Nov Week 3, 2020
”Viori Shampoo & Conditioner Soap"
髪を若々しく生き返らせるライスベースのシャンプー&コンディショナー・ソープ


私がストレスやエイジングで髪の毛が減ってきたという人に必ず薦めるのがシャンプーの使用を止めることと、髪の毛を洗う頻度を減らすこと。 私自身かつては毎朝シャンプーをしていたけれど、その習慣を改めたのはシャンプーとブロードライでどんどん髪の毛が抜けていくのに加えて、 シャンプーに含まれるガラスクリーナーや、ボートの洗浄剤に使われるような強力なケミカルが髪の毛や頭皮だけでなく、長年体内に蓄積されて身体に悪影響を及ぼすことを危惧してのこと。
私がシャンプーを使用しないNo Poo / ノープー派になって既に5年が経過するけれど、 その間試行錯誤を続けてきたのが、シャンプーの代わりに何で髪を洗うべきかということ。 アメリカで盛り上がったノープー・ムーブメントで使われていたのはベーキング・ソーダで、 これは私もトライしたものの、手間が掛かる割には髪の毛に好影響とは思えなかったもの。
ここ2年ほど私が最も好んで使っていたのはCBDソープで、それで洗った後に頭皮を避けてコンディショナーやヘアマスクを使うようになっていたのだった。




数週間前に私が偶然見つけたのがここにご紹介するヴィオリ・シャンプー&コンディショナー・ソープ。 お米のとぎ汁が髪の毛に良いことをリサーチしている最中に見つけたのが長く、美しいヘルシーな黒髪を維持している中国のレッドヤオ部族の女性達のストーリー。 その女性達のヘアケアのルーティーンを忠実にプロダクトにしたのがこのシャンプー&コンディショナー・ソープ。
レッドヤオ族は2000年以上もの間、壮大な龍寺棚田に囲まれた人里離れた山岳地帯に暮らしており、中国政府が観光改革プログラムを開始した2002年まで 全く知られていなかった存在。レッドヤオ族の女性たちは現地で収穫されるロンシェン・ライス(龍勝米)のとぎ汁で髪を洗い、何歳になっても白髪知らずの若々しい頭髪を保っているのだった。
そのヘアケアの秘密になっているロンシェン・ライスは日本米よりも炭水化物が少なく、代わりにプロテインとヴィタミン、ミネラルが豊富。 それに加えてレッドヤオ族の女性達が洗髪後の手入れに用いるライス・オイル、コルサ・プラント、バンブー等を配合し、 ナチュラルかつサステイナブル、一般女性のライフスタイルに馴染むようにリクリエイトされているのがこのソープなのだった。




上のビデオはソープのインストラクション・ビデオで、液体のシャンプーの方が簡単と思う人も居るかもしれないけれど、慣れてしまうと全く面倒でなくなるのがソープのシャンプー&コンディショナー。 シャンプー前に一度ブラッシングをして髪の絡まりが無い状態にするのはマストで、 ソープでは直接頭皮を擦らずに、手で泡立てから 指先だけで頭皮を洗浄した方が、シャンプ―の最中の抜け毛が防げるというのが私の経験から言えること。 コンディショナーの使用法も、一度水気を切ったヘアにシャンプーと同様に行うだけで、頭皮中心にシャンプーを、ヘア中心にコンディショナーを使用するのがポイント。
私はシャンプーをした直後とその後2~3日置きにドライ・シャンプーを使用。毎日のように水で流し、時々コンディショナーのみを使用していて、 そうすることによって季節を問わずシャンプーの頻度は7~8日に1回で十分なのだった。
ヴィオリ・シャンプー&コンディショナー・ソープを使用しているユーザーがまず実感するのが、髪の毛にコシとハリ、ツヤが出るということで、 さらに使い続けるうちに減ってくるのが髪の毛のうねり。 私自身もこれらを実感していると共に、髪の毛が扱い易くなるので、ブロー・ドライをしなくても乾いた状態のヘアを軽くアイロンで伸ばすだけのスタイリング。 したがって時間と手間は大幅に節約されているのだった。




