Two New Super Popular Pizza Spots
”Lions & Tigers & Squares Detroit Pizza” & ”Una Pizza Naporetana”


マンハッタンに新たにオープンした人気の2つのピザ・スポット、
”ライオンズ&タイガーズ&スクエア デトロイト・ピザ” & ”ウナ・ピッツァ・ナポレターナ”

Published on 7/28/2018


ニューヨーカーが 最も頻繁に食べるものと言えば、ハンバーガーより 圧倒的にピザ。
ランチでも、ディナーでも、自宅でのテイクアウトやデリバリーでも、とにかくニューヨーカーが好むのがピザ。 そもそもニューヨークはピザの激戦区。ニューヨーク・スタイルと呼ばれる 大判の円形&ミディアム・クラストのピザが ニューヨーカーのフェイバリットであり、ピザの王道のプライドにもなっているけれど、 現在ニューヨークで話題になっている2軒のピザ・スポットは、 そんなニューヨーク・スタイルではなく、スクエア・シェイプのデトロイト・スタイルと、 直径が小さく ドウにモチモチ感があるナポリ・スタイル。 以下ではその2軒をご紹介します。



Lions & Tigers & Squares Detroit Pizza
ライオンズ&タイガーズ&スクエア デトロイト・ピザ


2018年春にオープンしたライオンズ&タイガーズ&スクエア デトロイト・ピザは、 その名の通り デトロイト・スタイルのスクエア・シェイプのピザの専門店。
とは言っても ニューヨークで最初にデトロイト・ピザをトレンディングにしたのは、ブルックリンに数年前にオープンした エミリーズで、エミリーズは昨年 ウエスト・ヴィレッジ店をオープンする躍進ぶりを見せているけれど、 同店のシグニチャーであり、人気メニューがデトロイト・スタイルのピザ。 デトロイト・ピザとは、ブラウニーを焼くようなスクエア・パンにドウを入れて焼き上げるピザ。 通常のピザのドウよりもフカフカしていて、パイというよりもブレッドに近いテクスチャー。 でもメタル・パンで焼き上げられるので、ボトムやエッジ、コーナーはカリカリ。 そのカリカリさと ピザの中央のフカフカした柔らかさのコントラストがデトロイト・ピザの最大の魅力で、 最初は「デトロイト・スタイルなんて邪道」と馬鹿にしていたニューヨーカー でも、 一度味わうと その美味しさを認めざるを得ないものになっています。






そんなニューヨークでのデトロイト・ピザ人気を受けて、本場から進出してきた同店のメニューはソーダ等のドリンク以外は ピザのみで、 その種類は クラシック、ペッパロニ、ソーセージ&オニオン、マッシュルーム、ベイビー・ミートボール、ブラック・オリーブスの6種類。 一番人気はペッパロニで、その名の通りペッパロニ(サラミ)がパイの上にふんだんに乗っているけれど、 ニューヨークのピザのトッピングに乗っているより直径が小さなペッパロニは、独特の歯ごたえ。
店名になっている ライオンズ&タイガーズは、スポーツ・ファンならだれもがピンと来るけれど、 NFLのデトロイト・ライオンズとメジャーリーグのデトロイト・タイガースというデトロイトの2つのスポーツ・チームから来ているもの。 同店自体はデリバリーはしないものの、シームレス、グラブハブ、ポストメイツ、トライキャビアなど、 ニューヨーカー にお馴染みのデリバリー・サーヴィスが使える上に、 お値段はどのパイも10ドル以下で、これだけでかなりのボリューム。 しかも夜中遅くまで経営しているのも魅力で、 ミートパッキング・ディストリクトのクラブ帰りのクラウドの夜食スポットとしても人気を博しています。

Lions & Tigers & Squares Detroit Pizza
268 W 23rd St, New York, NY 10011 TEL: (917) 261-6772
ウェブサイト:https://www.lionsandtigersandsquares.com/



