June Week 5, 2019
★ "Should I Support My Gay Son in Law?"
夫が反対する義理の息子のゲイ・ウェディング


Yoko さま、
CUBE NYのサイトが大好きで、長年愛読しています。私もアメリカ生活が長い秋山さんのお知恵とアドバイスを頂きたくてメールをしています。 よろしくお願いします。
私は昨年アメリカ人の夫と再婚しました。夫には成人した娘と息子が1人ずついて、息子がホモセクシュアルなのです。 夫は敬虔なクリスチャンで(私もミッション系の学校に通ったクリスチャンです)、息子がゲイだということがどうしても許せず、 私たちの結婚式の時に「フィアンセを連れて出席する」と言い張る息子と対立して、結局 息子は私たちの式だけに1人で姿を見せましたが、レセプションには出席せずに帰ってしまいました。

今年の夏にその息子がついにフィアンセと結婚することになったのですが、夫は反対で結婚を認めない、ウェディングにも出席しないと言っています。 私は息子のことは良く知らないのですが、礼儀正しいハンサムな好青年だと思いますし、 私たちの結婚式にはフィアンセを連れて来られない不満を抱きながらも姿を見せてくれたので、 同じようにせめて式にだけでも出席してあげたいという気持ちだったのですが、最初は夫には許してもらえませんでした。 ですが夫の娘に 私だけでも式に出て欲しいと言われ、義理の息子の産みの母である夫の前妻が乳がんで死去しているので、 私が出席することは息子にとって意義深いことだと説明されました。
そんな娘の説得もあって、夫は「行きたければ勝手に行ってくれ。でも自分が結婚をサポートしているような印象は与えないで欲しい」というところまで 態度が軟化しました。 それでも私たち夫婦の間では、私が息子のウェディングに出席することが何等かのしこりのようになっていて、 息子について夫に尋ねると不機嫌で、冷たくなります。

友人に相談してみたのですが「夫と私の関係の方が 私と息子との関係よりも大切なので、 ウェディングへの出席は見合わせて、替わりにお祝いのギフトを贈る方が良いのでは?」と言われました。 確かに私は息子のことは殆ど知りませんし、付き合いがある訳でもありません。 本当に私が出席することに意義があるかも定かではありません。 ですので夫との関係が気まずくなるリスクを冒してまで、ウェディングに出席するべきなのか?という疑問は残ります。
でも私も最初の結婚の際に、一人娘が外国人と結婚してアメリカに行くのを嫌った父が結婚式に出てくれなくて、とても寂しい思いをしたので、 その時のことを思うと、夫の代わりにはなれなくても少しでも義理の息子をサポートしてあげたいという気持ちが強いのです。

秋山さんだったら、この状況でどうなさるでしょうか? 私はどうするべきでしょうか? お考えを聞かせて頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