写真上左がつい最近撮影した私の髪の毛で、数年前に脳天にあったつむじ兼分け目のような頭皮の露出をヘアパウダーのキュヴァで 隠す必要がなくなっているけれど、加えて私が春先から思い付きで始めたのがLED フェイス・トリートメント・マスクを頭皮に使うこと。
LED フェイス・トリートメント・マスクはライトのカラーによって3種類の異なるトリートメントが可能で、私が使っているのはアンチエイジング効果のあるレッドライト。 「顔の肌のエイジングに効くのならば、頭皮にも効くはず」と思って、ほぼ毎日 仕事中に写真上のように装着してトリートメントしているのだった。 赤いレーザーを使った育毛用の家庭用ガジェットは1000ドル近いお値段がするけれど、LEDとレーザーの違いはレーザーの方が遥かにパワフルでピンポイントで光が発せられるというもの。 なので少しずつでも頭皮のアンチエイジングと増毛効果が望めればと思って行っているけれど、 確実に言えるのは抜け毛が減っていること。 私はエクササイズの時には髪の毛をブレード(三つ編み)にしているけれど、私の髪の長さで三つ編みの太さが自分だけに分かるようなスピードで 太くなってきているのは、髪の毛が成長しているというより抜け毛が減っていると判断すべきこと。 そして抜け毛が減るというのは毛根が強くなっていることを意味するので、私自身はLED フェイス・トリートメント・マスクの頭皮への効果があるように思っているのだった。

最後に以前このコーナーでご紹介した磁気アイライナーで装着させるモキシー・ラッシュについて、「外国人モデルの写真ではなく、日本人がつけた場合にどうなるかが知りたい」という お客様からのお問合せをいただいたので、写真上右が私自身が愛用する”クラッシー・ラッシュ”を付けたフォト。 私は自分の睫毛にはマスカラを使用しないで、モキシー・ラッシュだけをつけているけれど、見た目の印象はエクステンションとほぼ同じ。 モキシー・ラッシュは私が朝から晩まで着けていても苦にならなかった唯一のフェイク・アイラッシュで、 途中で落ちそうになったことは一度もない安定力。 加えて丁寧に扱えば、何度でもアイラッシュが使えるのも魅力。 装着は至って簡単であるけれど、磁気パウダー入りのアイラインが乾くのを待つのに4~5分ほど掛かるので、その間に リップカラーをアプライする等、やる事を用意しておかないと 出掛ける前の慌ただしい時にその時間が無駄になってしまうのだった。
でもモキシー・ラッシュさえつければ、それだけできちんとメークをした印象になるので、 これをを使い始めてからの方が私のメーク時間は確実に短くなっているのだった。
ヴィオリ・シャンプー&コンディショナー・ソープについてはここをクリックしてご覧ください。

執筆者プロフィール
秋山曜子。 東京生まれ。 成蹊大学法学部卒業。丸の内のOL、バイヤー、マーケティング会社勤務を経て、渡米。以来、マンハッタン在住。 FIT在学後、マガジン・エディター、フリーランス・ライター&リサーチャーを務めた後、1996年にパートナーと共に ヴァーチャル・ショッピング・ネットワーク / CUBE New Yorkをスタート。 その後、2000年に独立し、CUBE New York Inc.を設立。以来、同社代表を務める。 Eコマース、ウェブサイト運営と共に、個人と企業に対する カルチャー&イメージ・コンサルテーション、ビジネス・インキュベーションを行う。
Shopping
home
jewelry beauty ヘルス Fショップ 購入代行

FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek FaviruteOfTheWeek

★ 書籍出版のお知らせ ★



当社に頂戴した商品のレビュー、コーナーへのご感想、Q&ADVへのご相談を含む 全てのEメールは、 匿名にて当社のコンテンツ(コラムや 当社が関わる雑誌記事等の出版物)として使用される場合がございます。 掲載をご希望でない場合は、メールにその旨ご記入をお願いいたします。 Q&ADVのご相談については掲載を前提に頂いたものと自動的に判断されます。 掲載されない形でのご相談はプライベート・セッションへのお申込みをお勧めいたします。 一度掲載されたコンテンツは、当社の編集作業を経た当社がコピーライトを所有するコンテンツと見なされますので、 その使用に関するクレームへの対応はご遠慮させて頂きます。
Copyright © Yoko Akiyama & Cube New York Inc. 2020.

PAGE TOP