Feb. Week 2 2018
★ "How to Handle Bragging Parents"
"いい加減にしてほしい我が子の自慢、
親バカを通り越して周囲をウンザリさせます"



秋山曜子さま
CUBE New Yorkの長年の愛読者です。出産前後に一時遠のいたことがありましたが、既に15年以上サイトにアクセスして、お買い物もさせて頂いています。 子供は上が7歳、下が5歳になり、時が経つ早さに驚いています。

秋山さんにご相談したいのは、そのママ友軍団の中の何人かの人たちの事です。 その人たちのお子さんは、確かに優秀だったり、お稽古事で特別に表彰されたり、大会でメダルを受け取ったり、 何かの代表に選ばれたりしているのですが、会う度に我が子の自慢話ばかりしています。 自慢話でない時も、子供の話題から遠ざかるとすれば、何処かのレストランに行ったというような話ですが、 そこで出された料理について説明している時も、「この前真似して自分で作ってみたら 、 ママが作った方が美味しいって子供に言われた」みたいな話になって、 子供の話抜きに会話が成立することはありません。

最悪なのは、子供の自慢話をするママ友同士が張り合うことで、 まるで自分の子供の方が凄い、優れていると競争しているみたいです。 あえてその人たちを外して会っている時はいつも 「親バカを通り越して、ウンザリするね」など呆れていますが、 その張り合いが始まると、日頃は自慢をしないママ友も 聞いていて楽しくないこともあって 「それだったらうちの子もそう。それって凄いことなの?」とか言ってしまうので、 どんどん険悪な雰囲気になります。

それとは別に、「うちの子は日ごろはのんびりしていて、こんなんで大丈夫なのかしらと思っちゃうんだけれど、xxxをやらせてみると凄いのよ」とか、 「私みたいな抜けている親に育てられている割には、テストを受けてみたら一番で…」みたいに、 謙遜と自慢をミックスするような人も居て、そういう人はきっと猛烈に自慢するママ友と一緒になりたくないから そういう態度を取っていると思うんですが、 自分のことをボロクソに謙遜しても、結局は子供の自慢で終わるので、本当に疲れてしまいます。
それを避けるために子供が居ない友達をミックスして会うように心掛けていて、 そういう友達は 別の話題をしてくれるのですが、子供が居る友達が3人で、子供が居ない友達が1人という場合は、 直ぐに子供の話になって 子供が居ない友達が退屈そうにしているのが分かりますし、 私も友達の子供の自慢話、既に三回も四回も聞いた話を順番を変えて聞かされたところで 楽しくありません。

私の子供は至って普通なので、私の立場で「子供の自慢話ばっかりでつまらない」と言えば、周囲からはひがんでいるようにしか聞こえないのは分かっています。 一度ママ友の1人に「子供が表彰されたり、代表に選ばれたりすると、親は自慢したくなるものなのよ」と言われたことがあって、 確かにうちの子もそんな風にメダルとかを取っていたら、自分もそうなっていたかと思うと、文句を言う立場じゃないようにも思います。
秋山さんは、こういう子供の自慢ばかりする親達をどう思いますか。 それって子供のためになるのでしょうか。
ママ友たちに子供の自慢話を止めさせるのは不可能ですが、それについて秋山さんが何かアドバイスや分析をして下さったら、 それを聞いているのが苦にならないと思います。 変な質問で申し訳ないのですが、お時間がありましたら、是非お願いします。
これからもお身体にご留意されてご活躍下さい。応援しています。

-H -





私は自分に子供が居ないので、子供の話や自慢話を聞いているのは、話として面白い場合は、全く聞いていて苦にならないだけでなく、 逆に勉強になるとさえ思って聞いていたりします。
育児をする必要が無い私にとって、そういった親達の会話が勉強になるのは、どういうメンタリティで子供を育てているかや、 育児がそれぞれの親達の生活や精神状態において どれほどのボリュームを占めているか、その愛情の注ぎ方、夫との育児を巡るやり取りなどが 心理学という人間の学問において非常に参考になるためで、実際にその親たちの子供がどんな風に育っているかを見ることは 更に勉強になります。 特に4歳くらいの年齢だと、例えば親が忙しくて、ベイビー・シッターとばかり時間を過ごしている場合、そのバックグラウンドを知らなくても、子供が私と遊ぶ様子から それが分かったりするので、親との係わりが子供の人間性や将来に 如何に大きく影響を及ぼすかが非常に良く分かります。 そうしたことは自分に子供が居ない状態で、客観的に観察・分析しているからこそ 分かる事だとも思っています。

私は時に友達に頼まれて、友人の子供のキャリア・カウンセリングのようなことをする場合がありますが、 友達である親の立場が理解出来る一方で、私自身が親になったことが無いので、 子供の気持ちや考えを尊重するという点では、親達と意見が食い違う場合が少なくありません。 そんな時に親である友達に、自分が同年代だった時のことを思い出させるのも私の役割だったりします。 人間は親になった途端に子供を 親としての立場からしか見ることが出来なくなるので、自分の成長期の気持ちをすっかり忘れて、 親に対して最も反感を抱いたことを 自分の子供にもしているケースは少なく無いのです。

さて、子供の自慢話をする親についてですが、その姿勢には2通りがあるように思います。 1つは親が子供を自分の所有物や分身と思って自慢しているケース、もう1つは自分については自慢を控える人が、 子供は自分ではないと考えるので、友達を褒めるのと同じような感覚で、友達以上の情報量と自分の気持ちを盛り込んで賞賛しているケースです。 どちらも聞く側にとっては同じ自慢話ですが、それを発信する側は前者が盲目的な賞賛であるのに対して、後者は主観的な客観性を持ち合わせているので、 自慢話の内容が単なる子供の賞賛ではなく、そこに行きつくまでのサクセス・ストーリーの詳細になっていたりします。

