Katie Holmes' New & Trend Setting Style

引き続きファッション業界がフォローするケイティ・ホルムズの
エフォートレス・トレンディング・スタイル

Published on 1/31/2020


2019年8月にケイティ・ホルムズが着用して、ソーシャル・メディアでヴァイラルになったのが、 ニューヨークの知る人ぞ知る新進ブランド、Khaite / ケイトの 1500ドルのカシミア・カーディガンと そのマッチング・カシミアブラ(520ドル)。 それがきっかけになって一躍彼女のスタイルをフォローするファッション・ブロガーやエディターが増え始めましたが、 スタイリストによれば、2019年夏のジェイミー・フォックスとの別れ以来、 ケイティのファッション・テイストが変化したとのことで、 ファッション・メディアが ケイティの ”ポスト・ブレークアップ・ファッション” をこぞって取り上げるようになったのが過去6カ月。
ケイティはイベントの際にはドレスアップしながらも、オーバードレスアップになることが無く、 ジーンズにヒールを合わせたカジュアル・シック、 ノーメークでヘアをナチュラルにまとめただけの日に着用するドレスダウン・ルックなど、 リアルなワードローブをリアルなライフスタイルの中で着こなしているという点で、 一般女性にとっては非常にファッションのアイデアが得やすいスタイル・アイコン。
ここではその以前のケイティ・ホルムズのスタイル特集に続く、 第二弾として秋冬ワードローブをご紹介します。




写真上はいずれもケイティがお得意とするブレザー+カジュアル・パンツ or ジーンズのコーディネート。 スリム・ジーンズは足元がフラットでも、パンプスでも足首上丈が最もスタイルが良く見えるレングス。 それとは別にケイティのスタイルでは常にバッグがアクセサリーの要になっています。



写真上左はシャネルのイベントでのスナップで、シャネル・ジャケットにシャネルのジーンズ、シャネルのバッグというスタイル。
中央はエナメルパンツにブラトップ、足元がレオパード・パンプス、それにマスタード・カラーのテーラードジャケットを コーディネートしてエッジーになり過ぎないようバランスをとったスタイル。
右側は ケイトがカシミア・ブラを完売させた Khaite / ケイトのスウェード・フリンジ・ジャケットを主役にした カジュアルでシックなコーディネート。



写真上左はリーバイスの501ジーンズにタンクトップとモヘア・セーターのレイヤーをコーディネートしたスタイル。 中央はジーンズ+カーディガン・ホワイトスニーカーというカジュアル・スタイルをタキシード・ブレザーと
フィリップ・リムのクロスボディ・バッグでグレードアップした着こなし。
右はジーンズにタートルネック、レオパード・ローファーというカジュアル・ルックにトレンチコートを合わせたパリジェンヌのような 着こなし。ここでもバッグが大切なアクセント。





写真上左はTシャツとスウェットのレイヤー、コーデュロイのジーンズという超ベーシックなスタイルに、 レオパードのクロスボディ・バッグが有効なアクセントになった着こなし。
中央で着用するシャツブラウスはまたしても Khaite / ケイトのもので、その内側にタートルネック、 ボトムにリップト・ジーンズをコーディネート。
娘、スリを連れて旅行に出る際のスナップ。 ごくごく当たり前のスタイルでありながら、ニットの襟元からのぞかせたコイン・ネックレス、 サングラス、スリムに見える短めのダウン・ジャケットなど、ちょっとしたポイントがセレブの垢抜けたイメージを演出しています。




写真上左は全てブラックの膝下丈のテーラード・コートの着こなしスナップ。 全てジーンズ+スニーカーを含むフラット・シューズのコーディネートですが、バッグの存在感が 異なる印象を演出しています。



写真上左、中央はこの秋冬シーズン、メガ・ブレークしているマックス・マーラーのテディ・ベア・コートを着用したケイティ。 写真写りで色が違って見えるのではなくケイティはこのコートを2枚所有しています。
右はライラック色のコート、ピンクのマフラーの足元に、バッグのカラーとマッチしたソレルのスノーブーツを合わせたコーディネート。



写真上左は2段上で紹介したコートにメンズ仕立てのローファーを合わせたコーディネート。
中央はカシミアニット+レザー・キュロットというシンプルなスタイルにKhaite / ケイトのゼブラ・ブーツを 合わせたスタイル。
右はポケットのの部分にフェザーをあしらったタキシード・コートにサテンのパンツ、クロコダイルのバッグをコーディネートした レッドカーペット・ファッション。



写真上左のブルーのパンツスーツはガブリエラ・ハーストの作品。
中央はオフショルダーのトップ+タキシードパンツのコーディネートで、リボン付きのシューズが絶妙のコーディネート。
右側はイベントでのスナップで、レース・トリムのシルバー・サテンのドレスに、Khaite / ケイトのゼブラ・ブーツを あえてミスマッチ・コーディネートしています。




写真上左はアメリカン・バレエ・シアターのガラでのスナップで、オレンジのコートとドレスのトーン・オン・トーンのスタイル。
中央はスキン・キャンサー・ファンデーションのイベントに出席した際のホワイトサテンのドレス。バッグが捻りの効いたアクセントになっています。 メークも完璧。
右はニューヨークのノードストローム・オープンの際のイベントのスナップで珍しくミニを着用。ドット・ストッキングで脚線美を強調しています。



写真上左はラヴェンダーのニットとブリック・カラーのプリーツ・スカート。ベージュのサンダルという微妙なカラー・コーディネートを 上手くやってのけた例。
中央はマーク・ジェイコブスのプリント・ドレスで、バッグはフィリップ・リム。
左はロサンジェルスのイベントでのスナップで、シューズはCUBE New York でも人気のロシーズのポイント。



写真上左はシンプルなフォルムのグレーのコートをジーンズ+ニットで着こなしたスタイル。
中央はフォルムが美しいチェックのロング・コートとジーンズのコーディネート。バッグが重要なアクセサリー。
右はケイティ・ホルムズのお気に入りのブラック・コートのインナーにプラムカラーのトップと 中央のコートと同じ素材のワイドレッグ・パンツを合わせたコーディネート。



写真上左はカシミアのニットにレザー・レギンス、ブーツを合わせたシンプルながらもシャープなコーディネート。
中央は、デニムシャツとジーンズに刺繍入りブレザーをコーディネートした若々しい着こなし。
右は、シンプルなニットに過去2シーズン、絶大な人気を誇るペーパーバッグ・ウエストパンツをコーディネート。


★ Q&ADV 書籍出版のお知らせ ★



アマゾン・ドットコムからのご注文
楽天ブックスからのご注文



Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

フェイバリット・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子 キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, ヴェロニカ@フォトグラフィスカ

当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2018.

PAGE TOP