Sep. Week 3, 2015
” Empire Season 2 and Fashion ”
エンパイア シーズン 2 & ファッション


9月になると、アメリカではフットボール・シーズンのスタートにエキサイトする人は多いけれど、 それと同時に、人々が心待ちにするのが TVの新シリーズや人気TVの新シーズンのスタート。
中でも、この秋最も注目を集めているシーズン・プレミアが9月23日に放映される「エンパイア」(邦題は「Empire 成功の代償」)のシーズン2。 「エンパイア」の人気は、今やアメリカでは社会現象と言われるほどで、 同番組のシーズン1は、アメリカの過去20年のTV業界で唯一、放映回数を重ねるごとに 視聴率をアップさせるという快挙を成し遂げているのだった。

そもそもここ数年のアメリカは 空前のTVドラマ・ブーム。 脚本の質が向上しただけでなく、2時間前後の映画では描けないストーリーの詳細を通じて、 番組キャラクターが視聴者とのエモーショナル・コネクションを築くため、 以前だったら絶対にTVシリーズに出演しないようなハリウッドの映画スターが どんどんTVドラマにキャストされるようになって久しい状況なのだった。
「エンパイア」にも、テランス・ハワード、タラジ・P・ヘンソンという、2004年に公開された映画 「Hustle & Flow / ハッスル&フロウ」の共演で 息の合った演技を見せた2人が主演でキャストされているけれど、そのストーリーは ヒップホップの世界でサクセスを収め、自らのレコード・ラベル「エンパイア」の 株式公開までこぎつけたルーシャス・ライオン(テランス・ハワード)と、 ルーシャスの元妻で、彼の成功のために刑務所に17年間服役した後、彼の前に現れ、 その成功の分け前と自らの権利を主張するクッキー・ライオン(タラジ・P・ヘンソン)、 そして2人の間に生まれ、それぞれに成長した3人の息子達をメイン・キャラクターに、 ファミリー&ミュージック・ビジネスにおける権力争いや確執、裏切り、恋愛、家族愛をドラマティックに描いたもの。

不治の病を宣告され、余命僅かとされたルーシャスは、3人の息子を前に 彼らの中の1人をエンパイアの後継者にすると宣言。 長男のアンドレは 高学歴の持ち主で、エンパイアの経理責任者として 経営に深く携わる立場。 なので後継者は自分と思い込んでいるけれど、家族の中で唯一音楽の才能が無いため、常に家族から阻害された意識を持つ存在。 白人の妻を持つ彼は、バイポーラー・ディスオーダー(躁うつ病)を患っているのだった。
次男のジャマルは、最も音楽の才能があり、温厚な性格。同性愛者である彼は、幼い頃から父親からの愛情を受けずに育ったものの、 シーズン1のラストでは、父親からエンパイアの後継者に選ばれるのだった。
そして三男のハキームは、生まれながらのラッパーで、派手好きかつ、まだまだ未熟。 当初ルーシャスが後継者に選ぼうと考えていたのが彼で、野心の強さは人一倍なのだった。

音楽業界を描くドラマだけに、「エンパイア」の大きな魅力の1つは その音楽。 ヒットメーカー、ティンバランドがミュージック・プロデューサーを務めているとあって、ヒップホップとポップを融合させた楽曲は、 非常に高く評価されており、「エンパイア」は視聴率と挿入歌が同時にNo.1を記録した 極めて珍しいTV番組になっているのだった。










アメリカは今週末に、TV界のオスカーと言われるエミー賞の授賞式を控えているけれど、 そこで誰もが「絶対受賞して欲しい!」と語っているのが、クッキー役でドラマ・シリーズの主演女優賞にノミネートされている タラジ・P・ヘンソン。 それほどまでに、彼女の当たり役であると同時に、アルター・エゴでもあると言われるのがクッキー・ライオンのキャラクター。
自分が服役している間に、すっかり身勝手に育った息子をほうきで叩きまくったり、 相手を ”ワンライナー(決めのひと言)”で威圧したり、やり込めたりするクッキーは、 従来のネットワークTVには見られなかった強烈なインパクトの女性キャラクター。

でも彼女のキャラクターは、女性にも 男性にも大人気で、 加えて女性が注目しているのが クッキーのファッション。 アニマル・プリント、ファー・コート、高額ハンドバッグ、スカイハイヒールなど、インパクトが強烈な 彼女のキャラクターをそのままに反映させたスタイルで、ワードローブの一部はタラジ・P・ハンソン個人のワードローブからも 来ているとのこと。
でも今や、「エンパイア」がメガ・ヒットとなり、そのファッションに人々の関心が集ってきたのを受けて、 同番組に商品を提供したいというデザイナーは目白押しで、そんなファッション・デザイナーからの売り込みの多さは、 「セックス・アンド・ザ・シティ 」以来と言われるほど。 ヒップホップ帝国を築いたビリオネア・ファミリーを描くドラマだけに、 クッキーやルーシャス、3人の息子達のファッションは、 高額を投じたトップ・デザイナーのトレンディ・アイテムで占められることになっているのだった。








「エンパイア」のファッションにおける影響力に着眼したサックス・フィフス・アヴェニューでは、 そのキュレーテッド・コレクション、すなわち既存のデザイナーブランドの商品の中から、 いかにもクッキーや番組のキャラクターが着用しそうなアイテムを選んで、 「エンパイア」コレクションを編集。その展開が既にスタートしており、 9月10日から10月7日まで、五番街のウィンドウが「エンパイア」コレクションで飾られることになっているのだった。
ちなみにサックスが同コレクションのために選んだブランドは、ジミー・チュー、クシュニー・エ・オックス、 アレクシス・ビターなど。

既にインターネット上では、シーズン2のティーザーがどんどん登場して、ファンの期待を煽っているけれど、 音楽、ファッション、ドラマに加えて 「エンパイア」の大きな魅力になっているのがゲスト・スターの豪華さ。
先シーズンは、ジェニファー・ハドソン、スヌープ・ドッグ、コートニー・ラヴ、ナオミ・キャンベル、グラディス・ナイト、リタ・オラ、 キューバ・グディング・ジュニアなどが登場したけれど、 シーズン2は、その一部がカムバックするのに加えて、メリッサ・トーメイ、クリス・ロック、レニー・クラヴィッツ、アリシア・キーズ、 ケリー・ローランドらの出演が既に発表されているのだった。 シーズン2はシーズン1より6エピソード多い 18エピソードで構成されているものの、 ストーリーラインに盛り込めないほどに多くのセレブリティから ゲスト出演オファーが殺到していることが レポートされているのだった。

今や、ビヨンセやリアーナといった音楽業界のスーパースターや、オバマ大統領夫妻までが大ファンというほどの サクセスを収めている「エンパイア」であるけれど、プロデューサーとクリエーターが TV局に同シリーズを売り込んでいる際は、多くの局に断られただけでなく、番組内容を馬鹿にされて、彼らは 「TVエグゼクティブとのミーティングの後、エレベーターの中で涙ぐんだこともある」と語っているのだった。
今年5月に「エンパイア」のシーズン1のファイナル・エピソードが放映された際には、 まるでスーパーボウルかオスカーのように 全米各地でウォッチ・パーティーが行われていたけれど、 それは、来週水曜日に控えているシーズン2のプレミアの際も然り。
同番組にすっかりはまってしまった私だけでなく、多くの人々が待ちきれないほど心待ちにしているのが、 「エンパイア」のシーズン2で、このメガ・ブームはしばらく続きそうな気配なのだった。

Will New York 宿泊施設滞在


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。


Shopping

FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

PAGE TOP