Vo.5 Nov. 2014
Masako Amati

正子 アマーティさん
風水コンサルタント/風水研究家





★ プロフィール ★
風水コンサルタント/風水研究家 ふうすいNEW YORK主宰。風水研究歴18年。1999年よりNY在住。
引越しや旅行の多くの経験から、環境が人間に与える影響について興味を持ち、趣味から本格的に勉強するために 数名の風水マスターより風水を学ぶ。その後、世界五大風水師の一人として知られる香港の風水グランドマスター、 盧恆立(レイモンド・ロー)老師に師事、風水・四柱推命・易を学ぶ。 現在、レイモンド・ロー老師の日本語通訳を担当。日本の風水、四柱推命、易の講座などの通訳を務める。
ニューヨークを拠点に風水鑑定、風水講座、ワークショップ、セミナーなど主催。
ふうすいNEW YORK 公式サイト::http://www.fusuiny.com





風水を生活に取り入れるメリットを簡単に教えてください。



風水を取り入れるということは、環境と人間の調和を意味します。 自宅や、オフィス、その周囲等、自分を取り巻く環境においてのネガティヴなエネルギーを排除、もしくは軽減して、 ポジティヴなエネルギーを新たに導入、もしくは増やすことによって、その場に居ることが 心と身体の健康面に好影響となって現れますし、 生活の質の向上にも繋がります。
しかしながら、風水の全てのルールに捉われるのではなく、環境と人間の調和という視点に立って、自分にとって居心地の良い空間、 精神的な落ち着きや安らぎが得らるなど、自分が好きな空間であることも非常に大事なことだと私は考えます。


日本の風水は商業ベースに走って、本来の風水ではないと言われますが、
正子さんは日本の風水をどう思われますか?



日本で風水という言葉が知られるようになった90年代頃は、「どこに何を置けば金運アップ」という感じの ”開運の鍵”として、 メディアに大きく取り上げられたと記憶しています。 そんな開運ビジネスの風潮が その後も続いて、お金が貯まるお財布や、パワーストーン等、開運グッズを売るための マーケティング手段に使われているのが日本の風水ではないかと思うことがあります。 実際に、風水のセオリーとは全く関係が無く、"XX風水" と、言葉だけが風水となってしまっているものもあるのは否めません。 (注:開運グッズそのものの効用を否定しているわけではありません。)
でも最近では、日本においても伝統的かつ、本来の風水、すなわち人と環境、陰陽のエネルギー等にフォーカスした風水を 広めようとする風水師がいらっしゃいますし、私自身そうした方達を個人的に存じています。 本当に深く風水を勉強されて、知識のある風水師になればなるほど、 商業ベースに乗った簡略コンセプトを唱えたり、 万人に当てはまるセオリーを語ったりすることはできません。 その意味で、風水師が 風水ビジネスで成功するというのは相容れないコンセプトであると個人的には思っています。


風水は正子さん自身の人生/生活にどんな変化をもたらしましたか?



風水は、学べば学ぶほど奥が深くて、毎日が勉強です。 私は 毎朝、その日の風水エネルギーを確認するのが日課になっていますが、そんな風水を学ぶことの楽しさは生活の大切な一部です。
また自宅を改装する際などは、時期的にその位置の改装に向かない場合は 延期してもらいますし、 重要な事をする場合には、良い日を選んだりもします。 投資物件の購入の際にはもちろん風水チェックをしました。
何を幸せと思うかの価値観は、人それぞれなので、私が考える幸せが万人に当てはまるとは思いませんが、 私にとっての幸せとは、夫婦円満で、家族も仲が良く、素晴らしい友人と健康に恵まれて、好きな仕事を順調にやっていけることです。 その意味で、私はとても幸せで、ラッキーだと いつも感じています。 そう感じるのは、生まれ持った運気や、その時々の運気、その他の様々な要素が絡むので、風水だけで 幸せになれるとは思っていませんし、人生なのですから 全てが上手く行かない時期があっても当然です。 でも、自分の居る環境が自分に及ぼす影響はとても大きいと、自らの経験から感じていますので、 風水が 確実に今日の私自身の幸福の一部を担っていると思っています。


風水が最も誤解されていると思う点、
一般に理解されていないと思う点は何で しょう?



風水とは元来、中国で古代から研究された環境に関する体系化された知識であり、学問ですが、 迷信、おまじない、宗教、なんでも叶う魔法(笑)などと誤解されている場合があるようです。
日本では家相や気学等と誤解されている場合が少なくないのと、前述のように お財布やパワーストーン等、 プロダクト販売のための商業ベースのコンセプトを風水と誤解する人が多いと思います。
アメリカにおいては 風水をインテリアのコーディネート学だと思ったり、部屋の中に水晶を置く事だと勘違いされていることがしばしばです。


風水を積極的に生活に取り入れる人、もしくは正子さんのクライアントは、
どん な人間性やライフスタイルの方が多いのでしょうか?



