Tao's French Restaurant,
Cathedral @ Moxy East Village


モキシー・イーストヴィレッジとその中にオープンした
Taoグループのフレンチレストラン、"カテドラル" & More

Published on 10/18/2019


このところマンハッタンでチェーンを拡大しているのがマリオット系列のブティック・ホテル・チェーン、Moxy / モキシー。 モキシー内のレストランとクラブ兼ラウンジはTaoグループが手掛ける契約を交わしており、 マンハッタンのチェルシー地区にオープンしたモキシー ・チェルシー内のレストラン、 Feroce / フェローチェ、およびそのトップフロアのラウンジは以前ご紹介した通り。
2019年9月12日にオープンしたばかりのモキシー・イーストヴィレッジは、モキシー・チェルシー、その前にオープンしたモキシー・タイムズスクエアに続く マンハッタン3軒目。 イースト・ヴィレッジは音楽的にはラモーンズ、ブロンディ、マドンナ等、数多くのミュージシャンを生み出した歴史があると同時に、 ヒップなアーティストやパフォーマンス・アーティストが好んで暮らしたエリア。それを反映したロックンロール、アート、カルチャーを ホテルのコンセプトに取り入れたのがモキシー・イーストヴィレッジとなっています。



客室数は286で、コンパクトかつスタイリッシュなデザイン。 ロビーにあるアルファベット・バー&カフェは、夜はカクテル、日中はコーヒーとペストリー等が味わえるボヘミアン・シックが漂うレトロ・モダンな空間。
加えてWeworkのようなコミュナル・ワークスペース、ゲーム・エリア、ハイテク・アメニティを備える一方で、 マンハッタンの著名なヴィンテージ・ブックストア、ストランドから取り寄せた本のライブラリー、レコード・アルバムのコレクションを備え、 宿泊客のリクエストに応じて、レコード・プレーヤーを部屋に貸し出すサービスも展開。                                 イースト・ヴィレッジというエリアのキャラクターが反映される一方で、ミレニアルをターゲットにしているとあって宿泊費は手ごろ。 そのためモキシーはマンハッタンを訪れる旅行者の間で最も人気のホテル・チェーンになりつつある存在です。




レストラン、Cathedral / カテドラル


前述のようにモキシー・ホテル内のレストラン、バー&ラウンジを担当するのがTao グループ。
そのTaoグルプがモキシー・イーストヴィレッジ内にオープンしたのはカテドラルとネーミングされたフレンチ&地中海料理のレストラン。
インテリアを手掛けたのは、Taoグループのレストラン全てを手掛けるロックウェル・グループで、圧巻の天井のアートは イタリア人アーティスト、エドアルド・トレソルディがクリエイトした”フィルモア”とネーミングされたワイヤー・スカルプチャー。 これはかつて”ロックンロールのカテドラル”という異名を取った ”フィルモア・イースト” をインスピレーションにクリエイトされたことからついたネーミング。 来店客の多くが食事や会話の合間に天井を見上げてはその詳細を見入ってしまう迫力あるアートで、 コッパーやゴールドがミックスしたスカルプチャーのバックグラウンドを飾るのがコバルト・ブルーのヴェルヴェットの巨大なドレープ。
ロックウェル・グループならではのシアトリカルなセッティングはメイン・ダイニング・ルームだけでなく、バーエリア、 プライベート・ダイニング・ルーム、グリーン・ハウスのようなインドア兼アウトドア・ダイニング・エリアにも反映され、 様々な雰囲気のダイニング・エクスペリエンスが体験できるようデザインされています。
BGMのボリュームはTaoグループのレストランの中では比較的控えめながらも レストランとしてはかなりのハイボリューム。 ホテル同様、レストランもミレニアル世代のモダンでテック・サヴィ、ヘルス&エコ・コンシャスの客層を狙ったコンセプトが 感じられるものになっています。






サーヴィングされるのはフレンチ&地中海料理でありながら、Tao系列のレストランとあってコースで味わうのではなく、 テーブルでシェアしながら楽しむスタイル。
意外な名物メニューになっているのがオムレツで、写真上のようにキャビアをふんだんにトッピングするなど、オムレツとは言え豪華版。 10月から1月までのホワイト・トリュフのシーズンは、キャビアの代わりにホワイト・トリュフをテーブル・サイドですり下ろしてサーヴィングする トリュフ・オムレツがメニューに加わっています。 また同じくホワイト・トリュフのシーズンには、ホワイト・トリュフのパスタもメニューに加わっていて、それも人気のメニュー。
カテドラルのフードは、バターやソースを使ったフレンチ系ではなく、イタリア系の地中海料理のキャラクターが強く、 誰もがブーラッタ、ハマチのタルタルなど、誰もが好むシンプルなグルメ・アイテムがメニューを構成しています。



メインディッシュは魚介類が充実していて、 肉料理は3〜5人でシェア出来るリブアイが人気メニュー。 前述のようにアペタイザーからメイン、サイド・ディッシュまでをシェアしながら味わうので、 カジュアルかつクラビーな雰囲気で、リラックスしながら料理が味わえるのは大きな魅力。
サーヴィスはとてもフレンドリーで、料理やワインのチョイスを好みに合わせてアドバイスしてくれるのはもちろんのこと、 圧巻のダイニング・ルームのデザインについてもウェイトスタッフが説明できる知識を備えています。
オープン直後のニューヨークの人気レストランにはヒップな客層が付き物ですが、 現在のカテドラルも連日のようにビューティフル・ピープルで賑わっており、とても華やかな雰囲気。 イーストヴィレッジで最もアップスケールなレストランになっています。

Little Sister lounge / リトル・シスター・ラウンジ


写真上はモキシー・イーストヴィレッジの地下にTaoがオープンしたクラブ兼ラウンジ、リトル・シスター・ラウンジ。
ホテル内の施設とは言え、カテドラルおよび リトルシスター・ラウンジの入り口はストリート沿いに別途に設けられていて、 ラウンジはコッパー・トーンのインテリア。1990年代のイースト・ヴィレッジのアンダーグラウンド・バーを再現したと言われるこのラウンジは、 著名バウンサーのワス・スティーブンソンがドアポリシーを担当。ヴェルヴェット・ロープをしっかり張って客層をコントロールしているものの、 現時点ではクラブに入店するのに 200〜500ドルの支払いノルマを設定していることから クラブゴーワーから猛批判を浴びている状況。
クラブ兼ラウンジとしてはモキシー・チェルシー内の方が、インテリアや夜景が華やかとあって ファッション・ウィークのイベントやアフター・パーティーで使用される等、 人気と評判が高い状況となっています。


Moxy East Village
112 E 11th St, New York, NY 10003
Tel:(212) 288-6699
Website: http://moxy-hotels.marriott.com/nyc/east-village/




Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, グウェン・ステファニ@50

★ Q&ADV 書籍出版のお知らせ ★



アマゾン・ドットコムからのご注文
楽天ブックスからのご注文


当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2018.

PAGE TOP