Katie Holmes' New & Trend Setting Style

$520のカシミアブラ完売で脚光を浴びたケイティ・ホルムズのファッション・パワー、
40歳のキャリア・マムのトレンディング・スタイル

Published on 9/6/2019


8月末にニューヨークのストリートで、娘スリとタクシーを拾おうとする姿がスナップされたのがケイティ・ホルムズ。 その時に彼女が着用していたのが写真上中央のカシミアのカーディガン(1540ドル)と そのマッチング・カシミアブラ(520ドル)。 このスナップがメディアのウェブサイトに掲載され始めてから、ほぼ1時間で完売したのがこのカシミアブラ。 これをクリエイトしたのはニューヨークのKhaite/ケイトというブランド。 一般の人々には未だ馴染みが無いカルト・ブランドの高額品が完売したということで、 メディアが一斉に再注目したのがケイティ・ホルムズのスタイル。
現在40歳を迎えた彼女は、ハリウッドではなくニューヨークを基盤に女優業とシングルマザーをこなす身。 以前、ニューヨークのデザイナーとのコラボでファッション・ブランドを手掛けていたこともある彼女は、 独特のセンスの持ち主ですが、そんな彼女が過去数年オン&オフで交際したジェイミー・フォックスと初夏に別れたのを前後して、 彼女のストリート・スナップが増えており、スタイリストやブロガーが彼女のスタイルに注目し始めた矢先に 大きな話題を提供したのが カシミアブラ完売のニュース。
ここではそのケイティ・ホルムズの2019年に入ってからのスタイルを、娘のスリのファッションと共にご紹介します。




写真上はスタイルが異なるジーンズの着こなし。 左はメイドウェルのTシャツにヴェジャ&メイドウェルのスニーカーというスタイル。 左から2番目が話題を集めたカシミアブラ&カーディガン。ケイティは このアンサンブルをデザイナーに提供されたのではなく、自費で購入したとのこと。 バッグはフィリップ・リムでシューズはアクネ・スタジオ。
右から2番目はシンプルなクロップ・タンクにウラ・ジョンソンのワイドレッグ・ジーンズ。 一番右はウラ・ジョンソンのプリント・ブラウス。



写真上左はウィルフレッドのスプリング・コートにクロエのバレエ・フラット。 左から2番目はカジュアルながらシャープなオールブラックのアウトフィット。
右から2番目のスタイルアクセントになっているネオン・イエローのパンプスはサンローランのもの。 一番右はマーク&スペンサーのTシャツにアクネ・スタジオのスカート、クリスチャン・ルブタンのサンダル。



写真上左のパンツはブランドは不明であるものの、この夏アメリカで人気だったドローストリング・スタイルのもの。
左から2番目はヴィクトリア・ベッカムのスーツでバッグはフィリップ・リム。
右から2番目はジーンズ&Tシャツにオーバーサイズ・トレンチを合わせたコーディネートで、 足元のイザベル・マランのスニーカーはこの秋のトレンディアイテムの1つ。
一番右はシンプルなデニムルックにグッチのローファーをコーディネート。ケイティはグッチのスニーカーと ローファーは複数所有しています。




写真上は右から2番目のプリント・ドレスを除いて全てウラ・ジョンソンのドレス。 写真左と右の足元のスタッズ・サンダルはイザベル・マランのもの。



写真上左はアルトゥザッラのニットドレスにデニムジャケット、シャネルのお気に入りのバッグをコーディネート。 左から2番目はグッチのニットにのジーンズ、スニーカーはコモン・プロジェクト。 右から2番目のホワイト・ブレザーはサンローラン。右のレザー・ジャケットなアクネスタジオの製品。



写真上はデニムを一捻りしたアウトフィット。 一番左のデニムコートの足元はコモン・プロジェクトのスニーカー。 左から2番目のデニムスカートとブラウス、右から2番目のオーバーオール・ジャンプスーツは全てウラ・ジョンソンの作品。 右はデニム・ロンパーにツイードジャケットを着用し、パンプスをコーディネートしてスタイリッシュに着こなした例。



写真上はドレスアップ・オケージョン。 左はドレスのシルエットの美しさもさることながら、ヘア&メーク、シューズがそのドレスに絶妙にマッチしたスタイル。
左から2番目はライフ+ソリダリティ・ガラで着用したラメのストラップレス・ドレス。 右から2番目はトライベッカ・フィルムフェスティバル期間中に行われた シャネルのイベントで着用した全身シャネルのスタイルで、シューズのみイザベル・マラン。 一番右は今年4月にハドソン・ヤーズ内にオープンしたニーマン・マーカスのイベントに出席した際のスタイルで、 ゼイネップ・アーケイのエナメルスカート、ドロシー・シューマッカーのシャツ、ジミーチューのシューズにグッチのバッグ。



写真上は一番左がウラ・ジョンソンのプリントドレス、そのお隣と一番右はジマーマンのアウトフィット。 右から2番目は2019年のアメリカン・バレエシアターのガラでのスナップで レースのブーツはドルチェ&ガッバーナ。




写真上はケイティとスリのスマートカジュアル&ドレスルック。写真左でケイティが着用しているトップは、 ニューヨークの新進デザイナー、オセウンド・アイリスの550ドルのもの。 右は共にフェミニンなドット・プリントでコーディネートした親子ルック。ケイティのドレスはウラ・ジョンソン。



写真上はスリ・クルーズのスタイル。小さい頃からガーリーなドレスを好んできた彼女ですが、 今もその好みは健在。ブランド物とノンブランドがミックスしたワードローブになっています。



写真上はフォーマル・オケージョンのドレッシング。左は2019年のメットガラに登場した際の、 ザック・ポーゼンのイヴニング・ガウン。
右側は2018年にスリと一緒にアメリカン・バレエのスプリング・ガラに出席した際のスナップ。 マザー&ドーター・フォーマルのパーフェクト・エグザンプルと言われたのがこの時の2人。 この時のケイティのドレスもザック・ポーゼン。


★ Q&ADV 書籍出版のお知らせ ★



アマゾン・ドットコムからのご注文
楽天ブックスからのご注文



Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, フェローチェ&701ウェスト

当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2018.

PAGE TOP