Oct Week 2, 2020
”Dehiya's Cleansing Revolution"
洗顔だけで肌と顔が変わる!1回の使用で効果実感のディハイヤ


私が過去2週間弱使い続けてすっかり惚れ込んでいるのがディハイヤのアリアという洗顔剤と、ミハッカというエクスフォリエーターを兼ねた洗顔ガジェット。
以前からこのコーナーで洗顔というものが実はあまり肌に良くないことをお伝えしてきたけれど、 それは洗浄のプロセスで肌本来が作り出した脂分、水分を除去してしまうためで、 その後肌の表面に一時的にしか留まらないアーティフィシャルな成分をスキンケアで補ったところで肌の乾燥、オイルの過剰分泌、エイジングは防げないというのがそのセオリー。 ところがアリアとミハッカは 私が初めて「洗顔がこんなに肌に良いなんて…」と実感した洗顔プロダクトで、 初めて使った直後に、肌がすべすべとかツルツルなだけでなく弾力があるキュルキュルな状態にしてくれた優れものなのだった。




ディハイヤはモロッコに伝統的に伝わるスキンケアのリチュアルを、オーガニックの原料と昔ながらの製法はそのままに、モダンなライフスタイルにフィットするプロダクトとして具現化したブランド。 動物実験を行わないヴィーガンプロダクトで、原料にはこだわりまくっているので、ケミカル、有害物質、ミネラル・オイル、香料など肌に刺激や悪影響、ストレスを与える成分は一切含んでいないのだった。
私が最初にディハイヤのプロダクトを試してみようと思ったのは写真上のミハッカに興味を持ったためで、これは1つ1つハンドメイドされたテラコッタの周囲を100%オーガニック・コットンのクロシェで覆った直径5.5㎝ほどのガジェット。 極めてマイルドで効果的な角質除去を行うと同時に、他の繊維やシリコンブラシには不可能な独特のマッサージ効果をもたらす結果、肌が徐々に引き締まり、 しっとりした瑞々しさをもたらしながら、肌のゆがみの改善、デトックスを行うという出来過ぎの効果を本当にもたらしてくれるもの。
見た目にもキュートであるけれど、ドライな状態で肌を軽く擦っただけでもその部分がすべすべしてくるので、 それだけでも優秀さが理解できるのだった。




そのミハッカと相乗効果を生み出すのがコールドプレスされたアルガン・オイルを用いた洗顔料、アリア。今時コールドプレスされたアルガン・オイルを用いたスキンケアは沢山あるけれど、 アリアに用いられていのは1998年にユネスコによって生物圏保護区と宣言されたモロッコのアルガン・フォレストから 特別に調達されているもので、現地のアマジグ女性協同組合によって手作業で抽出された100%オーガニックで高いスタンダードで生産されているもの。
アリアはフィラー(テクスチャーを緩くするための混ぜ物、通常はケミカル)を使用していないので、硬いジェルのような不思議な洗顔料で、 角質除去を含むディープクレンジングだけでなく、保湿、栄養補給、デトックスを行うユニークなプロダクト。 定期的に使用すると 肌の色調を整え、鬱血を緩和し、小じわの改善と防止に貢献するだけでなく、 色素沈着を大きく緩和。さらには細胞のターンオーバーを促進し、 コラーゲン生成を促す結果、肌を引き締め、ハリや弾力を向上させる効果をもたらすもの。
私は使用3日目にしてほうれい線が浅くなったのを実感していて、肌の歪みを改善してくれる効果を感じているけれど、 これはミハッカとの併用によって実現していることも同時に感じているのだった。




ディハイヤの唯一の問題点は、ハンドメイドのプロダクトが多いので品切れになると入荷まで2週間前後待たなければならないこと。
そのため私が未だトライが出来ていないのが写真上のモロッカン・グアシャ。 アリアとミハッカを使った洗顔の後の理想的プロセスが、ザーラというオイル・ベースのセラムをアプライして、1日3~5分程度のグアシャ・マッサージを行うこと。 乾燥肌でない人ならば、それでスキンケア終了でもOKというのがディハイヤのシンプルなプロセス。
ディハイヤでは数種類のグアシャを販売しているけれど、中でも人気なのが写真上左のウォーリアー・ストーンとディハイヤのコラボのグアシャと、 写真上右のレインボー・フルーライト・グアシャ。 特にレインボー・フルーライト・グアシャは発売再開と共にすぐに完売してしまうので、なかなか手に入らないプロダクト。
グアシャは何を使っても同じという人も居るけれど、スペシャリストによれば決してそのようなことはないようで、 シェイプがユニークなディハイアの製品をオイル・セラムと共に是非試してみたいと思っているのだった。
ディハイヤのプロダクトはこちらをクリックしてご覧ください。 

執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。 Eコマース、ウェブサイト運営と共に、個人と企業に対する カルチャー&イメージ・コンサルテーション、ビジネス・インキュベーションを行う。
Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

★ 書籍出版のお知らせ ★



当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2020.

PAGE TOP