2018 Oscar Red Carpet & After Party Jewelry
2018年 オスカー・レッド・カーペット& アフター・パーティー・ジュエリー・レビュー
Published on 3/6/2018


2018年3月4日に行われたのがアカデミー賞授賞式 ですが、毎年 ファッションと共に話題をレッド・カーペット上で注目を浴びるのがジュエリー。
かつてはオスカーのレッド・カーペット・ファッションがその年のフォーマル・トレンドに影響を与え、 オスカー・ジュエリーが ジュエリー業界のトレンドに影響を及ぼすと指摘されてきましたが、 昨今ではレッド・カーペット・ジュエリーがゴージャスになり過ぎて、一般の人々のトレンドとは程遠くなってしまったのが実情。
今年のオスカーで目立っていたのは、カラー・ストーンを用いたゴージャスなネックレスで、 インパクトのあるものが多かった一方で、 イヤリングのみというセレブリティも多く、その場合はアール・デコ・スタイルやシャンデリア・イヤリングがメイン・ストリーム。 ゴールデン・グローブ賞で数多くのセレブリティがエメラルドのジュエリーで登場していましたが、 オスカーではエメラルドが影を潜めていた印象となっています。
以下ではそのオスカーのレッド・カーペット上と オスカーのアフター・パーティーとしては最大規模の ヴァニティ・フェア誌のパーティーに登場したセレブリティの ジュエリーをご紹介します。




写真上は、今回のオスカーで最も話題を集めたジュエリーで、ガル・ガドットがジヴァンシー・オートクチュールのドレスに合わせてつけたのが ティファニー&Coのブルー・ブラック・コレクション。合計61カラットのアクア・マリーンと1000個のダイヤモンドがあしらわれたロング・ネックレスは クラシックでありながらモダンなデザイン。製作に1年が掛かったことが伝えられています。



写真上 左は、プレゼンターとしてステージに上がったアシュレー・ジャッドで、アール・デコ・スタイルのイヤリングはブルガリ、インパクトのあるネックレスはザミール・カッサム。
写真上 右は 、アルマーニ・プリヴェのガウンで登場したもので、それに合わせたシャンデリア・イヤリングはトータル23.5カラット、 ブレスレットはトータル37.6カラットとトータル 13カラット、リングは4.7カラットと5.5カラットで、全てダイヤモンド&プラチナ製で、 ハリー・ウィンストンのもの。



写真上は、オスカー史上最大サイズのハリー・ウィンストンのダイヤモンド・ネックレスをグッチのドレスに合わせて登場した セルマ・ハイアック。そのカラット数は不明であるものの、お値段は約4億5000万円とのこと。 ペアシェイプのダイヤを用いたイヤリングだけでもトータル27.5カラット、オーバル・カットのダイヤモンド・リングは約12カラット。



写真上 左は、マシュー・マコナヘイ夫人であるカミラ・アイヴス。ホワイトのボリュームのあるドレスにつけていたのが、ショッパールの 73.74カラットのルビー、アメジスト、ダイヤモンドのネックレス。
写真上 右は 、「レイディ・バード」で監督賞にノミネートされていたグレタ・ガーウィック。ロダルテのサフラン色のドレスにコーディネートしたネックレスは、 ムーン・ストーン用いたもので、ルイス・コンフォート・ティファニーがデザインした ティファニー&Co のアーカイブ・コレクションのもの。ダイヤモンド・ピアスと、写真に写っていないサファイア・リングもティファニーのもの。



写真上は、ファッショニスタとして知られるゼンダイアで、彼女が着用したジャンバティスタ・ヴァリのドレスは、 ファッション業界関係者の間では大好評。アール・デコ・スタイルのダイヤモンド・イヤリングはブルガリのもので、 ダイヤモンド・バングルもブルガリのもの。



写真上 左は、ブルーのシンプルなドレスにハリー・ウィンストンのサファイアのネックレスとイヤリングをコーディネートとしたヘレン・ミレン。
写真上右は、助演女優賞を受賞したアリソン・ジェニー。リーム・アクラのドレスに合わせたフォーエヴァー・マークのテニス・ネックレスはトータル128カラットで、 約4億円。



写真上 左は、エマ・ストーン。ルイ・ヴィトンのモダンなパンツルックで登場した彼女がつけていたのはヴィンテージ・スタイルのイヤリング。
写真上 右は 、今年のオスカーのベスト・ドレッサーの1人であったアリソン・ウィリアムス。ドレスにマッチしたイヤリングはハリー・ウィンストン。


写真上 は、どちらもエミリー・ブラント。左側が授賞式のショッパールのイヤリングで、右側がヴァニティ・フェア誌のパーティーに出席するために ドレスを着替えて登場した際のジュエリー





写真上 左は、4年ぶりにアカデミー賞授賞式に登場したサンドラ・ブロック。ルイ・ヴィトンのドレスに合わせたイヤリングは、一見小さめに見えるもののトータル25カラット。
写真上 右は 、アニメーション・ショート・フィルム部門を受賞したNBAプレーヤーのコビー・ブライアントの夫人であるヴァネッサ・ブライアント。 ロレーヌ・シュワルツのルビーとダイヤモンドのネックレスは約3億4000万円。 ダイヤモンド・ピアスは、片側5カラットのトータル10カラット。



写真上 左は、ヴァニティ・フェア誌のパーティーでスナップされたアマンダ・セイフリッド。若々しい印象のテニスネックレスをストラップレスのレース・ドレスにコーディネート。
写真上 右は 、同じくヴァニティ・フェア誌のパーティーでのケイト・ボスワースで、メークからジュエリーまでが 全てドレスにコーディネートされた印象。ジュエリーはピアジェのもの。



写真上 はルピータ・ニョンゴ。左側はヴァニティ・フェア誌のパーティーにブラック・ドレスで現れた際のスナップで、フォーエヴァー・マークのイヤリング。 写真右はオスカーの授賞式で着用したヴェルサーチのガウンに、ニカワ・コレクションのイヤリングを合わせたもので ドレスとはミスマッチの印象。



写真上 左は、ヴァニティ・フェア誌のパーティーでのケンドール・ジェナでロレーヌ・シュワルツのペアシェイプのエメラルドとダイヤモンドのシャンデリア・イヤリングをブラックの 超ミニドレスにコーディネート。
写真上 右は 、ヴァニティ・フェア誌のパーティーでのナオミ・キャンベル。シンプルなホワイトのパンツスーツに、 見るからに高額なステートメント・ネックレスで登場。チェーンにもダイヤがふんだんに あしらわれたネックレスはブルガリのもの。

Photo: Getty Image, Wire Image,


Shopping
home
jewelry beauty health apparel rodan

2018 oscar キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子

PAGE TOP