Celeb's Street Style With or Without Masks in COVID-19 Era

まだまだ続くパンデミック中の セレブ・ストリート・スタイル With & Without マスク
Published on 3/5/2021


2021年に入っても引き続きレッド・カーペット・イベントの多くがヴァーチャルになり、ストリートではセレブリティがマスクをしたファッションでスナップされる状態。 でも昨今ではパパラッツィにシャッターチャンスを与えるためにマスクを外すセレブも出てきており、ファッションも季節柄コート・ルックが多いとは言え、 パンデミック直後よりもずっとファッション性が出てきたのが昨今。この冬は久々にファーを着用する傾向が一部のセレブの間でカムバックしつつありますが、 ヴィンテージのリサイクルを謳っているケースも多く、メディアは特にタブー視していないのが実情。 以下では、そんなセレブのストリートファッションのスナップをご紹介しています。
写真上は左よりNYでスナップされたティモシー・シャラメ、中央はヴァケーション中のセント・バーツでスナップされたモデルのイザベル・グラール、 そして右は友人の結婚式でカップルデビューをしたオリヴィア・ワイルドとハリー・スタイル。




写真上 左よりアスペンでスナップされたスタイリストのレイチェル・ゾー、左から2番目はヴァレンティノのバックをクロスボディにして、スカーフをマスク代わりにしたアンジェリーナ・ジョリー、 中央はテイラー・スウィフトの親友の1人としても知られるモデルのマーサ・ハント、右から2番目はケイティ・ホルムズ、右は女優のダコタ・ジョンソン。



写真上は 全てテディ・ベア素材のコートの着用例。
写真左と、左から2番目は共にニッキー・ヒルトン、左で着用しているコートはマックス・マーラー。中央と右から2番目はルーシー・ヘール。 共にニューイヤーイブの特番のホストを務めた際のスナップ。赤いコートはマックス・マーラーのもの。一番右はグッチのパジャマ・スーツの上にテディベア・コートを羽織ったジェニファー・ロペス。



写真上、左からヘイリー・ビーバー、左から 2番目はイリーナ・シャイク、中央はニッキー・ヒルトンでマスクとダウンパーカーをレオパードでコーディネート。 右から2番目は愛犬散歩中にスナップされたハムケ・ヤンセン。一番右は常に独特のマニッシュ・ファッションで装うダイアン・キートン。



写真上、左と左から2番目は共にグウェン・ステファニ。中央から右の3枚は全てNYでスナップされたデュア・リパ。 中央のモンクレーの花柄ダウンとレギンスは、同じ柄の別スタイルをセリーヌ・ディオンが着用していたもの。



写真上、一番左はネットフリックスの「エミリー・イン・パリス」で注目を浴びたリリー・コリンズ、左から2番目は2020年にティモシー・シャラメとの短いロマンスが伝えられたエイザ・ゴンザレス。 中央はオール・ブラウンで統一したジェシカ・アルバ、右から2番目も同じくショッピング中のジェシカ・アルバ、一番右はジョーダナ・ブリュースター。




写真上、左は妊娠中のお腹をシープスキンのコートで隠したエルサ・ホスク・ホスク、左から2番目はクリシー・ティーガン。中央はヘッドバンドまでブラウンで統一した キム・カダーシアン、右から2番目はセリーナ・ゴメス、一番右はNYでスナップされたニッキー・ヒルトン。



写真上は 全てジェニファーロペスのスウェット・ファッション。 いずれも足元はスニーカー、ヘアをメッシーバンにして、バッグはヴァレンティノかバーキンというスタイル。



写真上は 左からケイティ・ホルムズ、カイア・ガーバー、エイザ・ゴンザレス、ダンサー兼女優のジュリアン・ホフ、一番右がグウィネス・パルトロー。 比較的暖かい日の軽装ファッションで、カイアを除いては全員がカジュアル・スタイルにブランドもののバッグを合わせています。



写真上は 左と中央がジョーダナ・ブリュースター、左から2番目はルーシー・ヘール、右から2番目と一番右はジェシカ・アルバ。 マスクを着用して顔のインパクトが弱いと 中央のジョーダナのようにカラーのシューズを履いている場合、それがかなりのインパクトになります。



写真上は 一番左がアスペンでスナップされたレイチェル・ゾー。アルパカのコートを着用。左から2番目はシープ・ライニングのGジャンに タイタニックのTシャツを合わせたエルサ・ホスク。中央はクリスティン・スチュワート、右の2枚は共にホリデイ休暇をアスペンで過ごした際の カイリー・ジェナーのスナップで、彼女もファーコートを着用。



写真上は 左はモデルのハイディ・クルムでアニメ・キャラクターがついたクロスボディはMGMのもの。左から2番目は空港でスナップされたイリーナ・シャイク。 中央はジムから出てきたところをスナップされたジェニファー・ロペスで、彼女が広告出演しているコーチのロゴを全体にあしらったクリスタルのカップを持参。 右から2番目はサラー・ミシェル・ギラーで、ブーツはハンター。一番左はヘイリー・ビーバー・ビーバー。


写真上は全てケンドール・ジェナーで、妹のカイリーを含むファミリーで年末のホリデイをアスペンで過ごした際のファッション。 一番右は厳寒のコロラドの空港にプライベート・ジェットで到着した際のスナップで、寒さにもめげないクロップトップ姿。 帽子のみが暖かそうなスタイル。




写真上は全てケイティ・ホルムズのファッション。彼女はパンデミック中に始めた趣味のアートに熱中していることから、 そのアート用具を入れる大きなキャンバス・バッグを持ち歩く毎日です。



写真上は全てプッシーキャット・ドールのメンバー、アシュレー・ロバーツのファッション。彼女が出入りするスタジオの前で待ち受けるパパラッツィのために、 常にファッショナブルなアウトフィットで、マスク無しで登場しています。



写真上は全てベラ・ハディドのファッション。カジュアルでありながらもジャン・ポール・ゴルティエ等のブランドものばかりを着用する彼女。 しかしニューヨーカーの間では彼女のファッション・センスは最悪!と言われて久しい状況です。



写真上は左と右から2番目がベラ・ハディド。左から2番目はベラと出産したばかりの姉、ジジのスナップ。一番右もジジが新生児の娘を連れて 散歩に出た際のスナップで、どちらのオケージョンでもビッグ・シルエットのコートを着用。



写真上は全てジェニファー・ロペスのファッション。写真左はファー・ベスト、右から2番目はファー・スカーフ、一番右ではフォックス・カラーのついたコートを着用。



写真上は全てティモシー・シャラメのNYでのスナップ。ファッショニスタで知られる彼とあって カジュアルなスタイルでありながら、何処かにセンスを感じさせるコーディネートになっています。


Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

Q & Adv, Yoko Akiyama, 秋山曜子, キャッチ・オブ・ザ・ウィーク, ニューヨーク, NY時事トレンド情報, Yoko Akiyama, 秋山曜子, 映画キャスト、意外な候補と実際に役を演じた俳優

★ Q&ADV 書籍出版のお知らせ ★



アマゾン・ドットコムからのご注文
楽天ブックスからのご注文


当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2021.

PAGE TOP