Oct. Week 3, 2014
”Milk Toast @ Uncle Boons' + More ”
ミルク・トースト@アンクル・ブーンズ+モア


昨今のニューヨークは、実力派の新しいレストランがどんどん登場 しているので、 ダイニング・アウトが益々楽しくなっているけれど、 2週間前にこのコラムでご紹介した ”Estela / エステラ”ほとではないものの、 私が昨今気に入ったレストランが、ノリータにある Uncle Boons' / アンクル・ブーンズ。
ここは、ミシュランで3つ星で獲得している トーマス・ケラーのレストラン、 Per Se / パー・セで、 長年シェフを務めたAnn Redding / アン・レッディング、Matt Danzer / マット・ダンザーが オープンしたヒップなタイ・レストラン。

ニューヨークでタイ・フードというと、見栄えのしないレストランで、お腹一杯味わって、税金+チップ込みで30ドル程度という イメージがあるけれど、アンクル・ブーンズは 一流レストランで働いたシェフの店とあって、食材にこだわり、これまで食べたことが無いような味わいの タイ料理をサーブするレストラン。したがってそのお値段も、税金+チップ込みで1人70ドル程度になるのだった。

さて、そのアンクル・ブーンのデザートで私が気に入ってしまったのが、 ここにご紹介するミルク・トースト。
そもそもフレンチ・トーストが大好きな私なだけに、甘いトーストには興味津々であったけれど、 実際味わってみると、素朴で懐かしい味。 作り方も至って簡単なのだった。








ミルク・トーストに使われているパンはブリオッシュ。日本の食パンでも もちろん代用が可能。
パンは、まずその全体がキツネ色になりかかるくらいにトーストしてから、バターを塗って、 それから片側だけにコンデンス・ミルクをブラシで塗って、その上からホワイト・シュガーとブラウン・シュガーをたっぷり振りかけるだけ。 2種類の砂糖を使うのは、ブラウン・シュガーの方が甘さに深みがある一方で、ホワイト・シュガーの方が キレイに焦げ目が付くため。
砂糖を振り掛けたトーストは、オーブンのブロイラーで、表面の砂糖が解けて、キャラメライズするまで焼いて出来上がり。 焼きたては、すごく熱いので、しばらく冷ましてからカットして、サーヴィングという運びになるのだった。

タイでは、砂糖を使ったトーストのデザートが一般的で、朝食にもよく用いられるとのこと。
アンクル・ブーンズでもすっかり人気になったこのデザートは、 「ドーナツやクロナッツより、ヘルシーで美味しい」とさえ言われていて、 フード・ブロガーがこぞって絶賛しているのだった。








でもアンクル・ブーンズの名誉のためにあえて申し上げておくと、同店はこんな素人でも出来る料理で メニューが構成されている訳ではなく、前述のように上質な食材を用いたタイ料理で、純粋に美味しいと思えるグルメなエスニック・フード。 スパイスの使い方が洗練されていて、それと同時にインテリアもスタイリッシュ。

また同店では、ワインよりもカクテルがお薦めで、 料理にマッチする、独特のカクテルが楽しめるのだった。

オクトパスのグリルや、スウィート・ブレッドのフライをあしらったサラダ、 そしてカリカリに上げたヌードルがトッピングされた、グリーン・カレーのヌードルなど、 お薦めのディッシュは沢山あるけれど、デザートはこのミルク・ブレッドとパフェをオーダーして ブレッドをアイスクリームにディップしながら食べるとさらに美味なのだった。




ところで、今回のタイトルの+Moreの部分が何かと言えば、 私がすっかり信者となっているスキンケア・ブランド、ローダンから 来年1月に発売される 新製品(写真上)のトライアルを今週からスタートしたというご報告。

このプロダクトは、言ってみればジェル状のステッカー。これを目の下などに貼り付けて 眠るだけで、シワを改善してくれるというプロダクト。
目の下はボトックスを打つ訳にも行かず、フィラーを入れて 目の下のくぼみを改善するのがせいぜいであるけれど、 だからと言って決して伸びないのがシワ。 有名な皮膚科の女医でも、目の下にだけは年齢相応のシワがあるケースが少なくないけれど、 このプロダクトは、週に3回、目の下に貼り付けて眠るだけで、エイジングの永遠の悩みを 解決してくれとのこと。
ローダン側では既に同プロダクトをトライしたテスティモニアルの改善ぶりを写真入りで紹介して、プロモーションを行っているのだった。 お値段はこれまでのローダンのプロダクトの中で最も高額であるけれど、それでもラメールよりは安いという価格。
今のところローダンは、私のアダルト・アクネから 日焼けのシミまで、全て宣伝文句どおりに改善してくれているだけでなく、 両親の肌まで、私が写真を見て うなってしまうほどに若返らせてくれているプロダクト。 そんなこれまでの貢献度を思うと、試さずにはいられないのが実情なのだった。

果たしてこのプロダクトが、私にどれほどまでの効果をもたらすかはお楽しみ!
私はローダンのコンサルタントになっているので、一足早くこのプロダクトを試すチャンスに恵まれているけれど、 NYエリアにお住まいのローダン・ユーザーのためには、もうすぐ ”ローダンの会”(押し売りの会ではありませんので、ご安心を!)を企画する予定なので、 ご興味がある方には、その時にお分けいたします。

ローダンはMLMで販売されている商品ですが、安全にご購入されたい方は、ここをクリックしてお問い合わせ下さい。


Will New York 宿泊施設滞在



執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。


FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

PAGE TOP