Sting's $56 Million Stylish Duplex Penthouse
スティングが約63億円で売りに出した
アッパー・ウエストサイドのハイステータス・ペントハウス

Published on 5/8/2017



スティング&トゥルーディ・スタイラー夫妻が4月末に売りに出したのが、彼らが2008年に2700万ドルで購入したペントハウス。 その売値は購入価格の2倍以上の5600万ドル(約63億7000万円)で、かなりアグレッシブと言える価格設定。
そうなっても仕方がないのは、このペントハウスが位置するビルディング、15 Central Park Westが 特にステータスが高いビルディングであるため。 著名な建築家、ロバートA.M.スターンがデザインしたこのビルディング(写真上)は、 ニューヨークのアップタウンで最もプレステージが高い住宅ビルディングとして知られ、 その最大の魅力は美しい建物の外観もさることながら、セントラル・パークを一望するビュー。 そしてその厳重なセキュリティも著名人や裕福なビジネスマンには大きな魅力になっていますが、 同じビルの中にロバート・デニーロ、ゴールドマン・サックスのCEO、ロイド・ブランクフェイン、トム・ハンクス、 アレックス・ロドリゲス等、数多くのセレブリティが暮らすのも同ビルでイングのステータスを高めている理由の1つ。

同ビルには7人のコンシアージュ、6人のドアマン、8人のロビー・アテンダントがいる他ポーターが8人、 荷物の受け取り代行のスタッフが3人、セキュリティ・ガード4人、それ以外にもエンジニアなどスタッフも大勢擁していて、 ホリデイ・シーズンにコンシアージュが住人から受け取りチップの総額は軽く1千万円以上。 そんなハイステータスも手伝って、同ビル内の物件は滅多に売りに出ることが無いとあって、 スティング夫妻が強気のお値段を付けたのも納得がいくところ。

以下ではその約64億円のペントハウスのインテリアとアメニティの一部をご紹介しています。






デュプレックスのペントハウスが位置するのは、ビルの16階と17階。セントラル・パークとミッドタウンのビューが楽しめる広いリヴィング・ルームからは、 直ぐにテラスに出られるようになっています。 この部屋のカーテンの費用だけでもかなりの軽く数百万円と言われています。



カラフルにデコレートされたダイニング・エリア。ウッドパネルとホワイト・ウォールが穏やかなコントラストを見せるインテリアは、 モダンでクリーンな仕上がりで、コンテンポラリー・アートが映えるセッティングになっています。


Duplexの上のフロアに上がるらせん階段。アートをLEDのカラー照明で後ろからライトアップしているところがユニークなプレゼンテーション。


セントラル・パークを見渡すマスター・ベッドルームからは、テラスに出ることが可能。東南に面した窓から、 朝日がふんだんに入るレイアウトになっています。


複数あるフル・バスルームのうちの1つ。ホワイトのライム・ストーンでクリーンで洗練されたイメージ。バスタムの中から マンハッタンのビューが楽しめる作りになっています。





ペントハウスの総面積は5500スクエア・フィート(511平方メートル)、 そこに約1200スクエア・フィート(111平方メートル)のテラスがついいるので、 ここを利用してブランチや、ビューを楽しみながらのカクテル・パーティーなどが出来るセッティングです。


アイランドがダイニング・テーブルになるキッチンは、ケータラーが入って料理をするのにも十分なスペース。 ここにも階段が位置しているのおかげで、上階に居てもすぐにキッチンにアクセスすることが可能です。




インドア・スイミング・プールは、その天井のグラス・シーリングが、ビルのルーフ・テラスのファウンテン(噴水)プールのボトムになっているので、 バックストロークで泳いでいると水の中にいるような気分が味わえる空間になっています。

Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 Fyre Festival Disaster

 

PAGE TOP