June Week 4, 2018
”Gabriela Bag & More"
”ガブリエラ・バッグ & More"


今日ここにご紹介するガブリエラ・バッグのオリジナルは、高額アパレルのデザインでも知られるガブリエラ・ハーストのニーナ・バッグ。
2年ほど前からファッション・ウィークのストリート・スナップやセレブのスナップに盛んに登場するようになったのがこのバッグであるけれど、 当初はストアでもインターネット上でも売っているのを見たことが無くて、誰がデザインするバッグであるかなどの詳細情報を知ったのは ニューヨーク・タイムズ紙が ニーナ・バッグの特集記事を手掛けた際なのだった。 それによれば セレブリティやファッション・インサーダーなど、デザイナー本人の知り合いやそのコネクションのオーダーで 生産キャパシティが一杯 とのことだったけれど、私がこのバッグをオーダーする機会に恵まれたのは昨年、 友達に連れられてアッパーイーストサイドのマダムが集まるチャリティ・イベントに出掛けた時のこと。
このイベントでは複数のデザイナーのエクスクルーシブ なプロダクトをカスタム・オーダーすることが出来て、 その売り上げの一部がチャリティに寄付されるという仕組み。 イベントに出品されていたプロダクトで私が唯一興味があったのがニーナ・バッグだったけれど、それは私だけではなかったようで、 同イベントでオーダーをすれば クロコダイルから、リザード、オーストリッチ、プレーン・レザーを含むあらゆる素材の好きなカラーで作ってもらえるとあって、 ニーナ・バッグのセクションだけ行列が出来ていたのだった。






せっかくのチャンスではあったものの、私にオーダーを思い止まらせたのがその約2000ドルというお値段。 ちなみにこれは普通のレザーの価格でクロコダイルだとその約6倍。 使い勝手が分からないバッグである上に、これだけの価格を出す場合に 私が考えるのが再販価格。 万一買っても使わなかった場合や、使ってみて気に入らなかった場合は、持っているよりも直ぐに売ってしまった方が 再販価格が高い上に クローゼットスペースが無駄にならないのは言うまでもないこと。
でも当時ニーナ・バッグは「知る人ぞ知る」という未だ知名度の低いバッグ。 今でこそ その希少性が評価されてリセール市場でもほぼ小売価格同等で売られているニーナ・バッグであるけれど、 昨年の段階では未だそんな域には達していなかったので、「無名ブランドのバッグに このお値段はToo Much」と考えた私は、形やデザインはとても気に入ったものの結局 購入せずに終わったのだった。

その私を 驚かせたのが ニーナ・バッグの10分の1のお値段で ニーナ・バッグと瓜二つの ガブリエラ・バッグ。 正直なところ 私はニーナ・バッグとの見分けが全く付かなくて、最初は値札が一桁間違っているのでは?と思ったほど。 そもそも同バッグのデザインが好きだった私は 即決で購入に至ってしまったのだった。




世の中にはいろいろな意味で ”便利” もしくは ”優秀” とカテゴライズされるバッグがあるけれど、 軽くて何でも持ち運べるバッグと共に、私が ”便利” 、 ”優秀” と考えるのはどんな服やオケージョンでも違和感無く持てるバッグ。
ガブリエラ・バッグは まさにそんなマルチ・オケージョンバッグで、実際にオリジナルのバッグはオプラ・ウィンフリーがロイヤル・ウェディングに持って参列していたかと思えば、 今週にはレディ・ガガもニューヨークのストリートでこれを持っている姿がスナップされていて、 ジーンズから、サンドレス、ビジネス・スーツまで、服も選ばないし オケージョンも選ばないバッグ。
私はそもそも大きなバッグは持たない主義だけれど、必要なものに加えてサングラスが入らないサイズのバッグは持たないポリシー。 なのでガブリエラ・バッグを購入した際も 先ずはサングラスを収納してみたけれど、スモールサイズを選んで写真下右のものが全て収納出来て 問題なく開け閉めが出来たのは嬉しいサプライズ。パーテーションに場所を取られてサイズの割に物が入らない シャネルの2.25バッグの 25cmよりもキャパシティがあるように思うのだった。






さてCUBE New York で昨今のサプライズヒット商品になっているのが  6月2週目のこのコーナーでご紹介した メディテーション・クリスタル・ピラミッドで、 昨日にはクリエーターから直々にお礼のメールまで頂戴してしまったほど。
既にご購入いただいているお客様にはご説明しているけれど、彼女が霊気を行って仕上げるメディテーション・クリスタル・ピラミッドなので、 CUBE New York での検品の際には手袋をして行っていて、 極力 ピラミッドを所有する人が 最初に手で触れることを強くお薦めしています。

何名かのお客様に「このピラミッドはこういう風に使えますか?」といったご質問を頂いたけれど、 基本的にはピラミッドには特定の決められた用途は無くて、自分のイメージや願掛けの目的で 逆に自分が望む効力をピラミッドに念じ込めることが大切。
それと願い事や目的別にピラミッドを複数所有する場合は、きちんとピラミッドごとに用途を限定するのはマスト。 同じ願い事を複数のピラミッドに念じても 念が分散してしまうだけです。

メディテーション・クリスタル・ピラミッドは、横になって瞑想する際にクリスタル・セラピーのように身体の上に乗せておくのにも適していて、 私が個人的に好むのは頭の天辺の気を発する部分に暫し乗せて置くこと。 でも どんなやり方であっても 毎日のようにインターアクションを持てば持つほど ピラミッドを手に持った途端に落ち着いたり、考えが纏まったり、決心がついたりなど、様々な効果をもたらしてくれるようになります。



Q&ADV from New York Eブック ダウンロード・サイトへ


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

PAGE TOP