それを聞かされる子供側にしても、親が自分に過度な賞賛をするのを聞いて 恥ずかしい、照れくさいと感じる子供が居る一方で、 そんな親の自慢話を気分良く、親同様に誇りに思って聞いている子供も居ます。
前者は 思春期を迎えた際の親への反抗が、「親のリアクションが疎ましいので、親には何も話さない」という形で現れるケースは少なくありません。 後者はプライドや自信が実力以上に高まってしまい、入試の失敗から、好きな相手に嫌われる等、 全ての負けたり、失敗したり、拒まれる状況に際しての 落ち込みやストレス、怒り等のリアクションが大きくなる傾向にあります。 そしてそんな成長期に身についたメンタリティは、一生に渡って影を落とすことになります。

英語では自慢話をすることを ”Bragging / ブラギング” と言いますが、それには ”Parental Bragging / ペアレンタル・ブラギング” 、すなわち ”親による子供の自慢” というカテゴリーが立派に存在して、それがインターネットやソーシャル・メディア上のディスカッションで頻繁に問題視されていたりします。 また、 Hさんの別のお友達がしているような、自分の謙遜で前置きをした後に子供の自慢をするという行為は、 ”Humble Bragging / ハンブル・ブラギング” と呼ばれています。これには子供の自慢に限らず、 例えば「他に優秀な人は沢山居るのに、何故か私がベストに選ばれたの!」とはしゃぐような様子も含まれます。
ハンブルは謙虚という意味ですが、謙虚にへりくだった部分が、あまりに白々しい場合や、不必要に何度も謙遜する場合には、 聞かなければならない自慢話の量がそれだけ増えることを意味するので、アメリカ社会ではハンブル・ブラギングを嫌う人が少なくありません。

いずれにしても 親が子供の自慢ばかりしている場合、それを聞いてつまらない、もしくは快く思わない人は沢山居る訳で、 私が個人的に親達がそれを控えるべきと思うのは、そのせいで親が周囲から密かに嫌われるのは自業自得ですが、 それによって子供まで一緒に好感を持たれない存在になってしまうためです。 そうすると、やがて就職など、大人の知り合いのヘルプやサポートが必要になった場合に、「あれほど自慢するくらい優秀なはずだから、大丈夫でしょ?」とか、 「お宅は実力だけで勝負できるでしょう?」などと あしらわれて、散々言ってきた自慢話のせいで 周囲から助けが得られなくなってしまうのです。 またそう言い続けてきた親本人も、子供のために頭が下げられないメンタリティになっていますので、 周囲にサポートを頼むことが出来ません。
実力さえあれば、「そんな助けなど要らない」と、強気な考えをする親も居るようですが、どんなに実力があっても、 それを試してもらえるチャンスが与えらえるとは限らないのが世の中です。 実力社会と言われるアメリカでも、コネクションがあって初めて実力が物を言うケースは少なくありません。 実力だけでそのレベルまで辿り着くのは大変な事ですし、10歳、12歳の時の優秀さが、肝心の大学受験や 就職の際まで持続するとも限りません。

私が 親による子供の自慢話についての不満や論議を耳にする度に思い出すのが、 以前私が非常にお世話になっていた女性の言葉です。 その方は、「子供が居ると、自分はこんな人には絶対に世話にならないと思っていても、”ひょっとしたら子供がお世話になるかもしれない” と思うから、 人付き合いにおいて謙虚にならざるを得ない」と 常日頃から 言っていました。
その言葉を聞いて、私も 就職の際に両親の友人にお世話になったこと等、思い当たる節がいくつもあったので、 「自分も両親にそういう思いをさせていたんだろうな」と思ったのをよく覚えています。

ですので私は 親が本当に子供に対して愛情があるのであれば、困った時に助けてくれる人が居るように 自分の人間関係の中に子供のためのサポート・システムを築いてあげるべきだと考えています。 そのためには 友達にも自分の子供を可愛いと思ってもらえたり、信頼してもらえるように 努めるべきであって、 子供の自慢話がその逆効果で、決して助けにはならないことを一日も早く悟るべきだと思います。
そもそも世の中というのは、実力だけでサクセスを収めている人の方が少ないのです。 単に優秀な人間よりも、世渡りが上手く、人を魅了し、人脈を上手く使える人間、 それらを利用して運を呼び込める人間がサクセスを収めるのです。
もちろん、こうした事はHさんから 子供の自慢をするママ友に説明や警告をする必要などありません。 お友達が 「Hさんの子供だから助けてあげよう」、「Hさんの子供は良い子みたいだから、面倒をみてあげよう」 という気持ちになってくれるようにするためには、そんな余計な説明や警告などは一切控えて、常に周囲と上手く、楽しくやっていくべきなのです。

また子供というものは驚くほど親から様々なことを学んでいます。 ですから、親は自分が子供になって欲しい人間として振る舞うべきだと私は常々思っています。 例えそれが完璧な人間像で無くても、幸い子供たちの学習能力というのは 親の想像をはるかに超えるものですので、 自分が完璧でないことを心配する必要はありません。
Hさんがこの機会にご自身の人間関係への対応や、気持ちの処理の仕方などを見直して、 穏やかに、楽しく生きることは、きっとお子さんの 好感が持たれる人柄、人の助けが得られる人柄の形成に役立つことと思います。
何でも自分で出来る人間には限界がありますが、人の助けが得られる人間の可能性は無限大なのです。

Yoko Akiyama


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください

プライベート・セッションはこちらからお申し込みください


執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。 丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。

Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

Q&ADV プライベート・セッション

PAGE TOP