風水を生活に取り入れる私のクライアントさんは、大きく分けて2タイプがいらっしゃいます。
1つは持って生まれた命運が弱い方、もしくは、誰にでも大なり小なりある 運気が低迷している時の方など、自分を守りたいというタイプです。 私個人は、自分自身の命運や運気の弱さに気付いて、それに取り組めることは ラッキーであると考えます。
もう1つは、好奇心旺盛で、自分に良いことは何でも取り入れて行こう と考えるオープンで、ポジティブなタイプです。 どちらも 年齢、性別、職業、そのライフスタイルは、様々ですが、 特に長いお付き合いになる方々は、謙虚で素直、そして常識のある方達です。





ご自身の性格を3つの形容詞で現すと…?



自分自身で 客観的に捉えるのは難しいですが、「頑固」、「こだわりがある」、「裏表がない」といったところでしょうか…。 身近な友人などが ポジティブに指摘してくれるところによれば、私の性格は「誠実」、「素直」、「真面目」 らしいです。


気分転換やストレス解消でなさること、趣味やライフワークは?



ワインや日本酒と共に、美味しいお食事を 親しい友人達と頂くこと。 アーユルヴェーダのマッサージ、旅行、読書など。


日ごろ、バッグの中に入れて持ち歩いているものは?




リップバーム、リップグロス、携帯用羅盤、お守り、アイフォン




全く見ず知らずのクライアントのお宅を
風水のリーディングで訪ねる際の心構えとは?



鑑定物件の周りの環境を事前にチェックしてから、お約束の時間に伺うようにしていて、 もちろん時間厳守も心掛けます。
知人や別のクライアントさんからのご紹介の場合でも、知人を介したお申し込みで無い場合でも、 初めての方との出会いにはワクワクするタイプですが、やはり初対面の私を ご自宅やオフィス等に 招き入れて下さる訳なので、日ごろよりはみなりにも気を使います。
その他、特にNY在住の日本人クライアントさんの場合、日本人コミュニティで様々な方々が繋がっていますので、 当然のことながら、守秘義務は堅く守っています。


イタリア人のご主人とイタリア国内をかなり旅行されている正子さんですが、
これまで訪れて最も気に入っているイタリアの街は?



夫とのイタリア旅行は、基本的に彼の里帰りなので、家族や友人のいるミラノ (写真上左)、ローマ、ジェノバ、ピエモンテ州の小さな都市や街など、 北イタリアが中心ですが、どこに行ってもユニークで大好きな街ばかりです。 その中でも、ほぼ毎年訪れるオルタ・サン・ジュリオ(写真中央)は キュートでお気に入りの場所のひとつです。ここは義母方の叔父の功績で、 道のひとつに義母方のファミリーネームがついていて、先祖のお墓もあり、オルタ湖のすぐ傍には代々ファミリーが所有する住居のひとつもあって、 私達夫婦にとっても特別な縁があるところです。
ローマより南へはなかなか行くチャンスがなかったのですが、今年の9月にシチリアに出掛けて、 私がかねてから行きたかった映画「ゴッドファザー」のロケ地(写真右)を中心に 義妹が組んでくれた効率的なルートで旅をしました。 移動中の車からの景色に魅了され、義理妹がアレンジしてくれたホテルも素晴らしく、 何処へ行っても人々がフレンドリーな上に、ワインやお食事もとても美味しくて、是非また行きたい場所の1つになりました。


編集後記
正子さんと私は、Cube New Yorkがかつて行っていたネットワーク・パーティーで知り合って以来、 既に10年以上のお友達です。 お互いに美味しい食事を美味しいワインと味わうのが大好きなので、これまで共通のお友達と一緒に 何度ディナーをしたか分からない仲。
そんな個人的な信頼関係もあって、Will New Yorkの留学生に対しての風水レクチャーもお願いしましたが、 とても気さくで、先入観無しに、親身になってリーディングやレクチャーをして下さる正子さんは 留学生にとても好評で、 正子さんの風水セッションをCube New Yorkのコンシアージュのクラス・ラインナップに加えさせていただくようにお願いした次第です。
正子さんは、ポジティブ・エネルギーに溢れた、話しているだけで楽しい女性。 なので、コンシアージュでは従来、正子さんがなさっている風水のリーディングだけでなく、 レクチャー・ディナー(ディナーをご一緒しながらの風水のレクチャー)も オファーしていくことにしています。 (詳細は今後、コンシアージュのセクションでご説明します)
風水のリーディングは信頼出来る方にお願いすることも大切ですが、 ポジティブなエネルギーをもたらして下さる方にお願いするのも大切なポイント。 その意味でも正子さんは、風水のコンサルタントに 非常に適任でいらっしゃると私は考えています。

Yoko Akiyama, Cube New York, Inc.

Will New York 宿泊施設滞在



NYer's プロファイル Vo.4 Oct. 2014  増田奈奈さん NYer's プロファイル Vo.3 Sep. 2014  堀古英司さん NYer's プロファイル Vo.2 Aug. 2014 村松 京子 さん


PAGE TOP