラー」のファイナリストで、 最終エピソードで バチェラーに別れを告げられたジョジョ・フレッチャー。(25歳、写真上中央)
自ら不動産開発業を手掛ける彼女の本名は”ジョエル”で、ジョジョはその愛称。 前シーズン、多くの番組ファンが 彼女がプロポーズを受けるに違いないと確信し、 最終エピソードで涙ながらに去って行く彼女に大きな同情を寄せていただけに、 今回の「ザ・バチェラレット」は より多くのパブリシティを獲得してのプレミア。
そのため、普通ならば最終エピソードのウォッチ・パーティーしかしない友達のグループが、 プレミア・エピソードでウォッチ・パーティーをするというので出かけてきたけれど、 まず驚いたのが参加者たちの番組IQの高さ。 過去何代ものバチェラー&バチェラレットのことを熟知していて、それを熱っぽく語る様子には 圧倒されてしまったのだった。

またバチェラー&バチェラレットのファンは、TVに向かって1人で喋ることで知られているけれど、 このウォッチ・パーティーでも、会話をしている訳ではなくて、参加女性たちが個々にTVに向かって喋っている様子を見て 「これが あの有名な”バチェラー&バチェラレット”ファンの独り言!」と思って、興味深く観察することになったのだった。 その独り言というのは、「He will so go home tonight! (彼は絶対今日で家に帰ることになる=ローズ・セレモニーで脱落する)」とか、 「Producer wants to keep him for the rating!(プロデューサーは視聴率のために彼をキープしたがる)」などで、 コンテスタントのボディ・ランゲージやジョークの内容まで分析しながら見ているので、 同番組のファンが「IQが高い」と言われる理由を実感してしまったのだった。

今シーズンは、26人の男性コンテスタントがジョジョを争うことになっているけれど、「ザ・バチェラレット」と言えば、 そのコンテスタントの職業として ”アントレプレナー” という肩書きが多いことで知られる番組。 一部では、「同番組のせいで ”アントレプレナー=ジョブレス(無職)”ということを女性たちが悟りだした」 と言われるほどで、 それを放映局であるABC側が悟ったのか、今シーズンからはコンテスタントの職業に ”アントレプレナー”を用いてはならないことがルールになったとのこと。
その結果どうなったかと言えば、職業の欄が”Former War Veteran(元兵士)”とか”Former Competitive Swimmer(元競泳選手)” など、”Former (元)”の肩書きがいくつか見られたのは まだ理解できるとして、 ”ヒップスター”、”カナディアン(カナダ人)”等、とても職業とは見なされない肩書きまでが登場しており、 やはり リアリティTVに出演する時間がある男性達は シリアスなキャリアの持ち主ではないケースが多いことが立証されているのだった。






「ザ・バチェラレット」ウォッチ・パーティーの席では、プレミアが終わった段階で、既に参加メンバーが 最後まで残る4人を予測していたけれど、ほぼ全員がファイナル4のピックとして選んだのが上の3人。
左は、番組内で辛らつなコメントを連発する 今シーズンの悪役で高級不動産エージェントのチャッド(28歳)。 中央は、元兵士でジョジョと同じテキサス出身のルーク(31歳)。 そして右は、今シーズンのコンテスタントの中で最も注目が集っているジョーダン・ロジャース(27歳)。 というのは、彼がNFLグリーンベイ・パッカーズのスター・クォーターバックで、現在女優のオリヴィア・マンと交際している アーロン・ロジャースの弟であるため。 ちなみに彼の肩書きは”元プロ・クォーターバック”。兄のようにNFLでのキャリアが花開かなかった彼は、 現在スポーツ・キャスターに転身を図っている真っ最中で、一部のゴシップ・メディアでは 彼が自分のネームバリューを上げるために 番組に出演し、実際には別の女性と密かに交際を続けていると報じられているのだった。

ウォッチ・パーティーの参加者は、バチェラレットのジョジョ自身もエンターテイメントの世界に興味を示していることから、 「彼女が最終的にジョーダンを選ぶだろう」という声と、 「ジョーダンが最終エピソードでジョジョにフラれて、彼が ジョジョと同じ道のりを辿って 次のシーズンの”バチェラー”になる」という意見に 分かれていたけれど、いずれにしても 「同番組のファンは熱い!」ということだけは確かなのだった。


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。



Shopping

FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

PAGE TOP