- E -



オクラホマの”スタンドイン・マザー” のエピソード


6月はLGBTQ月間なので、今月はアメリカでLGBTQ関連の様々な報道が通常より大きく行われています。
そんな中で、私が感動したのがオクラホマ州のある母親(写真下)のエピソードでした。 敬虔なクリスチャンであった彼女が自分の息子がゲイであることを知り、自分の宗教観から息子との関係が保てないと思った時期もあったそうですが、 やはり信仰心に勝るのが親子の絆。 その母親はゲイの息子をサポートする決心をし、親子の関係が修復されてから悟ったのが、 宗教観に捉われていた自分が如何にゲイ・ピープルに対して偏見を持っていたか、 そして自分の凝り固まった宗教観がいかに息子に辛い思いをさせてきたかということ。
その母親は、自分に正直に生きようとして家族から絶縁されたり、距離を置かれるLGBTQコミュニティ全体を サポートしたいと考え、地元のイベントやマラソン大会で LGBTQコミュニティのシンボルであるレインボーと 「Free Mom Hug / フリー・マム・ハグ」というメッセージをフィーチャーしたプラカードを持って立ち、 もう何年も母親とハグをしていないLGBTQの人々に母親のぬくもりと励ましを提供する活動をスタート。 そうするうちに彼女が知ったのが、 ようやく同性婚が法律で認められてもLGBTQカップルの多くが 家族のサポートが得られず、親が出席しないウェディングが非常に多いという事実。
そこで彼女がフェイスブックにポストしたのが「LGBTQで母親が結婚式に出席してくれない場合には、私が代わりに出席します」 というメッセージ。 すると地元のオクラホマやアメリカ国内だけでなく、世界中から寄せられたのが「自分の結婚式に是非出て欲しい」というリクエスト。
彼女は本当にそれらの結婚式に出席しては、実の母親のように「I am proud of you(貴方を誇りに思うわ)」とハグをして、 新郎、新婦をセレモニーに送り出し、フラワー・アレンジを手伝い、時に式のオフィシエーション(執行)までを務めるという献身ぶり。 これまで数多くのLGBTQカップルのウェディングに立ち会い、それらのカップルと本当の家族のように結婚を祝い、その後も コミュニケーションを取り続けて、巨大なファミリーを築いている彼女は「LGBTQ’s Stand In Mother / LGBTQのスタンドイン・マザー(立ち合い母)」として 数々のメディアで取り上げられては、人々から共感を呼ぶ存在になっているとのことでした。
私が観たNBCニュースのビデオでは、そこに登場していた新郎が結婚式当日、初めて対面したスタンドイン・マザーと ハグをした途端に泣き出し、彼女に励まされて笑顔を取り戻す様子がフィーチャーされていましたが、 そんなLGBTQコミュニティの心の痛みを理解して、その一生の思い出になるウェディングというオケージョンで、 彼らが得られずに生きてきた母親の愛情を注いで幸せをもたらしてあげよう というこの女性の姿には、 私も感動しただけでなく、敬意さえ抱いてしまいました。


 これは宗教観ではなく、家族愛の問題です


私は義理の息子さんとの付き合いが無くても、Eさんがウェディングに出席してサポートを示すべきだと思いますし、 それはご主人も構わないとおっしゃっているのですから、ご主人との仲を気遣って取り止める必要などありません。 義理の息子さんにとっては 「父親が自分をサポートしてくれる女性と結婚した」ということが希望に繋がると思います。
Eさんは法律上では立派に彼の母親なのですから、堂々と式に出席して前述のスタンドイン・マザーのように母親として彼を祝福してあげるべきです。

それと同時にEさんが息子さんの結婚式に出席するということは、ご主人の血を分けた息子さんをサポートするためであって、 ご主人との見解の相違を荒立てるものでもなければ、宗教的見解とも無関係であることをご主人に対して明確にするべきです。 そしてご主人に対しても 宗教観やLGBTQへの考えを抜きにして、息子さんに家族としてのサポートを示すように働きかけるべきです。 息子さんもLGBTQとしてのプライドで意地を張らずに、Eさんとご主人の結婚式には家族として出席してくれたのですから、 尚のことそうすべきなのです。

事実、どんなに敬虔なクリスチャンでも家族愛のために神の教えに例外を設けているケースは全く珍しくありません。
ジョージ・W・ブッシュ大統領の父親で人工妊娠中絶の違法を訴えていた故ジョージ・H・ブッシュ大統領が プレスに「自分の孫がティーンエイジャーで妊娠した場合でも中絶はさせませんか?」と尋ねられて、 「自分の家族である場合は、必ずしも政治的、宗教的立場をそのまま反映させる訳ではない」と答えたことがありますが、 敬虔なクリスチャンを謳ってキリスト教右派を支持ベースにしている政治家であっても、自分やその家族には例外を認めるものなのです。 これは政治的な見地からは「ずるい」、「虫が良い」姿勢ですが、人間という立場から見れば 誰もがやっていることであり、宗教という”建て前”をさて置いて そうすべきケースは非常に多いのです。