Una Pizza Naporetana / ウナ・ピッツァ・ナポレターナ



ナポリ・スタイルのピザを妥協を許さない職人堅気のスタイルで 四半世紀以上に渡って クリエイトし続けたアンソニー・マンジエリが マンハッタンのローワー・イーストサイドに 2018年春にオープンしたのがウナ・ピッツァ・ナポレターナ。
ニューヨーク・エリアで彼が初めて同名のピザ店をオープンしたのは1997で、そのロケーションはお隣ニュージャージー州のジャージーショア。 やがて2004年には マンハッタンのイースト・ヴィレッジで同名のピザ店をリオープンしており、 アンソニー・マンジエリがクリエイトするのはドウを3日間、冷蔵せずに熟成させるナチュラル・プロセスとバッファロー・ミルクの モッツァレラ・チーズしか使わないというこだわりが強いピザ。 そのためニューヨーク・スタイルのピザが2ドルで買えた2004年当時に 17ドルというデザイナー・プライスで知られていたのが彼のピザ。 でもその味わいはニューヨーク・タイムズ紙のフード・クリティックから絶賛され、一時はニューヨーカー に人気を博したものの同店は2009年にクローズ。
その後、サンフランシスコに移った彼は オープン直後はピザ1枚に20ドル、やがて25ドルをチャージする 高額ピザ・レストランをオープン。やはり現地で高い評価を得たものの 昨年その店をクローズし、再び戻ってきたのがニューヨーク。
したがってここにご紹介するのはニューヨーク ウナ・ピッツァ・ナポレターナ 4.0 とも言える店舗で、 ライオンズ&タイガーズ&スクエア デトロイト・ピザが その場でのスタンディングのイートイン、もしくはテイクアウトのいわゆるピザ・スタンドであるのに対して、 同店は列記としたレストランとして経営されているビジネス。ティラミス等のデザートや パスタ、ブーラッタといったディッシュが ピザと一緒に味わえるスポットになっているのだった。



時代が経過しても、プロセスにこだわる 彼のピザ製法は全く変わらず、店内にあるブリック・オーブンでメイド・トゥ・オーダーで焼き上げられるのが同店のピザ。 オープン・キッチンのレストラン内では、アンソニー・マンジエリが ドウを伸ばしてオーブンに入れる姿が眺められるようになっていて、 それがエンターテイメントにもなっているのが同店。
しかしながら、現時点ではクリティックがウナ・ピッツァ・ナポレターナに厳しい評価を下しているのは、 ピザの激戦区であるニューヨークには、ロベルタ、ケステといった優秀なナポリタン・ピザのスポットが近年どんどんと人気を高め、 しかもそれらがウナ・ピッツァ・ナポレターナの半分のお値段で同様の味わいを提供しているため。 したがって ピザそのものは 美味であっても、お値段や評判に対する期待感の高まりや 他のナポリタン・ピザとの比較がディスアドバンテージに働いているのが メディアのクリティックやフード・ブロガーによる評価。
それでも同店は 1枚25ドルを支払っても まずはアンソニー・マンジエリがクリエイトする 本場のナポリタン・ピザを味わってみたいというニューヨーカーで連日大人気の盛況ぶり。 一部には、彼の過去の3店舗と同様、「一通りのブームが去ったら 生き残りが難しい」と指摘する声が聞かれるものの、 今回のビジネスは2人のビジネス・パートナーを迎えて資金的には以前よりしっかりした体制。 しかもロケーションは、外食が多いミレニアル・リッチの住人が多い ローワー・イーストサイドであるのも大きな強み。
営業時間は月曜から土曜日まで 午後5時半オープンの 午後11時クローズで、日曜日が定休日となっています。

Una Pizza Naporetana
175 Orchard St, New York, NY 10002 TEL: (646) 692 3475
ウェブサイト:http://www.unapizza.com


Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, ケイト・スペイド ハンプトン・サマーハウス

PAGE TOP