Most Trending in NY! Vietnamese BBQ Restaurant,
"Madame Vo BBQ"


厳寒のニューヨークで毎晩賑わう、2019年フード・トレンドの目玉
ヴェトナム版焼肉レストラン、 ”マダム・ヴォーBBQ”

Published on 2/1/2019


アメリカでは過去数年、徐々にコリアン・バーべニュー、すなわち焼肉レストランの人気が上昇してきたお陰で、 これまではKタウンに集中していた コリアン・レストランが 徐々に他のエリアにオープンするようになって久しい状況。
ニューヨークでは ”アップスケールな韓国焼肉”のコンセプトでオープンした コリアン・ステーキ・レストランの Cote / コテ がミシュラン・スターを獲得したり、 コリアン・シェフによる韓国懐石レストラン、Atomix / アトミックス が 2018年にオープンしたレストランのNo.1に選ばれる等、 徐々にグルメ界にコリアン・パワーが拡大している真っ最中。 それと同時に2017年から続いている、ミドル・イースタンを始めとする様々なエリアのエスニック・グルメの快進撃も 目覚ましいのもニューヨークで、ここにご紹介するマダム・ヴォーBBQはそんなニューヨークのトレンディングかつ エスニック・ニューウェイブの目玉として、人気と注目を集める存在です。



 



マダム・ヴォーBBQがオープンしたのは2018年12月19日で 未だオープンしたてですが、 その前に同店のオーナー&シェフのイェン・ヴォーとジミー・リが2017年にイースト・ヴィレッジにオープンしていたのが ヴェトナミーズ・レストランのマダム・ヴォー。 アメリカ人にあまり馴染みが無いタイプのヴェトナミーズ・グルメ・キュジーヌを手掛ける同店は、 あっという間に人気を博して、特に巨大な骨付き肉が乗ったダイナミックなスープ・ヌードルは 同店を訪れた誰もがオーダーするシグニチャー・ディッシュ。
そんな2人が マダム・ヴォーから僅か数ブロック離れた同じくイースト・ヴィレッジにオープンしたのが、 それよりカジュアルな雰囲気のマダム・ヴォーBBQで、全85席の店内はカラフルでキッチュな雰囲気。 グリル・テーブルは日本の焼肉屋に良く見られるスタイルのもので、 同店の目玉ディッシュとなっているのが、「bo 7 mon」とネーミングされた7種類の異なる 牛肉の部位のセット、お値段は59ドル。 日本人にとっては焼肉の感覚でグリルすれば良い肉のセットも、アメリカ人には 焼き具合が分からない人も多いので、スタッフが親切に教えてくれるのは 料理を美味しく味わってもらうための同店のサービスになっているのだった。





マダム・ヴォーBBQが 通常の焼肉レストランとは異なるのは、様々な人気アラカルト・ディッシュが用意されているので、 グリルを使わない食事をする来店客も多いこと。
”マスト・トライ” のアイテムとして フード・ブロガーからフード・クリティックにまで評価されているのは、 ビーフのカルパッチョ、グリルド・チキン・スキューワー(いわゆる焼き鳥)、 オックステール・コンギー、チャード・ウニ、 グリルド・オイスター・ウィズ・味噌マヨネーズ。中でも ウニを殻ごとグリルしたチャード・ウニは インスタアピールが高いとあって多くの来店客が必ずオーダーするディッシュ。
「イースト・ヴィレッジのヴェトナム料理」という 大衆フードのイメージを描いてやってきた来店客の中には マダム・ヴォーBBQのグルメ度の高さに驚く人々は多く、 食材は全て新鮮で上質。 その意外かつ斬新、しかも独特の食材やスパイスの組み合わせを 気取りの無いカジュアルなセッティングで味わえること、 またグループ・ダイニングにも適していることから、 あっという間にマンハッタンで最もホット、かつトレンディングなスポットになっているのがマダム・ヴォーBBQ。 いかにもミレニアル世代にアピールしそうなレストランでありながら、 その味の良さ、特に他では味わえないエスニック・グルメとあって、 幅広いニューヨーカーにアピールしています。







前述のメニューに加えて人気が高いのはライスペーパーを水につけて、自分でロールアップして味わうサマー・ロール。 ポーク・ミートボールと野菜、ヌードル等を巻きこんで、スパイシーなソースにディップして味わうDo It Yourself のディッシュは 手巻き寿司パーティーの感覚でアメリカ人にとっては目新しい楽しさ。
中には「ヴェトナム料理の割に料金が高い」、「コリアン・バーベキューに比べてずっと割高」という声もあるけれど、 35日間ドライエイジさせたビーフやウニ、車エビなどの食材を考えれば 1人120〜150ドルのディナーはリーズナブル。 やはりある程度の人数で出かけた方が数多くのディッシュが味わえて、 お値段も割安になるようです。
マダム・ヴォーBBQは年中無休で、現在はディナーのみの営業で午後5時半から11時が営業時間。 もう1軒のマダム・ヴォーは月曜が定休であるものの、火曜日〜日曜日の正午〜4時までランチ・タイムの営業があります。

Madame Vo BBQ
104 2nd Ave New York, NY 10003 (b/t 7th St & 6th St )
Phone: (917) 675-7570
ウェブサイト:https://www.madamevobbq.com/

Madame Vo
212 East 10th Street New York, New York 10003 Phone: (917) 261-2115
ウェブサイト:https://www.madamevonyc.com/

★ Q&ADV 書籍出版のお知らせ ★



アマゾン・ドットコムからのご注文
楽天ブックスからのご注文



Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, ケイト・モス&ジョニー・デップのタウンハウス

当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2018.

PAGE TOP