私の目から見れば、Eさんのご主人と義理の息子さんのケースはまさにそれに当たります。 敬虔なクリスチャンであるご主人が LGBTQや同性婚を認める必要はありませんが、自分の息子には それとは無関係に愛情とサポート示すべきなのです。 それを今しなければご主人がこの先の人生の何処かで 深く後悔して、自分を責める日が来ると私は確信します。

Eさんがご主人に息子さんのことを尋ねると不機嫌に冷たくなることにしても、 もしEさんが子供の頃の息子さんについて尋ねていたのであれば、 ご主人は 息子に愛情と期待を掛けていた頃の自分を思い出したくなかったのかもしれません。 キリスト教のコンサバティブな男性であれば、息子の将来に自分の夢や理想を描いて その成長を自分の生き甲斐として捉えていた時期が必ずあるはずです。
最初はEさんのウェディングへの出席に反対していたご主人が 出席を認めるほどに態度を軟化させたのですから 私は ご主人がLGBTQを嫌っても、息子さんを嫌っている訳ではないと考えます。 むしろ宗教の教えに背き、世間体が悪いLGBTQに対する反発によって息子さんへの愛情に蓋をして、押し殺そうとしているだけかもしれません。

アメリカには自分の子供がLGBTQであることを知って、その事実を受け入れるのをきっかけにLGBTQコミュニティに理解を示すようになる クリスチャンの親達がどんどん増えています。 一度子供を通じてLGBTQが何たるかを理解すると、 前述のオクラホマのスタンドイン・マザーのように熱心なサポーターになるケースも珍しくありません。 ニューヨークにはLGBTQを受け入れている教会が幾つも存在しますので、 ご主人と息子さんの関係は宗教観の問題ではなく、親子として歩み寄れるかの問題だと思います。
ですので私は ご主人にも「式に姿だけでも見せるように」とEさんが説得を試みることを強くお勧めします。 恐らくEさんも、娘さんも ご主人は絶対に出席しないだろうと思って さほど熱心に出席を説得していないように思います。
ですが、もしご主人が自分のウェディングに息子さんがフィアンセを連れずに姿を見せたことで、「意見の相違は別として、 息子としての義理を果たしてくれた」という気持ちを抱いていた場合には、 「自分もせめて同じことをするべきでは?」と考えていても不思議ではないのです。 特に男性は一見頑固に見えても実は内心「こうした方が良いかもしれない」と思っていたりしますし、自分では進んで行動に移せない場合、 誰かの後押しを待っているケースは多いのです。そして嫌々行動を起こしているように振舞って、 実はその行動を楽しんだり、それを行うことに安堵感や満足を覚えるケースは少なくありません。

全てが必ずしもそれに該当するとは限りませんが、Eさんが 最初の結婚式でお父様の不在を寂しく思った経験などをふまえて説得を試みれば ご主人も 息子さんがして下っさったように 式にだけなら姿を見せるかもしれません。 人間というのはとても不思議な生き物で、確執や平行線状態が長ければ長いほど、小さなコミュニケーションが信じられない展開をもたらすことは多いのです。 ですので、Eさんには是非頑張ってご主人を説得して頂きたいと思いますし、それをきっかけにご主人と「本当の意味での家族の幸せ」を 考える機会を持つことは、たとえ結果がどうあれ Eさんの夫婦関係にマイナスになることは決してないものと思います。

Yoko Akiyama


★ 書籍出版のお知らせ ★


アマゾン・ドットコムのサイトからの予約注文
楽天ブックスからの予約注文


このセクションへのご質問は、ここをクリックしてお寄せください

プライベート・セッションはこちらからお申し込みください

執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。 Eコマース、ウェブサイト運営と共に、個人と企業に対する カルチャー&イメージ・コンサルテーション、ビジネス・インキュベーションを行う。




Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

Q&ADV プライベート・セッション

当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2018.

PAGE TOP