20 Brand Tweets Celebrating Marriage Equality

連邦最高裁の同性婚合憲判決直後に、
20のブランドが発信したセレブレーション・ツイート




2015年6月26日に連邦最高裁判所が 同性婚を認める判決を下しましたが、 この判決は 全米の同性愛者が長年待ちわびていたもの。
これによって、全米50州で同性愛者の結婚が合法となり、同性カップルも異性カップル同様に、 税金をジョイント・ファイルしたり、健康保険や年金において配偶者としての扱いが受けられるようになっていますが、 それ以上に同性愛者にとってこの判決の意味が大きいのは、 彼らの結婚が様々な意味で差別を受けることが無くなったため。

この判決を祝って、6月26日にはホワイト・ハウスもLGBTのシンボルであるレインボー・カラーでライトアップされていましたが、 そのレインボー・カラーやセレブレーション・ムードは、今や世論を最もスピーディーに反映するツイッター上でも然り。 多くのゲイ・セレブリティが喜びのツイートをしていた一方で、企業やブランドも様々な映像やイメージを用いて セレブレーション・ツイートを行うことにより、LGBTコミュニティにアピールすると同時に、 企業の社会的ポジショニングを明らかにして、そのブランド・イメージを高めていました。

昨今の企業やブランドは、いち早く世の中の出来事に対応して、著名人が死去すれば追悼のツイッター、 おめでたいことが起これば祝福のツイッターを競って発信する傾向にありますが、 こうした企業イメージを高めるビジュアルを既に用意して、出来事に対応するのは、今や一流企業でなくとも 徐々に当たり前の時代になってきています。

以下では、そんな20の企業とブランドの同性婚合憲のセレブレーション・メッセージを ご紹介します。



Target / ターゲット (大衆量販店)






American Airline/ アメリカン・エアライン






YouTube / ユーチューブ








AT&T / エーティー&ティー






Expedia / エクスペディア (旅行サイト)






Macy's / メーシーズ (大手デパート)






The Weather Channel / ザ・ウェザー・チャンネル (ケーブル天気予報局)






Absolut Vodka / アブソルート・ウォッカ






Starbucks Coffee / スターバックス・コーヒー






Game Of Thrones / ゲーム・オブ・スローンズ (TV番組)






Snickers / スニッカーズ






Kelloogg's / ケロッグス






Ugg Australia / アグ・オーストラリア






Miller Lite / ミラー・ライト






Uber / ウーバー






Walgreens / ウォルグリーンズ






JetBlue Airways / ジェットブルー・エアウェイズ






VISA / ヴィザ・カード






Gap / ギャップ






Jell-o / ジェロー





Will New York 宿泊施設滞在



Shopping

2015年オスカー、レッド・カーペット・ビューティー 2015年グラミー賞、レッド・カーペット・ファッション 2015年、ウエストミンスターの番狂わせ

PAGE TOP